子供の登校&登園渋り|私はこうして乗り切りました!

子供の登校登園渋りで悩まれたこと、ありませんか?

もしくは今その真っ只中の方や、これからそうなるかもしれない…と漠然と不安を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

我が家の小学2年生の長男&幼稚園年中の長女、どちらもやらかしてくれました。

二人とも渋りの原因は全く違うのです。長男においては幼稚園も小学校も両方だったので、長男長女の入学入園が重なった年は本当に記憶がないくらい滅入ってしまいました。

そんな2人ですが、今はほとんど毎日笑顔で登校登園しています。

ここまでの道のり、長かったような短かったような、そしてこれからもまだまだ不安な状態ですが、一番大変だった頃の思い出をまとめる良い機会と思い、まずは長男の登校登園渋りのことについて、その原因や対処した時のことを書きたいと思います。

始まりは幼稚園の給食

長男は、とにかく赤ちゃんの時から身体も小さくて少食でした。離乳食も全然進まないし、体重もちょっとずつしか増えない。

初めての子供なので、どんな小さな事でも心配になっていました。過保護に育ててしまった長男ですが、とても人懐っこい子供で、入園したときは「お友達がつくるぞー!」とかなり喜び意気込んでいて、毎日楽しく通園していました。

一安心していたのですが、すぐに雲行きが怪しくなってきました。うちの幼稚園は、入園してしばらくは午前保育、三週目くらいからお母さんのお弁当が週に4回、2学期からはその4回のうち2回給食へ移行開始という状況でした。

とにかく変わった食材が食べられない長男。給食が始まった2学期、最初は頑張っていたのですが、それまでいい子ちゃんで通ってきた長男…

「嫌いなものを残すこと=悪い子と思われる」という公式が出来上がってしまいました。

園自体が無理に食べさせる方針ではないので、食べられなくても大丈夫とどれだけ言っても、所詮は親の言うこと、いい子ちゃんでいたい長男には、私が何を言っても響かなかったようです。

それからは先生にお神輿の様に担がれて教室に入ったり、泣いて喚いているのを剥がされて行ったり、時には幼稚園の門の直前で、突然回れ右をして走って逃げる…なんて事もよくありました。

そんな状況は年中の3学期直前まで続きました。下にまだ1歳の長女が居たので、抱っこひもで長女を抱っこしたまま長男をおんぶ…等という無茶ばかりしていたので、本当に当時の記憶は「かなり大変だったと思う」と答えるしかないほどブッ飛んでしまっています。

先生からのありがたいお言葉

そんな長男の姿を見ていた担任の先生が、「大丈夫!どんな○○君も、この幼稚園のみんな大好きだからね!」と根気強くおっしゃってくださった事を覚えています。

「泣いてる○○君、笑ってる○○君、怒ってる○○君、頑張ってる○○君、どの○○君も全部○○君だから全部受け止めるし、全部包み込みます!」というお言葉、長男なりに響いたようでそこから先生にぽつぽつとその時その時の気持ちを話す事が出来るようになったようです。

また、副園長先生からは、「お母さん、いつもいつも大変だね。でもね、必ず暗いトンネルの先には出口があるからね」と応援してもらったことが私にとっては一番大きな力になりました。

なりふり構わず泣き喚く長男を追いかけ、引っ張り連れていく自分は、酷いお母さんなんじゃないかと思っていた私には、トンネルの先なんて見えていなかったのですから。先にトンネルの出口を見つけて楽しそうに帰っていくお母さん達が遠い存在に思えましたが、長男の歩幅に合わせて二人三脚で行こうと思えた言葉でした。

出口が見えたのは、長男が諦め始めたから

酷い状況が続いてしばらく経ってから、少し落ち着き始めた時期がありました。それは、長男が大嫌いな給食の時間に、担任の先生に「これだけは頑張って食べるけど、これ以上はできない」とか、給食の時間が終わっても、「後5分頑張って食べる」と、自分の出来る限界や目標を設定し始めてからでした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。