エピレ茶屋町店の様子

筆者は大阪梅田にある茶屋町店に通っていました。

エピレ茶屋町店は、阪急電車乗り場からNu茶屋町方向へ歩き、Nu茶屋町手前の角をまがって右へ進み、新御堂筋の手前を左に曲がったところにあります。


KZ Chayamachi BLDという大きなガラス張りのビルの3階です。

中はそんなに広くありませんが、きれいで可愛い雰囲気。白とあわいピンクの、ガーリー系の装飾です。

受付のよこに待合があり、カウンセリングはここで行います。個室はカーテン間仕切りなので、ちょっと周りの音や光がもれてきますが、そんなに大きな声で話しているひとはいないのでほぼ気になりません。

ベッドはちょっと狭いので、うつぶせに変わる時などは注意が必要です。

ベッドはふわっとしていて寝心地がいいですが、枕がめちゃくちゃかたくて長時間寝ていると首がじんじん痛くなるので、遠慮なく「枕なしでいいです」「タオルの柔らかい枕に変えてください」と言ったほうがいいでしょう(筆者は言うタイミングを逃したせいで、首の感覚がなくなるほど痛くなってしまいました…)

狭いですがメイク直しスペースもあるので、すっぴんで行っても大丈夫。帰りにちゃんと座ってメイクができます。

大阪茶屋町店の施術はとても丁寧でした。

スタッフが二人がかりで施術してくれたので、足、腕、脇など複数部位施術しても小一時間ほどで終わりました。予定していた時間をオーバーして施術したことは一度もなく、たいてい予定していた時間の半分くらいで施術完了となっていました。

どのスタッフさんも丁寧で、てきぱき施術してくれるので、どなたにあたっても大丈夫という安心感のあるサロンです。

エピレはTBCグループのサロン

「エピレは聞いたことないけど、TBCなら知ってる」という方も多いのではないでしょうか。エピレは実は、TBCグループのサロン。それゆえ使っている脱毛マシンはTBCと同じですし、脱毛価格もTBCと同じなのです。

TBCはなんとなく敷居が高くて行きづらいという方は、エピレのほうがおすすめです。エピレはアットホームで庶民向けの雰囲気なので行きやすいのです。

筆者はTBCにも行ったことがありますが、TBCはエピレと比べて高級感が半端なくて「息がつまる…、ここは通いづらいな」と感じました。

エピレは全体的にピンクでかわいい雰囲気。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。