ひらパー!プール”ザ・ブーン”&新アトラクション”マジカルボルケーノ

2017年にリニューアルされたひらかたパークのプール「ザ・ブーン」。
V6の岡田君によるシュールなCMでも有名です。

・ザ・ブーン開催期間 7月初旬~9月初旬
・時間 10時~17時(16時までの日もあり)
・プール入場料 大人900円、こども(2歳~小学生)500円

※入場料とは別に、ひらかたパークへの入園料がかかりますので、プールに入るだけでも入園料+プール入場料で、大人2,300円、こども1,300円必須となります。

夏休み最後の思い出作りに、2017年にリニューアルされてきれいになったばかりのザ・ブーンへ行ってきました。7月にできたばかりの新アトラクション、マジカルボルケーノも体験してきたので、あわせてレポしてみたいと思います。

ひらパープールの混雑具合

ひらパープール「ザ・ブーン」は4つのエリアにわかれています。

巨大流水プールドンブラーや、奥になるほど深くなっていくなぎさプール、小学6年生まで限定のわんぱくキッズプール、丘の上にあるちょっと深めの水深120cm、大人向け展望プールの4種類です。

行くまでは「わんぱくプールに行ったあと、なぎさプールにいって、それから無料のスライダーをして…」と計画していました。でも、結局我が家は子供向けわんぱくプールだけ遊んで終わりでした。なぜなら、平日にもかかわらず、とても混雑していたから。

行った日は8月21日、月曜日です。まだ夏休みなのでひとはそこそこいるかなと思っていたのですが…予想以上のひとの多さにびっくり!

到着したのは11時ごろで、その時点でもかなり人は多かったのですが大混雑というほどではありませんでした。レジャーシートを広げることができましたし、更衣室も余裕をもって着替えることができました。

でも、その時点で木陰になっている部分はすでに満員状態、木陰を探してシートを…なんてやっていると、せっかく空いているスペースもすぐに埋まってしまいそうでしたから、炎天下でしたがとりあえず荷物を置ける場所を確保。

プールのほうは、最初はまだゆとりがあり、もぐったり泳ぐことができました。でも、12時前くらいからわらわらとひとが増えてきて、お昼過ぎはほぼどのプールもイモ洗い状態に。

キッズプールは子供だらけ、ちいさい子について入っている大人も多いので、ちょっと動くとだれかにぶつかるくらいの混み具合になっていました。もっとひどかったのが流水プール。遠目から見ていても、みんな身動きがとれず、ただただぶつからないように気をつけながら流れに身を任せているだけ、という感じでした。

平日でこんなに混んでいるのですから、土日はいったいどれだけ混雑していたのでしょうか?考えるだけでも「土日は絶対やめとこう、お盆なんてもってのほかだわ」という気になります。

ザ・ブーンには、プールのほかスライダーもあります。1回300円の有料スライダーが2つと、無料で滑ることができるスライダーが1つ、そして小学6年生以下の子供専用滑り台型のスライダーが1つ。

私たちがいたキッズプールから結構離れた場所にあったので、スライダーはちらっと見た程度なのですが…ぱっと見ただけで分かるほどに、長蛇の列でした。

滑るのを待っている間に身体が完全に乾いてしまいそう…というくらい、たくさんのひとが並んでいました。スライダー系は丘の上がスタート地点なのですが、丘の下のほうまで人が並んでいたので、待つとなると30分くらいはかかるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。