ミュゼ予約「ドタキャンを恐れぬ心」が大事|店舗を変えて上手く通おう

ミュゼの予約、激混みですよね。

なかなか予約が取れずに困っている方に、上手くミュゼの予約を取る方法をご紹介します。

ミュゼ予約のコツは・・・
・回数保証がある=「消化扱いにならない」のでドタキャンを恐れない!
・移動OKなので空いてる店舗を探そう

です。

まず前提として、ミュゼは予約用にアプリ・会員サイトがあります。無料で登録できますし、電話予約とちがって24時間いつでも予約可能なので、ミュゼで契約したらアプリをダウンロードするか、会員サイトに登録しておきましょう。

ミュゼはドタキャンしても消化にならない=「空きが出たら即予約」

ミュゼに予約するうえで、注目したいのが「ミュゼのキャンセル規約」です。

ミュゼは「お手入れ開始時間の24時間を過ぎた予約の変更・キャンセルは『当日キャンセル』扱い」となります。当日キャンセルに該当した分は、「返金対象にならない」という規約があります。

でも、この規約、よくよく読んでみると「返金対象にならない」だけで「回数消化ではない」のです。

ミュゼ公式サイトにも「当日キャンセルに該当したお手入れ分については、回数保証制度により契約期間内のお手入れはお受けいただけます」と、書かれています。

つまり、ミュゼの予約は「ドタキャンであっても回数は減らない」のです。

途中でミュゼをやめて解約するとなった場合のみ、ドタキャンペナルティ発生(ドタキャンした回数分の返金はなし)と覚えておけば、ドタキャンが怖くて予約をためらってしまう…ということもなくなるでしょう。

結論:ミュゼ予約のコツは、アプリ・会員サイトに登録→「空きを見つけたら即予約!」です。

契約した回数を最後まで通いきるつもりのひとなら「空きを見つけたら迷わず予約」で、予約できる可能性は格段にアップするでしょう。

ミュゼはギリギリを狙って予約!

上記の「キャンセル規定」があるので、ミュゼに通う多くのひとは「予約の24時間よりすこし前」にキャンセルします。そうすれば、ペナルティを喰らわなくて済みますからね。

そのため、「行きたい日時の24時間前=前日」にアプリや会員サイトをのぞけば、空いている可能性大!

実際に筆者が、7月4日に会員サイトを覗いてみたところ・・・

空きが、出てた!

ちなみにこの空き、7月3日に見た時はありませんでした。ギリギリにキャンセルしたひとの空き枠のおこぼれにあずかれたというわけです。

「ギリギリのタイミングでも行ける」「ミュゼ近いからすぐ行ける!」という方なら、ミュゼは直前の予約が一番おすすめです。

ミュゼ ギリギリ予約の注意点

ただし、ミュゼは「シェービングは自分でしてきてね」という脱毛サロンなので、予約が取れたはいいものの剃れてない…となると、脱毛施術してくれない可能性大!

ミュゼってケチなので、剃り残しが多いと「やりません」って平気で言うんですよ(筆者、やってもらえなかった経験あり)

ですので、ギリギリ予約を狙うひとは、ポーチにいつも電気シェーバーを入れておいて、外出先であっても予約が取れたら即剃る!というのがおすすめです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。