フィジカルBの口コミ&レビュー

うちは2人男の子がいるのですが、下の子の背が低いです。

同時期の身長を比べてみると、ほぼ10cmくらい違うのがわかります。

緑のほうがお兄ちゃんの成長グラフ、ピンクのほうが弟の成長グラフ。

どちらも4歳(幼稚園年少)のころの記録です。

お兄ちゃんがぐんぐん背が伸びるタイプだったので、下の子も気にしないでもいいかなと思っていましたが、結局背は思ったように伸びず…。お兄ちゃんは牛乳も魚も大好きで、たっぷりカルシウムを摂っていました。

下の子は、偏食がひどくて肉や一部の野菜しか食べず、食卓に並べても魚にはほとんど手をつけません。

「このままじゃ低身長のままかも?!」と焦って、下の子でも美味しく摂取できる栄養補助食品を探していました。口コミで「美味しい、甘い」「偏食気味の子供でも、これなら飲めた」と書いてあって、興味がわいたのが「フィジカルB」です。

単品購入だと9,960円、定期購入を選ぶと4,980円。

定期購入のほうがかなり安くなるので「どうしよう…?!」とめちゃくちゃ悩みました。でも、うちの子は偏食なので「いらない」と言ったら絶対飲みません。

「とりあえず1箱お試し、ダメならやめよう」と思って、単品で買うことにしました。

フィジカルBの賞味期限は、だいたい2年くらいのようです。こういうものって賞味期限が早いイメージだったので、長めに設定されていることに驚きました。

成分は、難消化性デキストリン、スピルリナ、マンゴーパウダーなど。
スピルリナというのはスーパーフードらしいです。

スピルリナには、成長のために必要な栄養素である、たんぱく質、ベータカロテン、鉄分が豊富に含まれているそうです。国連やNASAからも注目されている成分だそうで、これなら不足しがちな栄養も補えそう、と期待が高まります!

フィジカルBを頼む時、心配だったのが「こういう食品を子供に飲ませても大丈夫なの?」ということでした。Q&Aを見ると、品質検査がきちんとされているので大丈夫ということで、一安心です。

また、アレルギー物質も含んでいないようで、うちの子はアレルギーはないけど、アレルギーのあるお子さんでも飲めるというのはいいなと思いました。

フィジカルBを開封してみました。箱はセロファンで覆われていて、密閉されているので衛生的です。中身は銀色の長ぼそいスティックが、30包入っていました。

銀色の包みは、なにも書いてません。

商品名が書かれていないのは、いいと思います。子供が外で飲む時も、周りの子に「何それ~?」とか言われなくて済むからです。

ただ「個々に賞味期限が書かれていれば、箱を捨てても賞味期限が分かるのにな~」と、そこだけは残念でした。

フィジカルBは水や牛乳に混ぜて飲むものということで、シェイカーが付属していました。

スプーンなどで混ぜるより、思いっきり振れたほうがしっかり混ざると思うので、こういう配慮はとてもいいと思います。

シェイカーにはメモリもついていて、水の量を調整できるようになっていました。透明で中身が見やすく、どれくらい混ざったか一目でわかるのもいいですね!

購入はこちらへ

フィジカルBを水で溶かして飲ませました!

フィジカルBを水に溶かして飲んでみました。
まず、封を開けて水に入れます。

封は「手で切れるの?」と不安でしたが、「どこからでも切れます」タイプのスティックだったようで、手だけでさっとあけることができました!

付属のシェイカーに150cc水を入れて、フィジカルBを入れてみます。

入れると同時に、ふわぁ~っとマンゴーの甘い香りが!

横で見ていた子供は「くっさ!甘いにおい!くっさ!」と、いいのか悪いのかわからない微妙な反応をしていました。(マンゴーをはじめ果物全般あまり好きではない子供なので…)

入れただけの状態がこちらです。

ちょっと沈んではいるものの、ほぼ溶けてません。
軽く左右に振ってみました。

ちょっと溶けましたが、まだダマは残っています。
では、子供に渡して振ってもらうことにしましょう。

「これ振り振りして~」
「ぼくが振ってもいいの?!よっしゃ~!」

全力シェイーク!!

こういうものを振るのははじめてだったので、すごくのりのりで楽しく振りまくってくれました。こうやって自分で作ることで「自分が作ったものだから、飲んでみたい!」という気持ちになるようなので、子供に振らせるのはいい効果かもしれません。

軽く1分ほどふりふりすると、完全に溶けたようで、見た目「抹茶」のようで「青汁」にも見える液体ができあがりました。

では、初フィジカルB、飲んでみたいと思います。
シェイカーのふたを開けると…

「甘っ!!ニオイが甘い!」

びっくりするほどニオイが甘いです。子供も「なんだこれジュース?!緑色してるのにジュースなの?」と興味津津のようです。甘いものが苦手なひとにはちょっとつらいニオイかも…とも思いました。とくにマンゴーが嫌いな人は、絶対受け付けないであろうマンゴー臭さです。

子供が飲みやすいように、コップにうつします。

では、飲んでみてもらいます。

最初は「ええ~、青汁っぽい、こんなの美味しいの?」と不安そうでしたが…

ひとくち、ゴクリ。

「あっまー!めっちゃ甘い!!甘すぎる!」

ああ、やっぱり駄目なのか…
偏食児にはフィジカルBは受け付けないのか…

せっかく高いお金を出して買ったのにな、と残念に思ってると「でも、飲める!」と、もう一口。

おや、いけるのか?
ぐいぐい行ってるぞ?!

偏食で、野菜ジュースですら「いらない」という子供なのに、この飲みっぷりはすごくないか?!

そして…
飲み干しました!!

偏食児でも飲めるフィジカルB、すごい!

「これまた飲む?」と聞いたら「明日も飲む!今日、夜にまた飲む!」と、子供は大変気に入ったようです。

その後私も飲んでみました。

…うん、甘い!

ちょっと大人には甘すぎる味でした。でもとろみはなく、さらっとしているので、口のなかにはあまり残りません。さっぱりとした甘さでした。

フィジカルB、普段摂れない栄養素がたくさん入っているので、私も子供といっしょに飲んでいきたいと思えるものでした。

食べ物、飲み物をより好みする偏食気味の子供でも飲めたフィジカルB、おすすめです!

フィジカルBをヨーグルト

フィジカルBは水に溶かして飲むと、マンゴー味でかなり甘いので、もしかして無糖のヨーグルトにかければ美味しく食べられるんじゃないの?と思いつき、やってみることにしました。

ヨーグルトのカルシウムも摂れて、身長を伸ばすためにはよさそうです!

無糖のヨーグルトにかけてみます。

すこし混ぜた程度ではダマが残ってしまいましたが、ぐるぐる念入りにかき混ぜると、次第に溶けて全体的に緑色になってきました。

食べてみます。

スプーンでまぜている時点で、すでに空気が甘いです!マンゴーのトロピカルな香りが部屋いっぱいに広がっています。

ん~!甘い!

無糖のヨーグルトって、ちょっと食べづらいなと思っていて、普段はお砂糖やはちみつをかけていたのですが、フィジカルBの甘さならほかになにもたさずに食べることができました!

私はフィジカルB、水に溶かすよりヨーグルトにかけるほうが好きです。

アイスにかけても美味しそうですね。いろいろ試せるフィジカルB、ぜひお好みのアレンジをやってみてください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。