大阪のインスタントラーメン発明記念館

大阪府池田市という、大阪府の北部――兵庫県と隣接するところにある人口10万人ほどの小さな街に、「インスタントラーメン発明記念館」という体験型の食育施設があります。

この施設、こんな小さな街の片隅にあるのに、どうしてこんなに人気があるんだろう?というような混雑ぶりであることも少なくなく、学校など団体のお客さまが観光に来ることもよくあるようです。

そんな人気の施設が、どうして池田市のような小さな街にあるのか。

それは、世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」を日清食品創業者の安藤百福さんが、大阪の池田市の自宅の裏庭に立てた小屋で開発したからだそうなんです。

池田市はインスタントラーメンの発祥の地なんですって!

そうして、1999年11月に「インスタントラーメン発明記念館」がオープンし、今では駅周辺でお土産として自分で作ることのできる「オリジナルカップヌードル」を持っている人を見かけない日がないくらいの人気の施設となっています。

この「インスタントラーメン発明記念館」、もうすぐ横浜にある「カップヌードルミュージアム」と統一され、2017年9月15日より「カップヌードルミュージアム大阪池田」と改称されることとなったそうです。

この施設、立地の関係もあり今では横浜の方が入場者数は多いようですが、大阪の池田の施設が一番最初にオープンしたんですよ!ということは主張しておきたいと思います。

施設情報


・場所:大阪府池田市満寿美町8-25
・最寄り駅:阪急電車宝塚線「池田駅」下車(阪急梅田駅より急行で約20分)徒歩約10分
・入館料:無料
・開館時間:9時30分~16時(入館は15時30分まで)
・休館日:火曜日(祝日の場合は翌日が休館)・年末年始。

※ただし、夏休みなどは火曜日も開館していることもあるので、事前にホームページで確認すると確実です。

1階のトイレ横に授乳室もあります。通路なども全体的に広くとられているので、ゴールデンウィークなどのよほど混雑するときでなければ、ベビーカーでの移動もしやすくなっています。

展示/アトラクションのオススメ

施設自体はそこまで広いわけでもなく、展示もまとめられているので、全部を見てまわってもそれほど時間はかかりません。ですので、よっぽど時間に余裕がないのでなければ、十分に全展示に目を通すことはできると思います。

しかし、もし時間がなかった場合、ぜひこれだけは…!と思うものをいくつがご紹介したいと思います。

インスタントラーメン・トンネル


建物に入り、展示ゾーンに入ってまず左側の壁の展示に圧倒されることと思います。こちら、「チキンラーメン」からこれまでのインスタントラーメンのラインナップが実際のパッケージを使い、壁いっぱいに年表として表されています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。