めざせ「美尻」マスター!年齢を感じさせないお尻に!

若さでなんとか乗り切れた20代までと違い、いろいろなところがたるみはじめる30代。

体中いたるところが残念なくらいにたるんできているのを目の当たりにしては、そっと目をそむけつつ、何もしないまま過ぎていく毎日…。こんなことではいけません!

かといって、何をやったらいいのか?というのが正直なところ。2人の未就学児の育児に追われ、バタバタと慌ただしく過ぎていく毎日に、シェイプアップの時間を取り入れる時間も精神的余裕もないのが正直なところです。

しかし、最近、本当にたるみが酷い。気になる部位は本当にたくさんありますが、特に気になるのがお尻です。昔は、もう少し引き締まっていたと思うのですが、2人目を出産したあとぐらいから、どんどんハリがなくなっていき、垂れっぱなし状態へと移行してきています。そのためか、妊娠前には履けていたズボンが入らなくなってきました。

1人目出産後はそんなことはなく、どちらかといえば授乳により体重も落ち、妊娠前にはちょっとキツく感じていたズボンなんかもすんなりと入って、むしろ妊娠前よりもお尻が小さくなったんじゃないかと喜んでいたんです。それが、2人目を出産したあとはどうでしょう。妊娠前にかろうじて入っていたズボンたちが、軒並み入らない!

もし履けたとしても、パッツンパッツン、もしくはお腹の肉がウエストの上に乗るという悲しい事態になってしまいました。

さすがにこれはマズイと思い、「美尻クッション」なるものをいただいたりもしたのですが、結局それは私のお尻のためには使われずに、何故か子どもの枕として活躍中という…そんな感じで、気分的には焦っているけれども、何も対策もできずに過ごしていたところへ、たまたまやっていた NHKの朝の情報番組「あさイチ」の「“美尻”大作戦」。

録画したのはいいけれど、なかなか見ることができずに保存していたものを、今回、ようやく見ることができ、しかもおうちで手軽にできるようなシェイプアップも紹介されていました。

そして、手軽にできるわりにしっかり効果がありそうな感じだったので、備忘録的な意味合いも兼ねて、そのあたりのことをご紹介したいと思います。

あなたのお尻はどのタイプですか?

まず、「タレ尻」には2つのパターンがあります。

1つ目は「洋梨尻」。ウエストはくびれているけれど、そこからお尻に向けて垂れてしまい、横に広がり下膨れになっている状態のお尻です。もう1つは「ピーマン尻」。ウエストにもお肉がつき、お尻が垂れ、丸いはずのお尻が四角くなってしまうお尻です。

そして、お尻の加齢による垂れの体型変化には3つのステージがあるそうです。

1stステージは、お尻の下の部分がたわみます。2ndステージは、お尻が下がり、ウエスト・お尻・太ももの境目があいまいになり、四角くなります。最終ステージは、側面がそげて、内側に流れてしまいます。40代の半分が2ndステージまで進んでしまっているそうなんです。

そうなる理由は、お尻の内部にある筋肉がなくなることにあります。本来であれば、お尻にある筋肉が、皮膚と脂肪を支えてくれるはずなのに、その筋肉がなくなることにより、支え切れずにお尻が垂れてしまうということなんです。さらに困ったことには、そのまま放っておいてお尻の筋肉がなくなってしまうと、要介護になり寝たきりになる可能性まで…。

おそろしい話です。でも、実際に自分のお尻を確認してみると、30代後半にもかかわらず、すでに2ndステージに突入している事実……ヤバイです。ヤバすぎます。

大切なのは「ウォーキング」!?

では、美しいお尻を長く保つためには何がいいのか? それは「ウォーキング」です。

「え、ただ歩くだけ?」と思いますよね。この「ウォーキング」の仕方が重要らしいんです。『歩幅を大きく、歩くのを早く!』これがとても重要です。

歩幅を大きくすることで、お尻の筋肉や腹筋など多くの筋肉を使うことになります。これを毎日積み重ねることにより、筋肉も鍛えられ、美尻をキープできるんです。

そして、歩くときのポイントは2つ。1つは、しっかり膝を伸ばして、かかとから着地するという歩き方を常に意識します。膝が曲がると、歩幅が小さくなってしまうので注意してください。

もう1つは踏み出すときには、しっかり後ろの指で蹴りだすようにしてください。このとき、膝の後ろが伸びていることを意識してください。

「ウォーキング」の仕方でそんなに変わるのかな?とも思いますが、よくよく考えると、私もお尻が垂れ始めたなと感じ始めたのが、子どもが連れて歩くようになってからだった気がします。

以前、一人で歩いているときは、街中でかなりの人を追い抜かして、結構なスピードで歩いていました。これ、お土地柄もあるんでしょうね。関西人は歩くのが早いとよく言われますが、実際に静岡に移り住んでから、周りの人の歩くペースがあまりにゆっくりでビックリしたものです。

せっかちな関西人としては、目の前でゆっくり歩かれていると、正直、ちょっとイラっとしてしまう部分もありますからね。とにかく、隙間をぬって、前に前にと出て歩くようにしていました。

それが、子どもと歩くようになってからは、さすがに子どものペースに合わさないといけませんからね。かなりペースダウンしています。それでも、子どもにしては速いくらいのスピードで歩いているとは思うのですが、さすがにそれくらいのスピードでは、親のお尻の筋肉を鍛えるほどにはならないんですよね。

そう考えると、やはり日々の積み重ねは大事なんだな、と思います。子どもをベビーカーに乗せて出かけるときくらいは、歩幅を大きく、スピードアップを心掛けたいと思います。

簡単エクササイズで「美尻」をキープ!

