するるのうるおいる特徴と成分

寒い季節になるととくに身体に水分がたまりやすくなり、足がむくんできませんか?

「太ったかな」「ストッキングが上がりづらくなっちゃった」と思っている方、それってもしかして、むくんでいるだけかも。そんなむくみを取り、代謝をアップさせるために効果的なのが、するるのうるおいるです。

するるのうるおいるは、天然成分で作られたマッサージオイルバームです。すべすべのオイルなのでマッサージしやすく、むくみを取ってほっそりするだけでなく、肌全体をつるつるすべすべ、うるおいのある状態に導いてくれます。

するるのうるおいるは日本で作られており、成分の配合から充填、検品にいたるまで何度もチェックされており、安心して使えるオーガニックオイルです。ほんのり甘く、強すぎない香りで、リラックス効果も期待できます。

するるのうるおいるの成分

するるのうるおいるには、身体にとって余分なものを排出してくれるココナッツオイルや、身体を温める効果が期待できるアルガンオイル、バニリルブチルといった、厳選された成分が配合されています。

アルガンオイルやバニリルブチルには、冷えた身体を温めてくれる温感作用もあり、冷え症の方にもぴったりです。

このほか、ビタミンやミネラルを豊富に含んだセサミオイルや、ホボバオイル、古い角質を除去して、新しい肌に産まれ変わるのを助けるライスオイルなど、7種類の天然オイルが配合されています。

するるのうるおいるは、オイルでありながら、形状は固形で、肌にぬることで体温によって溶けてきますから、持ち運びも便利で、使いすぎたりこぼしてしまうことがありません。持続性もよいので、一度ぬるとしっとり感が続きます。

するるのうるおいるは、一日一回のケアで良いので、面倒臭いのは嫌いというひとにも向いているマッサージオイルバームです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。