静岡市の市営プールは基本無料|「田町公園プール」の魅力!

雨続きの憂鬱な時期から梅雨明けの宣言がされ、暑い日が続くようになってきました。
連日30℃を超える真夏日となり、プールが恋しい季節の到来です。

静岡市では、夏休み直前から市営プールが解放されます。日本一子育てのしやすい街という静岡市、市営プールはなんと基本的に無料なんです! 市営プールが無料とか、他県で安いとはいえお金を払って利用していた身としては、ありがたくて仕方がない!

そんな市営プール、大小合わせて市内に何箇所かあり、スライダーがあるところも!(ただし、スライダーを利用するのには料金が発生するところも)

プールが解放されて早々に暑い日が続いていたので、さっそく近場の市営プールに行ってみました。今回はいくつかある市営プールの中から、「田町公園プール」をご紹介したいと思います。

「田町公園プール」の概要


・場所:静岡市葵区田町三丁目46-5
・期間:平成29年7月15日~平成29年8月31日
・時間:10時~17時(ただし、12時~13時は休憩時間)
・利用料金:無料

駐車場はありません。遠くなければ徒歩・自転車で、遠ければ公共交通機関を利用しなければなりません。最寄りのバス停はしずてつジャストラインバス「田町四丁目」。JR静岡駅前から西部循環線(8番のりば)で約20分、運賃大人190円/小人100円(平成29年7月現在)、そこから徒歩約3分の「田町公園」に併設されています。

「西部生涯学習センター」が隣接していますので、その建物を目印にすればわかりやすいかと思います。

幼児プールと20mプールがあり、利用するにはオムツ、トレーニングパンツが完全にとれていることが条件となります。小学校就学前の子どもの利用は、保護者同伴でなければなりません。

施設の中はこんな感じ

2012年にリニューアルしたそうで、こじんまりとしていますが、無料で利用できる市営プールとしてはとてもきれいな施設だと思います。

入口で靴を脱いで靴箱に入れ(扉などのついていない、オープンな棚タイプの靴箱)、入ってすぐ右手側にプールサイドへの入り口が、正面には簡素な男女の更衣室が左右に分かれてあります。更衣室もこじんまりとしており、洗面台と鍵付きロッカー、カーテンで仕切るタイプの個室の着替えるスペースが4箇所あるのみ。シャワーやトイレなどはついていません。

鍵付きロッカーは100円玉を入れて鍵を閉めますが、最後に100円玉が戻ってくるタイプの無料のロッカーです。利用料はかかりませんが、鍵を閉めるために100円玉を1枚用意しておかなければなりません。

プールサイドは飲食禁止のため、中に自動販売機もなく両替機もないので、事前に用意しておかなければ公園周辺の自動販売機まで小銭をくずしに行くはめになります。貴重品が入っていないんでしょうね、開いたところに荷物を突っ込んで、鍵が開けっ放しのロッカーもありましたが……。

トイレはプール施設の外側、公園と共同で使うようになっています。プールサイドから直接行けるようになってはいないので、いちいち靴を履いて外に出ていかなければならず少し面倒なので、プールを利用する前に先にトイレを利用しておいた方がよさそうです。

着替えてプールサイドの入り口すぐのところに、シャワーがあります。ひとりずつ使うようなタイプのシャワーではなく、数メートルの通路(?)の上にシャワーがたくさんついていて、シャワーの下を歩いて体を濡らすタイプのものです。横に監視員さんがついていて、シャワーの強さを調整してくれています。

4歳の娘は、最初はシャワーが強くてその通路を嫌がって通りたがらなかったのですが、監視員さんが少しシャワーを弱めて通りやすくしてくれました。

幼児プールで遊んできました

体を軽く濡らしたら、いざプールへ。右側に20mプール、左側に幼児プールがあります。水泳帽をかぶっている子もいましたが、特にかぶらなければならないわけではないようです。ビデオ撮影、写真撮影をしている親御さんもいて、そのあたりも特にきびしいわけではなさそうでした。

幼児プールは深さは50cmくらい。小さなスライダーがついており、これは特に利用に制限はないようでした。小さな子どもはもちろん、小学生くらいの子も利用していましたし、小さくて一人ですべるのを怖がる子はお父さんに抱えられてすべっていました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。