お野菜がたくさん摂れる簡単生春巻き!夏におすすめ

夏も終盤に近付いてきていますが、まだまだむせ返るような暑さで食欲が落ちますよね。

パワーをつけて乗り切るためにもスタミナ料理を食べるぞ!という方も多いかもしれません。
だからといってスタミナ料理をガッツリ食べたら太ってしまいます…。

アラサー世代は悲しいことに、お肉も脂肪もそう簡単には落ちなくなってきています。スタミナ料理も大切ですが、何よりも食事はバランスが大切。野菜もしっかり食べないと、体の調子が悪くなってしまいます。

そこで、私がよくする簡単に野菜がたくさん摂れるヘルシーな「生春巻き」をご紹介します。

「生春巻き」材料

生春巻きって、実は色んな食材と合うんです。さっぱり食べたい人はシンプルに生野菜と鶏のささみを茹でたものを巻いて食べたり、生野菜と茹で海老を巻いたり…。

生野菜も、色々な野菜が生春巻きに使えますが、基本的には生食でも美味しいキャベツや人参、きゅうり、大根等の千切り、食べやすくちぎったレタスが多いでしょうか。好きな方は今話題のパクチーなんかも入れると、風味も本格的なアジアンテイストを楽しむことが出来ます。

反対にガッツリ食べたい時は、味付けベーコンや甘辛い鶏もも肉を生野菜と一緒に巻いてみたり、クリームチーズを入れます。クリームチーズはコクがあり、パクチーの味がマイルドになります。

私はパクチーの独特な匂いが苦手だったのですが、クリームチーズとの相性が良くて、生春巻きにはパクチーが欠かせなくなりました。でもいくらパクチーがメジャーになってきたといえ、小さなスーパーでは目にすることが少ないので、どうしても必要な方は、大きなスーパーでの買い出しをおすすめします。

そんな私が最低限いつも用意している基本の食材をご紹介します。

こちらが基本の基本、という食材です。これではアレンジは全然出来ないのですが、これさえあればとりあえず後は気になる食材を加えて巻くだけです。

  • サラダミックス
  • ライスペーパー
  • クリームチーズ
  • スイートチリソース

サラダミックスは、既にカットされて袋詰めされているものが最近よく売っているので、1回楽しむ程度ならば1~2袋買うほうが、単品で買って使い切ることが出来ずに腐らせてしまうよりは効率が良いです。

野菜が高騰している時、こういう袋詰めされているカット野菜は1度に色々な野菜が手軽に食べられるのでかなり重宝します。この手のカット野菜、ほとんどの商品は水洗いをしなくても袋詰めの状態からすぐに盛りつけ可能ですが、私は1度水にさらした方が野菜がシャキっと蘇るので、ザルに移して洗い、よく水を切ります。

サラダスピナーとかあると便利ですね。
クリームチーズは個人的にはフィラデルフィアのクリームチーズが好きです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。