マシュファムの特徴と購入したキッカケ

マシュファムはキノコの発酵力を利用し、作られた美容液です。お米をキノコの力で発酵させ、そこから得られた「キノコ発酵エキス」や、保湿にかかせないプラセンタ、ビタミンCなどを配合した、エイジングケア用の商品です。

キノコでお米を発酵させると、肌が本来もっている保湿成分と似た成分がでてくるので、これを肌につけることで、失われがちな水分を補い、乾燥肌から状態のいい肌へと導く効果が期待できます。

年齢とともに失われがちな水分を補なってくれる美容液で、美白やシワ、たるみ改善などにも効果があるとされているため、30代~60代と幅広い年齢層に支持されています。

マシュファムの使い方

マシュファムは肌によい成分を補うための、美容液です。オールインワンではないので、まずはお手持ちの化粧水をぬったあと、マシュファムを使いましょう。朝は2プッシュ、夜は3プッシュが目安です。

ごしごしこすらず、やさしくぬりひろげて、手のひらで軽くパッティングして終わりです。マシュファムのあとは、乳液やオイルなどをぬる必要がありません。入浴や洗顔後10分以内に使うことで、より肌の奥までマシュファムの美容成分が浸透します。

マシュファムを使うキッカケ

最近テレビや雑誌で毎日のように目にするのが「善玉菌」「菌活」といった言葉です。

納豆やヨーグルトなど、発酵食品に含まれている菌がお腹によく、免疫力を高めて、腸内の善玉菌をふやしてくれると注目を集めています。身体に良い菌はないかな…と、ネットサーフをしていると、キノコ発酵エキス配合の、マシュファムという化粧品を見つけました。

「これってキノコが入ってるの?マッシュルームからできた化粧水??」と、ネーミングが気になって、じっくり公式サイトを見てみました。すると、マシュファムは、キノコが入っているわけではなく、キノコでお米を発酵させて、抽出した植物エキス「マシュファムSR」というものが配合しているということが分かりました。

マシュファムSRは、衰えがちな保水力をおぎなう働きがあるそうです。

ちょうどこれまで使ってきた化粧水がなくなったところで、新しいものを探していたので、保水力に期待してマシュファムを購入。使ってみました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。