赤ちゃんや幼稚園児が居る家庭のプレゼントにおすすめの本

子どもってどんどん成長しますよね。それにあわせて、読む本もどんどん変化していくと思います。我が家はケチですが「本だけは惜しむな」という謎の家訓があり、子供が欲した本はもちろん、欲してなくともどんどん買い与えていました。

たくさん買った本のなかで、子供のウケが良かったものや、何度も繰り返して読んでいたものをご紹介したいと思います。

物語系「バムとケロ」シリーズ

絵本作家島田ゆかさんが描く「バムとケロ」シリーズ。

可愛い絵柄と、分かりやすいストーリーが特徴です。友人に「私これ小さい頃好きだったなぁ、何度も読んだよ。可愛いし面白いからオススメ」と教えてもらい、購入。

2017年7月現在「バムとケロのにちようび」「バムとケロのそらのたび」「バムとケロのさむいあさ」「バムとケロのおかいもの」「バムとケロのもりのこや」の計5巻が発行されています。

巻ごとに完結しているので、どれから読んでもOK。「前作のこういうところを反映してるかな?」という部分もちょいちょいありますが、前作を読んでいなくても支障はないので、気になった巻から買ってみるといいと思います。

我が家は5巻とも持っていますが、子供はどれも気に入っていて、ちいさいころは「本読む?」と聞くとバムとケロシリーズを自発的に持ってきていましたし、ひらがなを読めるようになったころからは自分で本棚から出してきて読んでいました。

バムとケロシリーズは、しっかり者のバム(耳の先が黒い犬)と、お調子者でおっちょこちょいのケロちゃん(緑のかえる)の物語です。

ふたりはいっしょに住んでいて、お買い物へいったり、ドーナツをふたりで作ったり、飛行機を組み立ててふたりで旅をしたり、とっても仲良し。

物語には、近所に住んでいる謎の動物たちもたくさん出てきます。シンプルでありながらも細かいところまで描きこまれているため、1ページごとに発見があります。何度読んでも読むたびに発見があり、大人でも楽しめるのが特徴です。

色味も優しく、それでいてぱっと眼を惹くものがあります。派手だけど派手すぎない、ひとこまひとこま独創性がありながら、全体的にはまとまっているという不思議な世界観が私はとてもお気に入り。

ストーリーは「続きはどうなるの?」とわくわくドキドキさせられるもので、どれもハッピーエンド。ショッキングなことや怖いことなどは起きませんし、イヤ~な終わり方もしませんから、ちいさいお子さんや、怖がりの子でも、安心して読むことができます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。