「多嚢胞性卵巣」と「不妊治療」そして「自然妊娠」

私は、20代の独身の頃、産婦人科医院で「多嚢胞性卵巣」と診断されました。

当時、仕事のストレスなどもあり、妊娠はしていないのに生理が3ヶ月くらい遅れていました。それまでは多少のズレはあっても毎月きていたので、さすがに長期でこないのはマズイのではないかと思い、産婦人科にかかったのがそのことが発覚したキッカケでした。

「多嚢胞性卵巣」の場合、そのまま放置していたのでは毎月の排卵がきちんと行われません。そして、排卵が行われないということは、生理も起こらなくなるんです。当時は独身であり結婚の予定もなかったので、ピルを処方され、それを飲むことで毎月の生理がきちんと来るようになりました。

そして、その病院の先生に、「子どもが欲しければ、不妊治療をするしかないので、もし結婚して子どもが欲しくなった場合には、必ず病院にかかるように」と言われました。

30になって遅まきながら結婚し、すぐに子どもが欲しかったわけではないけれど、不妊治療にどれくらい期間がかかるかわからないということもあり、新婚旅行が終わってすぐに病院にかかることにしました。

そうして、不妊治療を受けることで無事に妊娠することができ、なんとか今では可愛い2人の子どもに恵まれたわけですが、同じような症状で苦しまれている方、不安に思われている方もたくさんいらっしゃると思います。

今回は、「多嚢胞性卵巣でも妊娠することができた」という自身の経験が同じ症状で悩まれている方の希望になればと思い、簡単にではありますが、体験談を少しお話してみようと思います。

「多嚢胞性卵巣」とその治療法

正確には「多嚢胞性卵巣症候群」というのだそうですが、簡単に説明すると、卵巣内には元々たくさんの卵細胞があります。通常であれば、毎月その一つが卵胞として大きく育ち、成熟したものが排卵されることで生理が起こるわけです。

しかし「多嚢胞性卵巣症候群」の場合、たくさんの卵胞はあるんだけれども、それがなかなか大きく育つことができず、排卵がされないために生理が遅れたり、生理が起こらなかったりする状態になるんだそうです。

「多嚢胞性卵巣症候群」には、今のところ治療法はないとのこと。

先ほどちらっと書きましたが、私が独身時代に産婦人科にかかったときは、まだ妊娠を希望していなかったこともあり、ピルが処方されました。ピルを服用することにより、排卵は起こらないけれども、ホルモンバランスが調整され、毎月きちんと生理はくるようになるんです。

無月経という状態はやはり身体にとってはよくないことなんだそうです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。