おすすめ調味料5点で料理上手になれる方法

毎日の食事の準備、大変ですよね。お仕事されている方や、ひとり暮らしの方、小さな子供をお持ちでなかなか料理に時間がかけられない方、純粋に料理が嫌いな方、色々な方がいらっしゃるかと思います。私は外食が嫌いでほぼ家族の為に自炊ですが、面倒くさがりなので、料理がそもそも好きな方ではありません。

しかも偏食の子供が二人おり、簡単にできる「親子丼」や「牛丼」等の丼もの系を食べてくれなかったり、「煮物」も嫌いで、どちらかというと「オムライス」、「ハンバーグ」「エビフライ」「ラーメン」「カレー」といった、洋食メニューやジャンクメニューばかりをリクエストしてきます。

食べないもの用意するのも嫌ですし、かといって洋食やジャンクメニューでは野菜が採れないので困っていました。

そこで、お料理上手なお友達に教わった調味料で、色々な食材を料理して、食卓に出すと、いつもよりお箸が進んでいるではありませんか!かけたり、お出汁にするだけでお野菜やお肉、魚の旨みを引き出す我が家でも活躍している調味料5点を、こちらでもご紹介したいと思います。

ろく助塩(白塩)二段仕込みパウダータイプ200g


こちらのお塩、私たちの周りでは「セレブ塩」と呼ばれています。なぜかというと、こちら1袋200gで、な、なんと「1710円(税込)!」

純粋なお塩ではなく、食塩の他に「干椎茸」「昆布」「干帆立貝」が含まれています。その為、旨みがすごい!少量で味がグッと引き立つので、使う量もほんのひとつまみでいいので、元はお高いですが、かなり長持ちします。

そして食塩以外のもので十分な旨みを効かせているので、少量で済む=減塩になるかと思います。こちらはパウダータイプなのでお高いですが、中粗塩タイプですとパウダータイプより粗めですが、「990円(税込)」で購入できます。

このお塩では塩むすびをするだけでその良さがすぐに分かります。中粗塩は、少し塩の歯触りが残りますが、普通の塩とは全然違います。塩の中に旨みと甘みを感じる日本食を好む方にはたまらないお塩かもしれません。

我が家の子供達も、熱でや胃腸風邪で体調が優れず食欲がない時でも、このろく助のお塩で握った塩むすびだけは食べられるので、「これは魔法のお塩だね。」と言っています。

また、他のレシピとして、蒸し野菜にひと振りして食べたり、お肉にひと振りするだけでも旨味がぐんと出るので、素材の味を楽しみたいお料理におすすめです。実際お友達4人に勧めて、みんなリピーターになっています。

こちらのお塩はネットでの購入が可能で、5000円以上の購入で送料無料になるので、お友達とまとめて頼むのもありです。

ろく助塩 柚子レモン 顆粒タイプ130g


こちらも、先ほどのろく助のお塩の味が違うバージョンです。私は主人が柚子もレモンも大好きなので、こちらをチョイスしましたが、「カレー」「抹茶」「柚子七味」…等もあります。

こちらは130gで「1080円」で、こちらも「セレブ塩」に値しますね。柚子レモン塩の原材料ですが、食塩の他に「干椎茸」「昆布」「干帆立貝」「柚子皮」「レモン濃縮果汁」「酸味料香料」「保存料(パラオキシ安息香酸・安息香酸Na・亜硫酸塩)」と記載があります。

お塩、我が家は鶏肉をカリッと焼いたものにパラリとふりかけたり、鶏肉の唐揚げにつけて食べたりしています。また野菜を蒸し焼きにした上に少々かけて食べたりと、いつもとは少し味付けを変えたい時に使います。少し大人メニューになり、お野菜もすすみます。

ダシダ


こちらは韓国産の調味料の「ダシダ」です。牛肉味だしの素で、韓国料理には欠かせない調味料のようです。原材料が多かったので、画像で添付しましたが、薬味なども入っています。私はこちらでよくスープを作ります。

我が家はお味噌汁がほとんど食卓に並ぶのですが、子供達も主人もお味噌汁が嫌いなのです。でも、お味噌汁には野菜をたくさん入れられるので、どうしても食べて欲しいのです。また、スープ系は身体も温まりますし、自分の実家では当たり前のように毎日味噌汁が出ていたので、味噌汁嫌いなのが不思議です。

でもさすがに嫌いなものを毎日食べさせるのも悪いので、たまにこちらの「ダシダ」し使用したスープを作ります。

スープレシピ

【材料】
・水・・・400ml
・ダシダ・・・1本
・ニラ・・・お好みで
・人参・・・2分の1本
・玉ねぎ・・・2分の1個
・コーン・・・お好みで
・ごま油・・・少々
・塩コショウ・・・少々

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。