飽きないお弁当を!~卵焼き編~相性がいい食材を使って工夫!

毎日お弁当を作っていらっしゃる皆様、どうもお疲れさまです。わが家でもほぼ毎日お弁当を作っています。土日も関係なく仕事が入る旦那は、基本的に毎日お弁当を持っていきますし、幼稚園に通う子どもも週2回だけお弁当の日があります。

「幼稚園は毎日給食でいいのに!」と思いますが、子どもは給食よりもお弁当の方が好きだと言っており、毎週2回だけのお弁当の日を楽しみにしている様子。面倒ではありますが、そう言われちゃうと仕方がないですよね。

ちなみに、私も中学時代から高校・大学時代、そして社会人になってもしばらくはお弁当を持って学校や職場に行っていました。もちろん、母の手作りです。

そんな母のお弁当。もちろん美味しくはあったのですが、おかずの半分くらいは、毎回ほぼ同じメニューだったんです。具体的には、卵焼きとウインナー、かまぼこorちくわ。この3種類は、ほぼ毎回と言っていいほど入っていました。これが、中学時代からずっと、12~3年間続いていたわけです。作ってくれていた母には申し訳ないですが、かなり飽きていました。

そうして、社会人となり数年。最初の数年は、派遣社員や契約社員としての勤務だったため、社食の補助などが一切なく、ずっとお弁当を持って行っていました。しかし、数年して正社員として雇ってもらえることになり、社食を利用すると一部補助が出ることとなったため、社食に切り替えることにしました。そのときの、母とのやりとりが、10年以上経った今でも忘れられません。

「お母さま。十何年間、お弁当のおかずがパターン化していて飽きました。これから食堂で食べます」
「そうですか。私は十何年間、お弁当を作ることに飽きました。作るのをやめさせていただきます」…当時は、ひたすら平身低頭するしかありませんでした。

そして、自分も妻に、母になった今、旦那や子どものお弁当を作っていて思うわけです。十何年間もお弁当を作り続けてくれていた母は偉大だった、と。

まだ結婚してたった6年半。母の作ってきた年月の半分にも満たない期間しかお弁当を作っていないのに、すでにお弁当作りが面倒だと思っている自分。そして、これからも毎日のように続く、旦那と子どもたちへのお弁当作り。

どうせ作らなければならないのなら、「飽きた」と言わせることなく、毎日のお弁当を食べてほしい。そんなわけで、今回は飽きさせないお弁当のために、お弁当のおかずの中でもかなりのスペースを埋めてくれる素晴らしいおかず「卵焼き」について、基本的な焼き方のお話と、わが家でのアレンジレシピをいくつかご紹介したいと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。