子育て主婦におすすめ在宅ワーク!クラウドソーシングを活用

子どもが小さくてなかなか外に働きに行けないという方、多いのではないでしょうか。

保育園にあずけて働きに行っても、すぐに「熱があるので、お迎えにきてください」など、呼び出されて帰らなければいけない、そんな仕事と育児の板挟みのストレスが怖くて、働きに行けないというひともいるでしょう。

筆者も子どもが小さいころは、働きに行きたい、お金を稼ぎたい、でもよく病気をする子だからなかなか思うようには働けない…と、家で悶々と過ごしていました。そんなとき見つけたのが、在宅でもできる仕事です。

自分のペースでできるクラウドソーシング

筆者が在宅ではじめた仕事、それはクラウドソーシングを使ったライティングのお仕事でした。

クラウドソーシングとは、簡単にいえば「働きたいひと(ワーカー)」と「働いてほしいひと(クライアント)」をつなぐインターネット上のサービスです。

私が利用したクラウドソーシングサイトは「クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)」というものでした。

クラウドワークスには、簡単なライティングのお仕事や、デザインのお仕事、ウェブ構築のお仕事や、キャッチコピーを考えるお仕事など、さまざまなお仕事があります。

ほとんどが在宅で、パソコンさえあればできる仕事です。経験不問、スキル不要の項目にはスキルや知識が必要なく、ブログを書くようなノリでできるライティングの仕事も多かったので、文章を書くのが好きな私は数百文字程度の簡単なライティング作業からはじめてみることにしました。

クラウドワークスは「仮払い」があるので安心

顔の見えないインターネット上の契約になるので、お仕事をしたら絶対お金が振り込まれるのかどうかが心配ですよね。お仕事を仕上げて納品したものの、クライアントがバックレてしまってお金がもらえなくなったら…そんな不安も最初はありました。

でもその不安はすぐに消えました。

クラウドワークスのシステムには、お仕事をはじめるにあたり「仮払い」というステップがあります。仮払いとは、クライアント側が一旦クラウドワークスにお金を預けて、お仕事が終われば、クラウドワークスに預けられていたお金がワーカー側に入ってくるというものです。

このシステムのおかげで、「お金がないから払えません」なんてことが起きませんし、実際私はいままで一度もお仕事料が未払いになったことがありません。

報酬は自分のタイミングで口座に移そう

クラウドワークス内で働いたお金は、都度口座に入ってくるわけではなく、クラウドワークス内の報酬欄に貯まっていきます。貯まったお金は、自分のタイミングで銀行口座に移すことができます。

報酬金額が一定額を超えると自動で口座に移す随時出金方式のほか、額に関わらず繰り越しして、自分のいいと思ったタイミングで口座に移すことができるキャリーオーバー方式など、選ぶことができます。

ちなみに口座に移すときは振込手数料が必要になります。楽天銀行への振込は100円、他行への振込は500円ですから、クラウドワークスで働くようになったら楽天銀行の口座を作っておくと、手数料が安く済みますよ。

私はなるべく振込手数料がかからないように数カ月報酬をためて、20万円くらいたまったら一気に口座に移すようにしています。

クラウドワークスで困ったこと

クラウドワークスでは、お仕事のやり取りは基本的にクラウドワークス内のメッセージ欄で行いますから、電話やメールなどでやり取りすることはほぼありません。

唯一私が困ったやり取りは「ニュアンスが伝えにくいので電話で話したいです」と言われたこと。そのころまだ子どもが小さく、泣いたりぐずったりする時期でしたし、子どものいるところで長時間電話に集中するのは難しかったのです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。