夫婦の会話を増やす方法|結婚9年目の倦怠期を克服!

結婚9年目の私たち夫婦ですが、結婚1年目ちょっとで長男誕生、その3年後には長女が誕生。

恋愛結婚をした私たちですが、どうも夫婦の会話が減ってきたと感じてきたのは長女が産まれてからでしょうか。とにかく疲れて眠くて、だんだん夫婦の会話というものが激減し始めました。

そこで、夫婦の会話をしたい!と熱烈には思っていない私ですが、周囲の夫婦が仲睦まじい関係であったり、役割分担などがしっかり出来ていると感じたので、今回どうしたら自分たちもそんな関係になれるのか、「夫婦の会話」という観点から考えてみようと思います。

そもそも「夫婦の会話」がなくなった原因

夫婦の会話」と言っても、みなさんは特にどの様なお話をされるのでしょうか。私の周りでは、「今日の出来事」「子供の学校などでのこと」「仕事のこと」「色々な趣味の話」が多いようです。女同士だと盛り上がりそうな会話、何故こんなに夫婦だと会話が続かないのでしょうか。原因を考えてみました。

時間が合わない

私は子供に合わせた生活リズムなので、6時すぎに夕飯→お風呂→家事→寝かしつけ→家事。という順番で22時には大体のことがひと段落します。主人はそれ以降の22時半から23時の帰宅なので、会話をしようと思えば出来るのですが、仕事で疲れているのか、興味がないのか、ちょっとした話も全然聞いていません。

今日一日のニュースを携帯で見て、食事をし、すぐに一服から入浴、そして0時には就寝してしまいます。その間私も残りの仕事や明日の準備もあり、気づけば主人が寝ているか、時には寝かしつけと同時に私が先に寝てしまっています。

とにかく携帯、スマホの時間が長い!

男性って、とにかく携帯やスマホのゲームが好きな方が多いように思います。主人ももれなくそのタイプなのですが、本当に酷い方だと思います。入浴中もずっとゲームしています。

そんな主人なので、寝る前もゲームをしながら寝落ちというパターンも多いです。これは私自身が主人に話しかけなくなった原因で一番大きいかもしれません。

趣味が合わない

主人の趣味は先述したゲームに加え、読書、そしてスポーツ面ではスキーです。

私はこの3つの中で、読書以外は大嫌いです。私の趣味はアクセサリー作りやDVD鑑賞なので、趣味の話はお互い全くしません。趣味の話しても「ふーん」という感じなので、趣味についての会話は続かないというのが難点です。

1人の時間が好き

たまの平日に有給休暇が取れたとしても、私たち夫婦、別行動が多いです。

何故なら主人はインドアで1人で居るのが好き、私はアウトドア派なので、主人の休日の過ごし方は、私にとっては物足りないですし、主人にとっては疲れるだけなのです。

子育ての考えがまるで違う

私の子育ては、「ずっと遊び相手をするのはしんどいけど、色々な体験一緒にしたいし同じ空間にいたい。」という気持ちが先に立ちますが、主人の場合は「子供は親がいなくても育つし、じじばばが近くにいるんだからしんどかったら預けてればいいじゃないか。」という感じで、普段も帰宅時間の関係で子育てはノータッチでちょっと私とは違うのです。

なので、私の心配事や子供の成長で気になることは、大した問題じゃない、という程度なので、色々な子供に関する決定権は全て私が握っているようなものなのです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。