コンシダーマルローションの特徴&人気の理由

30代半ばくらいから、だんだん肌がたるんできたり、くすみやそばかすなどが目立ち始めたと感じているひと、多いのではないでしょうか。20代までは新陳代謝もよく、肌は健康で若々しい状態を保っていますが、30代になると加齢の一途をたどるようになります。

なにもケアしないでいると、肌はハリを失い、どんどん垂れて、おばあちゃんのようになる一方。そうならないために必要なのが、エイジングケアなのです。

加齢とともに肌から失われるもの、それは水分です。水分が保たれていれば、ふっくら艶とハリのある若々しい肌を保つことができますが、水分がどんどん蒸発してかさかさのお肌になってしまうと、途端に肌は老化し、シワやたるみが目立ち始めます。

ぬけていく水分を補うために、おすすめの保湿美容成分たっぷりのローションがコンシダーマルローションです。

コンシダーマルローションは、エイジングケアのために作られたもので、プラセンタエキスやセラミド、ヒアルロン酸、スクワランなど、うるおいケア成分がたっぷり含まれています。

ノーベル賞を受賞しているEGFという、肌の根本へアプローチできる成分もふくまれており、肌の深いところからターンオーバーを促し、健康で若々しい肌をサポートすることができます。

コンシダーマルローションのモットーは「肌のポテンシャルを高める」ということ。本来肌が持っている力を取り戻させ、年齢に負けない美しく「そのひとらしい肌」に導いてくれるのです。

コンシダーマルローションが人気の理由

コンシダーマルローションは、見た目は化粧水なので「これのほかに乳液やクリームが必要なのでは?」と思いがち。でも、コンシダーマルローションはオールインワンなので、これひとつでOKなのです。

多くの女性から「手軽で簡単!」「ジェル状のオールインワンにくらべて、べたべたせずに済むから、使いやすい」と人気で、数多くの女性向け雑誌でも取り上げられるほど注目されています。

コンシダーマルローションが、ひとつでOKの理由は世界初の技術のおかげです。コンシダーマルローションには、潤いが深いところまで浸透して、それが持続するラメラテクノロジーというものが採用されています。

浸透力のいいローションはほかにも売られていますが、コンシダーマルローションは、浸透したあと「うるおいの膜」をつくることで、肌の表面から美容成分がぬけないように、蓋をすることができるのです。

この蓋のおかげで、肌のバリア機能も高まり、紫外線や菌などから、肌を守ることにもつながります。また、コンシダーマルローションには上皮成長因子と呼ばれる独自の成分が配合されており、肌のターンオーバーを助け、健康な肌をより早く表面に出す働きもサポートできます。これにより、美肌や美白効果も期待できるのです。

コンシダーマルローションは、美容成分が豊富なほか、低刺激で香料着色料などの添加物を一切使っていないという特徴もあります。パッチテストやアレルギーテストもクリアしており、肌が弱い方や、赤みがでやすい方でも、使うことができます。

これらの要因から、幅広い年齢層の女性から支持され、人気をあつめているのです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。