流しそうめんパーティー|いつものそうめんがご馳走に!

先日夏休みに入った幼稚園。小学校もそれを追いかけるように夏休み突入!という訳で、これから毎日お昼御飯が必要になりますよね。夏休みのお昼御飯といえば「そうめん」が定番です。

普段なら「今日のお昼はそうめんだよ」なんて聞くと、「また~?」なんて声が聞こえてきそうですが、「流しそうめんしよっかー!」なんて聞くと子供はすごく喜びます。しかもそれがお友達と合同で…なんてことになったらこれはもう立派なパーティー以外のなにものでもありません。

そして何でもないそうめんも、持ち寄りで流しそうめんに合う薬味等を持参するとご馳走そうめんに早替わり!そんないつもの「そうめん」が、「ご馳走流しそうめんパーティー」となったイベントについて書いていきたいと思います。

「流しそうめんパーティー」をすることになったきっかけ

夏休み前に遊んでいた数人のお友達と、「ついに夏休みだねー、昼御飯が一番面倒くさいねー。」という話をしていました。数日後にまた遊ぶ約束をしていた私たちは、外遊びは暑いから、集会所でも借りよう!ということになり、友人のマンションの集会所をお借りしました。

ちょうどお昼ごろから集会所の予約が取れたので、せっかくだからお昼御飯も一緒に…ということになりました。いつもなら各々コンビニで買ったり、お弁当を持参したりするのですが、せっかくの夏休み、「夏と行ったらそうめんでしょ!そうめんなら流しそうめんの機械が家にあるからしようよ!」と、トントン拍子に話が進みました。

流しそうめんパーティー計画開始

流しそうめんパーティーという主旨は決まったものの、みんな家庭の外に機械を持ち出すなんて初めてのこと。参加人数が増えてきたこともあり、各自何を持参してしてもらう?等など、試行錯誤した結果、まとめると次のようになりました。

【各自持参するもの】
※必要分の茹でたそうめん
※そうめんつゆ
※箸、お椀
※薬味(個人的におすすめのもの、試してみたいもの何でもOK
※足りない時用におにぎり

当日の参加人数がかなり多かったにも関わらず、流しそうめんの機械が2台しかなかったので、少し心配になりましたが、どうなったかは次の章で…

流しそうめんパーティー当日

いよいよ当日。参加人数は子供だけで20人以上…どうするどうする…流しそうめんの機械2台だよ…

そんな私たち大人の不安なんてお構いなしに、子供たちはただただ会えたというだけで大盛り上り!集会所は二つの部屋に区切られており、1つはキッチン付きの部屋で、会議も出来そうな長椅子や椅子も用意してあり、もう一つの部屋は完全に子供達のプレイルームのような感じ。

早く食べたい子供、食べるより遊びたい!という子供、とりあえずがちゃがちゃしていましたが、先に年齢の小さい子供を食べさせようということになり、一つの機械に6人程が群がりました。

食べる量や食べる速度が子供達はバラバラなので、お腹がいっぱいになったら次に待っている子、子供の最後は小学生組で締めくくりました。後は大人がそれぞれ持参した薬味等をみんなに試してもらったり、シェアしたり…そうめんつゆもノーマルのストレートだったりごまだれだったり、半々で試してみたり…大人は大人で楽しみました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。