海外フライトにおける重量超過荷物の対策

旅行で海外にいくとき、スーツケースが思いがけず重くなるときがあります。

あっという間に制限の重さを超えることも。私はたびたびチェックインカウンターの脇で荷物を広げて重さ調整をしていました。体験談からいくつか対策をお伝えいたします。

スーツケースの重さを事前に計る

やはり、事前に重量オーバーしていないか確認しておくのが安心です。

体重計にそのままスーツケース載せても、人間が足で乗るようには重心が体重計内のポイントに集中せず、スーツケースがはみ出てうまく計測できないかとおもいます。自宅でスーツケースを持って体重計に乗り、その後スーツケースを持たずに体重のみを測り、その差をスーツケースの重さとしてカウントするのが一般的なやり方になります。

ですが、これが、荷物が重すぎて、持ち上げる際に力んだのかなんだか分かりませんが、大分ずれていたことがあります。なので、このやり方がベストと言い切れないことも。

重量チェックについては、こんな便利グッズもあるそうです。スーツケースの持ち手の部分にひっかけて、持ち上げることで重量を測る「ラゲッジチェッカー」。Amazonで2700円。取り寄せで時間がかかりそうなので、必要な場合は早めに入手しましょう。

1000円以内の同様のグッズもあるようです。精度は、確かなことは分かりませんが、おそらく日本のメーカーや商社が扱っているものであればある程度品質は保証されているかと思われます。

こういったものがあれば、自宅や体重計が置いてあるホテルなどだけではなく、空港でもどこでも量れるのが便利ですね。

荷物が重い時

LCCでない、一般的な航空会社であれば、エコノミーの場合は23㎏までのスーツケースを2個、そしてビジネスであれば32㎏までのスーツケース2、3個というのが一般的でしょう。

とはいえ、普通の短期の旅行であれば、持参するスーツケースは1個のことが多いのではないでしょうか。例えばエコノミーのチケットを持っていて、空港のカウンターでスーツケースを量ってみて、23㎏を少し超えたとします。ちょっとであれば、見逃してもらえることもあります。

見逃してもらえないときは、スーツケースを開け、一部取り出して、機内持ち込み用の荷物に追加します。このとき気を付けるべきことは、液体など機内持ち込みが制限されているものではないこと。そして重くて小さいものがいいでしょう。

機内持ち込み用のバッグにもよりますが。予めもしものとき用に、取り出す優先順位をつけておくとよいです。しかも重さを量っておいたら完璧ですね。何度もカウンターに行ってやり直す必要がなくなります。

ちなみに、最近ライターは機内持ち込みも預けも両方NGになったと聞きました。

機内持ち込みのバッグの重さは10㎏くらいが一般的でしょうか。これも意外と簡単に超えてしまいます。私はよく、この重いバッグを肩にかけ、後で見ると肩が軽く内出血を起こしています!機内持ち込みのバッグまで計測されることは少ないと思います。それよりも、バッグがいっぱいでもう、預け用から移せないパターンが多そうです。

この場合、段ボールや袋を調達して、そこに移すといいでしょう。23㎏までが2個までであれば、これによって、超過料金から逃れることができます。段ボールはチェックインカウンターの人に頼んだらもらえたこともあったように思いますし、もしくはご自身でどこか空港内の店舗まで調達しにいけばいいと思います。

スーツケースよりも安全性が保たれづらいので、あまり貴重でないもので壊れ物でないものがよいでしょう。またもし同行者がいて、荷物に余裕がある場合はお願いして預かってもらうと助かりますね。

超過料金を支払う方が手っ取り早い

超過料金を払わない方法を模索してはいたのですが、実は、思い切って、超過料金を支払うのがシンプルで大きなダメージにならない場合があります。

超過料金というものは、だいたい数万円くらいするイメージでいましたが、実はこれ、航空会社や飛距離などによってまちまちで、意外とそう大きな出費にならない場合があるのです。

たとえば、先日ANAでロンドンから帰国する際のこと。エコノミーだったので23㎏までが2つまでという設定でした。ところが片方が30㎏ほどになっていて、もう1つの預け荷物が10㎏台という状態に。合わせて46㎏までOKにしてくれたらいいのですが、それは許されないようですね。

