西宮のゆるキャラ「みやたん」に会う!

みなさん、一時期ブームにもなったゆるキャラってご存知ですか?

そもそも船橋市の非公認キャラの「ふなっしー」が火付け役かと思いますが、西宮にもゆるキャラがいるんです。ゆるキャラと言えばご当地ものをイメージして、ちょっと路線がおかしくなってキモかわいいキャラとかもいるんですが、西宮のゆるキャラがはすごく可愛くて我が家の子供達も大好き!

しかもよく色々なイベントの出没するのです。
今回はそんな西宮のゆるキャラについて書きたいと思います。

西宮のゆるキャラ「みやたん」どうやって誕生したのか?

「みやたん」が誕生したのは2011年10月1日。「みやたん」の生みの親は西宮在住のキャラクターデザイナー兼イラストレーターの「たかいよしかず」さんです。

西宮と言えば上質なお酒を作るのに欠かせない水が有名です。そんな水たちに誘われように西宮に舞い降りた「水色の妖精」がみやたんです。

みやたんは西宮の街を巡るのが大好きで、西宮に眠る宝物を見つけて守ってほしいという不思議なメッセージと共に王冠を受け取り、そのメッセージに導かれ西宮のさまざまな場所を旅しているそうです。なので、西宮のさまざまなイベントにみやたんは出現します。

そんなみやたんのスケジュールは、みやたんの公式ホームページで確認することも出来ます。

我が子と「みやたん」の出会い

長男の誕生は2009年。2011年に西宮に引っ越してきたので、ちょうど「みやたん」の誕生と同時です。「みやたん」の存在もあまり知らないいまま下の子が2012年に誕生。そこから少しずつ西宮のイベントに参加するようになり、「みやたん」の存在を身近に感じるようになりました。

「みやたん」と間近で写真が撮れたのは、娘が2歳の頃が最初です。


「みやたん」はその可愛いルックスから西宮の人気者。近づくとなると他のお子さんがいてなかなか近づきにくいのです。ましてやまだまだ小さな1歳から2歳くらいは、押しつぶされたら可哀想なので遠慮していましたが、なんとこの時「みやたん」はフリー状態。阪急西宮北口の宝塚線のホームのグッズ販売店でお店の方と戯れていました。

ここでは西宮の水をつかった飲料や、みやたんグッズが置いてあったと思います。休日だったのもあり、「みやたん」、遊びに来てたんですね!人見知りが激しかった娘ですが、この可愛いルックスの「みやたん」にメロメロ。すぐに仲良くなって大好きになりました。

みやたんの胸のモチーフはいくつかパターンがあります

「みやたん」の胸のモチーフ、上の画像はなんじゃこりゃ?ですが、実はこのモチーフは西宮の「甲山」をイメージしています。甲山と言えば登山者も多く訪れる西宮のシンボル。自然の授業が行われたり、公園があったり、川が流れていたり、我が家も世話になっていますが、自然豊かな山です。

後、私が見たことがあるのは桜です。毎年夙川の桜は圧巻です。数年前まで出店があったのですが、ゴミの問題や、出店のテントを張ることで桜の木の根元を痛めるなどという理由でなくなってしまいました。しかし、それでも桜を見に来る人は毎年たくさんいらっしゃいます。

その他にも甲子園球場にちなんだ野球ボールをモチーフにしたものを胸から下げていたり、宮水を使ったお酒のモチーフ等、西宮って意外とたくさんの名所や名産があるのだなと実感させられます。子供達も「みやたん」に遭遇した時に、どんなモチーフを首から下げているのか知りたがりますし、毎回違うとなれば全部網羅したくなりますよね。

みやたんの出現場所

大人気の「みやたん」、いろいろな場所に出現してくれます。

盆踊り大会

大体事前に告知があったりするのですが、夏休ですと各小学校や公園等で開かれる「盆踊り」に出現します。「みやたん音頭」というものが存在するので、各小学校で出現時間は未定ですが披露してくれます。歌も踊りも覚えやすいので、子供達は帰宅してもしばらく「みやたん音頭」の歌を歌っています。

暗闇でたくさんの介助をうけながら舞台の階段から降りる「みやたん」。このあとも写真撮影で子供たちに取り囲まれます。

ガーデンズ「SNOW GARDEN」

西宮ガーデンズ4階のスカイガーデンで行われる、人工雪を用いたイベントです。この日は噴水を停止して、長靴姿の子供たちがスコップやバケツを片手に雪遊びを楽しみます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。