イシュタールが浸透しやすい理由とオススメな人

最近CMなどでも頻繁に目にするようになった「ラメラ構造」という言葉、ご存知でしょうか?

ラメラ構造とは、肌のごく浅い部分の構造のことで、その厚みはわずかラップ1枚分くらい。そこに水分と油分が交互に重なっており、紫外線や汚れ、アクネ菌などから肌を守ったり、水分が出て行かないよう保ってくれる役割を果たしています。

このラメラ構造が乱れると、肌が荒れたり、しみやそばかすができやすくなり、老化の原因となるのです。

ラメラ構造を整えるために必要なのは、プロテオグリカンやヒアルロン酸、セラミド、フラーレンといった、肌によい美容成分です。ただし、これらの美容成分はむやみにぬっても意味がありません。

浸透しやすい配合で、浸透しやすい細かい分子にしたうえで、ぬらないと効果がしっかり出ないのです。

イシュタールには、これらのラメラ構造を整えるための美容成分が、一番肌に浸透しやすい分量で配合されています。イシュタールを毎日ぬることで、これらの美容成分がしっかり肌に浸透し、肌の奥からラメラ構造を整え、肌の中に潤いを閉じ込めると同時に、汚れや刺激から肌を守り健康な状態に導いてくれるのです。

イシュタールがおすすめのひと


・産後のママさん

イシュタールはオールインワンなので、これ1つぬるだけでOK。赤ちゃんのお世話でスキンケアもまともにできないというママさんでも、1つぬるだけなら負担にならず、毎日できるのではないでしょうか。美容成分がたっぷりはいっているので、産後の荒れがちな肌をしっかり保湿ケアしてくれます。香りもいいので、育児でしんどくなった気持ちを持ちあげてくれる効果も期待できます。また、ダマスクローズの香りは女性ホルモンのバランスもよくすると言われているので、乱れがちな産後のホルモンバランスに最適と言えます。

軽く2プッシュしたものを、数秒ぬりひろげるだけですぐに浸透し、べたつかないので、赤ちゃんと肌が接しても大丈夫。さらっとした仕上がりで、赤ちゃんにイシュタールがついてしまう心配もありません。


・保湿重視のひと

イシュタールの成分はとにかく保湿重視!セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、コラーゲンといった基本的な保湿美容成分のほか、日本独自の成分であるサクラ、へちま、丹波の黒豆、鹿児島産のお茶エキスなど、国産有機成分もたっぷり配合されています。

乾燥肌のひとはもちろん、乾燥を防ぎたい方にも嬉しい保湿成分がたっぷりです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。