夏休み終盤は、子供を誘って図書館へ行こう!

長い夏休みが突入したと思えば、気が付けば終盤に近付いてきました。
小学校低学年の子供さんがいらっしゃる皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

行くとこがない?
どこも混んでいるし、外は暑いし、家に引きこもってる?

宿題が終わるまで家から出さない?
ゲームばかり…

それぞれの夏休みをお過ごしかと思います。我が家も小学2年生のやんちゃ盛りの男の子と、年中さんで一応兄より話が通じる女の子がいます。家にいると目があっただけで大喧嘩の二人。毎日喧嘩の仲裁ばかりでげんなりです。

さて、夏休みといえば小学生は「宿題」に頭を抱えますよね…。算数や国語の漢字、自由研究や読書…たくさんある中で、算数や国語など、ドリルや問題集が配布されていれば比較的早めに終えることが出来るのですが、問題は読書や自由研究…。

しかも日頃何に興味があるか、と問われれば、もう2年生くらいになると「ゲーム!」とか「ポケモン!」とか…。好きなものがあるって素敵な事なんですが、それって宿題に繋がるかといえば必ずしもそうではないですよね。

例えば「電車が好き」とか、「虫が好き」とか、それなら自由研究にも、夏休みの作品にもなりますが、年々興味はゲームへ…なんてご家庭、多いと思います。

「うちの子、ゲーム以外に興味ないの…」
「うちの子、虫は好きなんだけど、捕まえるだけで別にそれ以上は興味ないの…」
「毎日暇だ暇だってうるさいの…宿題はしないしどうしようかしら」

と、子供さんへのイライラや不安、夏休みって絶対ありますよね。
私も毎日抜け殻のように過ごしています。

でも、ちょっと待ってください!力強い味方となってくれる場所があります!それは「図書館」です。入館無料ですし、空調はばっちり!その他、色々な使い道があります。

今回、小学2年生の息子が、「今年は本を30冊読む!」と学校のしおりに書いてきたので、1年ぶりに図書館へ。その時に気づいた事や、普段何気なく過ごしている中で見過ごしてきた図書館の魅力について書いていこうと思います。

図書館の利用者が多いことにビックリ

図書館って、静かにしていなくてはいけないから子供連れの利用者って少ないのでは…と思われがちですが、子供さんもたくさんいますし、もう仕事を引退された60代以上の利用者も多く見受けられました。

退職して急に暇になると、家にいることに飽きてしまい、また妻にも少しは外に出たほうが良いと促され外に出たのはいいものの、行き場がない。読書は嫌いじゃないし、趣味をみつけるにいいきっかけづくりになるかも…という形で図書館へ足を運ばれる方も多いのでは。と、今年退職した父を見ていると感じます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。