40歳でも出来る!ツヤ肌のつくり方

40歳の私は、よく顔がつやっつや、とか、つるんつるんだとよく褒められます。
昨年海外で、日本人から大学生と間違えられることも。さすがにそれは特別で、30代前半に見えると思いますが、肌は若見えに貢献したと言えます。

よくいう、肌が強いタイプではないので、トラブルもしばしば。肌の歴史とともに、どんなスキンケアをやってきたか書いてみました。10代の頃から数多くのスキンケアアイテムを試してみましたが、ここ数年愛用しているものを当分浮気せず使う予定でいます。自信をもって推薦します。

20代の頃のスキンケア法

もともと肌はチャームポイントであったので、他のコンプレックスを無くす努力と同じくらい、肌をより美しくしようと気にかけ、お金もかけていました。

20代の頃は、肌タイプで言えば、コンビネーション肌。Tゾーンがべたつき、それ以外はノーマルか多少乾燥するといったところで、あぶら取り紙が大好きでした。当時、切符を買うと、裏がマットな黒色で、そこに鼻のあぶらがどれだけつくか確認するのも好きで、人知れずこっそり試していました。

はじめてエステに行ったのは学生時代のタイで、社会人になってからは月に1度、フェイシャルエステや顔剃りエステなどに行くようになりました。

20代前半にSK-IIに手を出し、大きな効果を感じられずがっかりしました。これは本当に無駄な投資だったかと思います。若いうちはそんなにお金をかける必要はなかったのではないかなと思います。

27歳くらいの頃、いくら肌を磨いても、雑誌広告の女優やモデルのように、毛穴が無くならないとため息をついていました。無知の極みですね。あれがフォトショップによるものだなんて知りもしませんでした。

30歳近くになると、肌が大きく揺らぎはじめます。ストレスなのか、吹き出物がたくさん出るようになったので、プロアクティブを発注。かなり効果的で、吹き出物が収まり、新たに出なくなりました。

その一方、すごく乾燥するようになったので、慌てて他のスキンケアを始めることになりました。私の友人も乾燥したと言っていたので、プロアクティブ自体は正解ですが、止め時を見計らうことがとても大切なんじゃないかと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。