こまめに、早足ウォーキングを実践できればいいのですが、そう毎日ウォーキングに時間を割くこともできない方にオススメ、「あさイチ」で紹介していた簡単エクササイズをご紹介しますね!

ボールペンで簡単エクササイズ

用意するものは、ボールペン1本だけ。

これで、お尻・おなか・肛門の筋肉を鍛えることができ、ヒップアップ・ウエストの引き締め・尿漏れに効果があるんですって!…実は最近、恥ずかしながら、尿漏れで悩んでいたんです。子どもを2人産んで、ゆるくなっているんでしょうか。

ちょっと酷い咳の風邪をひいたときに、咳きこむたびに尿漏れするもんで、さすがにこれはマズイだろうと思っていました。そんなときに知った、この簡単エクササイズ! これはもう、試すしかないですよね!?

やり方は、本当に簡単なんです。

ボールペンを、お尻――肛門の上斜め45°に当てて挟みこみます。そのペンを挟んだまま8秒キープします。トイレにいきたいのを我慢しているときのような、キュっと締めている感じで力を入れると、うまく挟んだ状態をキープすることができます。

そして、これができたら、さらにステップアップ。

ペンを挟んだまま、足踏みを8回します。これ、慣れるまでは難しいと思います。私も、挟んでいたペンがすぐに落ちてしまい、なかなか8回も足踏みできませんでした。

そして最後は、ペンを挟んだまま、四つん這いになって、お尻を8回フリフリ……これも、かなりの難易度です。絶対といっていいほど、ペンが落ちます。でも、くじけちゃいけません!

これらを、毎日3セット行ってください。最初のうちは、ボールペンは、持ち手部分が滑り止めのゴムになっている3色ペンがやりやすいそうです。慣れると、細いボールペンにした方が、さらに効果が期待できるとのこと。

また、このエクササイズをするときには、ピタッとしたパンツやガードル、タイツ、パンストなどを履いていると、ペンが跳ね返ってしまってうまくできないので、ゆったりとした服装でやった方がいいそうです。

はたから見ると、かなりおもしろい図になっていると思うので、家族の前でやるには抵抗があるかもしれませんので、その場合、こっそりやってみてくださいね。

美尻に効果絶大なポージング!?

ボディービルの「バックダブルバイセップス」というポーズが美尻に効果があるそうです。身体を少し後ろにそらしながら、広背筋と脚を見せるというポーズだそうなのですが、美尻効果のためには、上半身はそれほど重要ではなく、下半身の方に重点を置いたポーズを行っていきます。

上半身は動かさないように、つま先を外に開き、脚を後ろに引きます。引いた脚を地面について、お尻を絞ります。お尻にぐっと力をこめましょう。お尻に力を感じたら、そのまま3秒間キープします。これを片脚3回ずつ×1日3セット行ってください。

この動きは、お尻の筋肉と太ももの後ろの筋肉に効果があるそうです。

そして、この運動をするときは、何かをしながら作業でするのではなく、きちんと鍛えたい筋肉をしっかり意識して丁寧に行うと、トレーニング効果がアップするとのことです。

このエクササイズのあと、つま先を外に開き、後ろに上げて3秒キープするという運動を片脚につき10回ずつ行うことにより、さらに効果を高めることができるそうです。

こちらのエクササイズは、何も使わずにどこででもできるので、気軽にできていいかもしれませんね。

階段は無料の「ジム」!?

マンションの上の階にお住まいの方、普段、階段を使っていますか?

私は使っていません。自分だけならともかく、軽いとはいえ、10キロ弱の子どもを抱えて、4階や5階まで階段で上がる元気なんて、もうありません…。でも、それがお尻のたるみに繋がるんですよね! しんどくても、階段を使うことによりお尻の筋肉は鍛えられるんです。

こちらもやることは簡単。足を1段上に乗せたら、骨盤を水平にして、膝を伸ばしてあがるようにします。お尻に力が入っていることを意識しながら階段を上がる、ということが重要になります。

鍛えたいところを意識する」これは、どのエクササイズにも言えることなんですね。

たった3週間で効果が出る!?

番組では、それぞれのエクササイズを3週間続けるという実験をしていました。その結果、特にボールペンを使ってのエクササイズが、すごい効果が表れていました。

ヒップアップもなんですが、ウエストサイズのダウン、そしてバストアップにもつながるというオマケ付き! いろんなところが同時に鍛えられるエクササイズということなんですね。たった3週間で結果がでるのであれば、これはぜひ続けてみたい!

何日か続けてやってみましたが、やっているうちに、ボールペンを落としてしまう回数も減ってきました。

慣れると、少しずつコツもわかってくるようです。

このエクササイズ、3週間だけといわず習慣づけて、このたるみきったお尻を少しでも美尻にもっていけるよう、がんばってみたいと思います。また、素晴らしい結果が出たときにはお知らせしたいと思います。…できるといいなっ!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。