アーバンコキタで家を建てる!土地探しから引っ越しまで苦労と予期せぬトラブル

我が家は5年前、新築一戸建てを建てました。
ぴかぴかだったころの我が家がこちら。(今はものが散乱し、見る影もありません…)

もともと賃貸に住んでいたのですが、産まれた子供が非常に手のかかる子で、子育てが大変すぎて、実家近くに引っ越したいと考えたのです。

「どうせ引越すなら家を建てたほうがいいんじゃない?」「賃貸にお金を吸われるくらいなら、持ち家のほうが…」と周囲の勧めもあり、家を建てることを決意。

しかし実家の近所は、子育て世帯に人気のエリア。いくつもスーパーがあり、ショッピングモールもあり、徒歩圏内にJR、地下鉄、私鉄が揃っており、大阪駅(梅田)まで電車で15分ほどで行けるという好立地。

当然坪単価もイイお値段ですから、土地があっても高すぎて手が出せないなんてこともザラ。ケチ&収入も普通程度の我が家が本当に家なんて建てられるのだろうか…?不動産屋で話を聞いている時点ですでに挫折気味。

今回は土地探しからホームメーカー探し、実際に建てて引越すまでをレポートしたいと思います。

土地探し&ホームメーカー探し

よく「親の土地に家を建てさせてもらった~」と言うひともいますが、残念ながら我が家は土地持ちではありません。実家が建っている土地は実父のものですが、家一個建てるのがやっとで、敷地内にもうひとつ…なんて無理。というわけで、我が家は土地探しからはじめました。

地元の不動産屋さんにいき「これくらいの値段で、とにかく実家に近いところに」とお願いしたのがその年の夏。不動産屋さんは「うう~ん、このあたりは人気のエリアですから…ご予算の範囲内で見つかるかどうかは…」と難色を示しましたが、とりあえず良さそうな土地が出たらすぐに教えてくれと連絡先を交換。

土地探しと同時進行で、ハウスメーカー探しもしました。
どのハウスメーカーにするか全く決めていなかったので、とりあえず近所の住宅展示場へ。いくつものハウスメーカーがあるなかで、唯一予算の範囲内で建てられそうだったのが「タマホーム」です。

タマホームに注目した理由、それは、安さ。「このお値段で本当に家が建つんです?」というくらいの価格が提示され、びっくり(その前に覗いたホームメーカーより1,000万くらい安かったのです)

タマホーム、安いわりに家の造りがしっかりしているので、そこは申し分ないと思います(実際私の実家はタマホームで家を建てていますが、どっしり頑丈&内装もきれいで文句なし。標準装備もかなりグレード高めで、この金額でこれが建つの?とびっくりするほどでした)

でも、さきに言ってしまうと、結局タマホームでは契約せず、別の工務店と契約しました。なぜならタマホームは、対応がめちゃめちゃ悪かったから。

最終的に我が家を建ててもらったのは「アーバンコキタ」という地元の工務店さんです。なぜアーバンコキタさんに決めたのか、出会いは「スーモカウンター」というところでした。賃貸マンションなどの紹介業をしているスーモですが、工務店と注文住宅を建てたいひとの窓口業務もやってるんですね。

住宅展示場には出ていないような、地元の工務店を紹介するのがスーモカウンターのお仕事です。できるだけ安く、信頼のおけるところで家を建てたかった我々は、「仲介がいれば安心なんじゃない?」と思い、スーモカウンターに行くことにしました。

スーモカウンターでいくつか紹介してもらったなかで、一番親切で、安かったのがアーバンコキタさんでした。アーバンコキタさんは、私たちの要望や予算を細かく聞いて、できるかぎり実現しようと努力してくれました。

一方のタマホームは「いやぁこれはちょっと…これはアレですからこうしたほうがいいですよぉ」など、こっちの要望は一切聞かず、営業マンが自分がいいと思った方向にどんどん誘導しようとしてくる…。

こちらが何度も「いや、それだと予算をかなりオーバーするし、ローンの支払いが大変になるので…」といっても「でも~、でもこっちのほうが絶対いいですって」とか言って全然こちらの話を聞いてくれません。生活するのは私たちなのに!なんであんたの主観で家を建てなきゃいけないんだ!はっきり言ってかなり不快でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。