吐きつわり&食べつわり、私が試したつわりの対処方法

私は2人の子供を出産しましたが、一人目は男の子、2人目は女の子でした。

よく男の子と女の子のつわりは違うものだよ。と聞きますが、私の場合、どちらも吐きまくっていました。一人目の時は何を食べても吐くし、むしろ何も食べたくない状態。2人目の時は、何か食べないと気持ち悪い。

でも食べても吐いてしまう、という若干違うタイプのつわりでした。でもはっきり言うと、吐くという一番辛い状況は両方に共通していて、常にバケツとお友達生活が2ヶ月は続くという、暗闇生活でした。

そこで、私が経験した吐きつわりと食べつわり、両方のつわり生活において、とにかく少しでも楽になった方法を書きたいと思います。

つわりって病気じゃないけど、本気でしんどい!

まず、つわりって男の人には絶対分からないものです。しかし大抵の旦那様は、「大丈夫?」とは言ってくれるものの、よく「病気じゃないんだから」とか、「子供が元気に育っている証拠だよ」とかいってきませんか?さらに思いやりがなければ、「夕飯どうするの?」とか、「また寝てたの?」とか心無い言葉を投げかけてきます。

夕飯なんてそもそも食べられないし、食べたくもない、味噌汁や焼き魚の匂いが耐えられないし、見たくもないの!!なんて、なかなか新婚だと言えないのではないでしょうか。私も一人目の時はとにかく気持ち悪くて、煮魚やお味噌汁の匂いが耐えられず、ずっとベッドから立ち上がれませんでした。

通勤には不便で申し訳なかったですが、ずっと吐いてばかりいる自分を見られるのも嫌だったので、主人には実家に帰ってもらいました。私は食べられるものが本当になく唯一冷たいおにぎりなら少し食べられたので、しばらくは水分と冷めたおにぎり、ほんの少しの果物だけとっていましたが、入院するまでは行かず、病院で点滴だけうってもらいました。

道端でも休むことなく襲ってくる吐き気に、本当にいつ終わるのか・・・という不安だけが先行していました。

あまり引きこもり過ぎても良くない

引きこもっていると、身体もなまってしまうので、無理はしなくとも少しでも身体を動かすようにしていました。昼間は太陽がしんどいので、夕方涼しくなって風が心地よい時間に散歩したりしていました。寝てばかりいると筋肉も衰えるので、なるべく歩ける時は歩き、疲れたら座って・・・を繰り返していました。

携帯、スマホはあまり見ないように!

吐きつわり、食べつわり両方ともに言える話ですが、家にいるとついつい手にとってしまう携帯、スマホ。正直船酔い状態なので、さらにつわりに追い討ちをかけてしまいます。

車酔いの時に携帯などを見ていると余計ひどくなる状態と同じです。また、色々な情報は時にナイーブな妊娠初期の気持ちを乱れさせる事が非常に多いです。余計な悩みを抱えると、かえってつわりも長引いてしまいます。

私は神経質な方なので、極力そのような情報ツールとは縁をきり、調子がいい時に音楽を聴いたり、好きなテレビを観たり、なるべくポジティブな精神状態でリラックスする事を心がけていました。

身体を冷やさない

こちらは、私が2人目妊娠中に気づいた対処法です。一人目も二人目も、妊娠した月は一ヶ月ほどしか変わらず、二人とも夏のつわりを体験していたのですが、二人目のつわりは上の子供のお世話もあったからか、ずるずる12月頃になっても気持ち悪い時がありました。

そんな時、身体の冷えが気になり、特に手首が辛かったので、上の子のレッグウォーマーを手首に巻いてみました。すると、夏用の腕の日焼け防止用のアームカバーより分厚く、また締め付けもよく非常に暖かく、つわりの症状が和らぎました。それからは出産間近までレッグウォーマーをつけて日常生活を送っていました。

こちらが実際に使用していた上の子のレッグウォーマーです。ちょうど手首にフィットして、とっても便利でした。意外に冷えを取ると、つわりが軽減するかもしれないので、試してみて欲しいです。

お気に入りの香りをみつけよう

妊娠中、吐きつわりも食べつわりも、私の場合両方共においに敏感になりました。一人目は煮物や魚のにおいがダメで、また畳のい草のにおいが生ゴミの臭いにしか感じず、それまでは和室で寝ていましたが、つわりが始まってからは生まれるまで洋室で寝起きするようになりました。

二人目のつわりの時は、食べ物のにおいはそれほど気になりませんでしたが、全てが不愉快までとは行かないけれど、何となくにおう?という感じでした。

それでもつわりで本当にだるい時に上の子供の用事で外出しなければならないときは、先ほどのレッグウォーマーやハンカチに、ほんの少しのお気に入りの香りのアロマオイルをつけて外出しました(妊娠中はかなり肌も敏感になるので、直接塗布したりすることは避けたほうがいいと言われています)。

そして少し気持ち悪くなったときに少しだけ香りをかぐと、気持ち悪さがグッと軽減されました。私は甘い香りより、すっとしたペパーミントがお気に入りでしたが、妊娠中はあまりよくないようで、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系のアロマオイルにかなり助けられました。

アロマオイルについては、妊娠中という事でホルモンに影響したり、子宮収縮等に作用するものではないかをしっかり調べてから試してみるようにしてください。ちなみにグレープフルーツやレモンなどはリフレッシュ作用があるようなのでおすすめです。

食べられるものを食べよう

つわりの間は本当に食生活が偏ります。昨日まで食べられたものが今日はダメ。少し食べても戻してしまう・・・。など悩みは尽きませんが、少々食べられなくても、栄養のバランスが崩れてもお腹の赤ちゃんは平気です。

出来るだけバランス良くというのは安定期に入ってつわりが落ち着いてからでも大丈夫です。まずはストレスを溜めず、最低限できる事をして、食べられそうなものを食べることで十分です。また、食べて戻してしまう場合も、ほんの少しの間でも胃の中に入れば、少しでも栄養として吸収されるそうです。

あまり気負わず最低限で大丈夫と思って気持ちを穏やかに過ごす事が一番大切です。

おまけ「男子女子のつわりの違い」食べ物編

ここで、私の体験ですが、男の子を授かった時と女の子を授かった時のつわりの違いと共に、食べたくなった物、食べられなくなった物を比較してみたいと思います。

私の場合、どちらも吐くつわりだったことには変わりありませんが、食の好みが男女で全然違ったように思います。俗に言う肉食&マックポテトは男子という都市伝説にピンポイントで当てはまっています。また、女子の場合トマトや柑橘系を食べたくなるというのも自分でも面白いくらい当てはまっていました。

最後に

ここまで、あくまで個人的な体験談ではありますがつわりについてまとめてきました。私の中で妊娠初期のこの辛いつわりは、妊娠が分かって喜びもつかの間、いきなりやってくる試練ではありましたが、家族や主人がどんと構えていてくれたので、本当に良かったです。

特に母親や父親には二人目のつわりの際は、吐き気が強くて息子の面倒がほとんど見ることができなかった私を責めることなく、つわりが長引く中、温かくしてくれたことには感謝しかありません。

なので、周りにつわりで大変そうな方がいたら、私も周囲にしてもらったように色々とお手伝いをしていきたいと思いますし、つわりのしんどさが少しでも軽減するような温かい言葉をかけられたらなと思います。

妊娠中は体も心もとてもデリケートな時です。今つわりで苦しんでいたり、不安な気持ちになっているマタニティの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、お腹の赤ちゃんの為にも、今しかないこの貴重な生活、少しでも穏やかに過ごせるように色々な対処法を試してみて欲しいと思います。