大磯のグルメランチ

「海水浴発祥の地」と言われる大磯界隈で以前働いていた私は、この町のだいたいのお店に行ったと言えます。お店の数はそんなに多くないのですが、その中から味、雰囲気、値段、中毒性、サービスなど総合的に考えて勝手にベスト15を選びました。

こじんまりした街の規模ながら、さすが別荘地だっただけのことはあります、侮れないレベルのお店が意外と多いのです。特にベスト10は、少なくともお勧めメニューは、絶対の自信をもっておすすめします。

うどん縣

東海大学付属病院のすぐそばにあります。ここは創作讃岐うどんのお店です。といいつつも、透き通ったいりこ出汁のうまみ、麺のこしは本物なのでご安心を。

一番のおすすめは、「あがたのうどんセットBいりこ」です。これは、摘果みかんのスライスが載ったかけうどんをそのまま食べたり、油で揚げて調理されたザクザクしたいりこの粉につけて食べたりを交互に楽しむメニューです。

これが絶品!Aとろろも試しましたが断然いりこがおすすめ。具は鶏肉が入っています。以前低温調理されたもので、その後とり天になったかと思います。これに、無添加ちくわ天をトッピングすると最高です。

いりこは少し残しておいてください。後から運ばれてくる一口ごはんで〆ます。
第二候補はこの豚の天ぷらのぶっかけです。スタミナとボリュームを求めているときはこちら。

いつも店内の黒板には、季節限定のメニューが書かれています。このとうもろこし天や玉ねぎ天にはいつも誘惑されていました。だって、こんな風に美しい佇まいなので!単品で頼むのもありです。

いりこごはんも捨てがたいです。うどんのセットで食べるいりこと、ごはんの上に載っているいりこは、なんだか趣が違って、両方食べてもかぶった感じがないのです。ただ、お腹に入るかどうかですね。このいりこは店頭で買える場合もあるので、家でごはんを食べてもいいかもしれません。

ちなみに単にかけうどんを頼んでも、摘果みかんが載っていないのでご注意を。この出汁にみかんの汁をしぼって飲むのが最高なんです。

こだわりの強い店主から、また非常に感じのよい奥様から、お店への、そしてこのお店が大好きなお客への愛が伝わってきます。老若男女に愛されているお店です。

松月

大磯駅を降りると目の前にロータリーが広がっています。その右手奥に旅館のような雰囲気の建物があります。これが実は伊藤博文の料理長が開いたという、明治時代から続く由緒正しき料亭なのです。

そんな敷居の高そうなところですが、昼は 3,000円台でミニ懐石を味わうことができます。ほどよい塩梅で、旬のものをいじりすぎずに手を加えていて、しみじみと美味しいです。ほっとしつつ、背筋が伸びるような絶妙な美味しさです。

メイン料理やお刺身はもちろんのこと、赤だしのお味噌汁、ごはん、漬物はもちろん、最後のあんみつまで手抜きのない、さすがミシュラン星付きだなというお店です。食べログの評価はちょっと低すぎて納得いきません!

お店のサービスは味同様、緊張しない程度に上品で、お昼時間を楽しめるかと思います。

鳥杉本

駅から国道一号線に向かって5分ほど歩いたところにあります。ここの鳥定食は鉄板。1,200円くらいだったかと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。