ブリアン「歯磨き粉」の特徴&定期購入をためらう理由

虫歯菌はあらゆる場面で侵入し、子供の歯を虫歯にしてしまう可能性があります。親と子供が箸やスプーンを共有したり、虫歯の大人が子供にキスをしたり、子供同士でも唾液を介して虫歯菌が移ってしまうこともあります。

虫歯菌が口に入り込むリスクは無限にあるので、虫歯を完全に予防しようと思うと日々の歯磨きでは足りないというのが実情なのです。

そこで、歯が持つ免疫そのものを高めるために開発されたのがブリアンです。ブリアンにはBLIS-M18菌と呼ばれる、「虫歯のない子供が、口のなかに多く保有している善玉菌」が含まれています。このBLIS-M18菌が、虫歯の元となる悪玉菌と戦い、やっつけることで、虫歯になりにくい歯をつくることができるのです。

市販されている歯磨き粉でも、悪玉菌をやっつけることはできます。ですから、市販されている歯磨き粉が、虫歯に効果がないというわけではありません。しかし、市販されている歯磨き粉の場合、悪い菌と同時に、歯にとって良い菌まで倒してしまうというデメリットがあります。

ブリアンを使えば、歯に良い善玉菌は増やし、悪影響をおよぼす悪玉菌は減らすことができるので、より口内環境を健康に保つことができるのです。

定期購入をためらう理由

子供はお気に入りのブリアンですが…、親としては続けるかどうか、正直微妙なところです。なぜそう感じたのか、理由は3つあります。

使い方が面倒

市販のチューブに入った歯磨き粉なら、歯ブラシに出せば終わりですが、ブリアンはお皿に出さなければいけません。夜、寝る前に歯を磨いたあと、お皿を洗うのは非常に面倒。手のひらに出してもいいそうですが、手のひらの雑菌が歯ブラシにつくかと思うと…ちょっとためらいます。

ちいさなお子さんの場合「私がお皿に出す!」と言って、ぶちまけて大惨事になりかねないのではとも心配になります。

磨いた気がしない

子供は唾液にまじって飲み込むことができるブリアンを気に入っていますが、親としてはどうしても「泡立たない=洗えていない」と感じてしまい、抵抗感があるのです。ふだん、洗濯やお皿洗いなどで泡立ち=汚れが落ちている、と感じている主婦の方ならなおさら、泡立たない=汚れが落ちていない、と感じてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

じゃりじゃり感やつぶつぶ感もないので、どうにも研磨されている感じもせず、歯と歯の間につまった汚れはちゃんと掻き出せているの?子供の歯って大人以上に隙間が多いし、食べ物もつまりやすいんだよ?と不安になります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。