もう1つの預け荷物の袋はパンパンで、移すことができませんでした。また機内持ち込みのバッグもパンパンでした。またもう1つの預け荷物の袋の中身をどこかで調達してきた段ボール等に入れ、調整する方法もありましたが、その面倒なことをする気力がわきませんでした。

係の人がいうには、2㎏くらいだったら見逃したけれども、ちょっと7㎏オーバーともなると、そのまま看過できないとのこと。いくらになるのか恐ろしく思いましたが、日本円にしてなんと5400円くらいでした。

あれ、だったら、ちょっともったいないけれど、まあいいか、と思えたのでした。

これなら、予め現地の郵便局などから航空便で送るよりも安いし、また一緒に移動するので、紛失の可能性が低くなり安心です。しかも、短期旅行の場合、荷物は着替えやおみやげ。航空便で送るのでは間に合わないものが多いように思います。その場合、この超過料金を払ってしまったほうがいいでしょう。

そして最近、多少オーバーしてもそんなに高くないだろうと違う航空会社で高をくくっていたら、5㎏オーバーして1万円超えでした。成田からデュッセルドルフまでエティハド航空でのフライトで、13380円の超過料金となり、結構へこみました。本当に、航空会社によって料金体系はさまざまです・・・。

席のアップグレードも方法の一つ

これはちょっと、斬新な方法です。超過料金を払いたくない場合、席のアップグレードをしてしまうというやり方。たとえばエコノミーのチケットを持っていて、ビジネスが空いていたとしたら、手荷物の許容範囲が23㎏から32㎏に上がります。

余分なお金を払いたくないのに、アップグレードなんてとんでもないと思う方もいるかもしれません。

これはエティハド航空で提案された方法です。このときは、プラス7万円でアブダビで乗り換えるまでビジネスに乗らないか?というものでした。アブダビ乗り換えの先はエコノミーだけど、とのこと。これが7万円でなく3万円だったら間違いなくOKしたでしょう。めったにないビジネスに乗るチャンスだったので。

LCCの手荷物

ローコストキャリア(Low-Cost Carrierのため略してLCC)に乗ったことはありますでしょうか。これは、荷物に関する意識を通常の航空会社以上に持たなければなりません。

一般的には、LCCの場合、機内持ち込みが10㎏くらいまで許可されていて、預け荷物が有料になっていることが多いです。そして、その預け荷物も、重さによって金額が刻まれています。チケット購入時に、この預け荷物分の料金も支払います。たとえば、15㎏までにするのか、20㎏までにするのかで料金が変わってきます。

あらかじめ購入していた重さが足りなければ、当日追加で料金を支払うことになります。また、預け荷物等について、事前に料金を支払っていなかった場合、当日荷物が空港で追加になると(事前に申請していないと)割高になります。

そのため、かなり神経を使います。
ところで、機内持ち込みの荷物の大きさも一般の航空会社と同様に制限されています。

私はこの間、機内持ち込みの荷物のトートバッグについて、最初オーバーするはずがないとノーケアだったのですが、よくよく測ってみると、そこの航空会社、ライアンエアーの指定の厚さ20cmを数センチオーバーしていました。

厚みを調整するために、トートバッグは形を簡単に変えられるので、マチの厚さを調整したあとテープで固定しておこうかとも考えたのですが、荷物が多かったこともあって、注意されるまで何もしないでおこうと決めました。

わりと目立つ色のバッグだったのですが、結局咎められることはありませんでした。こういう形が変形しやすいものではなくて、コロコロと引っ張れるスーツケースは角ばっているのと厚みが固定なのもあって、係員の目を引くようです。実際、声をかけられている乗客もみかけました。

こんな風に厳しいので、大型のタペストリー(壁掛け)を持ち込むときはハラハラしました。厚みはないものだったので、くるくると丸めれば、軸となる部分の長さが目立つ程度。これがバッグから大幅にはみ出ていたので、楽器のカテゴリー等で追加料金を払うはめになったらどうしようかとドキドキしていたのですが、一切のお咎めなしでした。

案外、厳しそうで、規則ではカバーしていないグレーゾーンのものについてはゆるいのかもしれません。

まとめ

荷物の重さについて、無駄なお金を払うことのないようにするには、事前の準備が物を言います。それでもいくつか対策を知っておけば、何か起きても現場でも落ち着いて行動できることでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。