リゼクリニックに向いている&向いてない人

医療脱毛ができる「リゼクリニック」。

安価で医療脱毛ができることで人気です。リゼクリニックが向いている人、向いていない人を、実際にリゼクリニックに行ってリサーチしてきました。

リゼクリニックが向いている人

リゼクリニックが近所にある人

リゼクリニックはこれといって難点がなかったので、もし近所にリゼクリニックがあって通いやすいのであれば、迷わずリゼクリニックを選んでいいと思います。

リゼクリニックに実際行ってみたところ、価格、スタッフの対応、医師の対応すべて問題なし。スタッフも医師も丁寧ですし、価格は医療脱毛クリニックのなかでも安いです。

リゼクリニックはパーツ別脱毛、全身脱毛から選ぶことができますし、一部位からでも契約OK。脱毛初心者の方も、全身脱毛したい方も、どちらにも向いているリゼクリニック。

もし美容クリニック最大手「湘南美容クリニック」とリゼクリニックが、どちらも近所にあって悩んでいるなら・・・
・安さ重視→湘南美容クリニック
・施術の丁寧さ、接客の親切さ重視→リゼクリニック
という選び方でいいでしょう。

肌状態が不安な人

リゼクリニックに実際に行って診察を受けたところ、医師が非常に丁寧でした。

「施術が無理な肌状態なら、その場で必ず言います」「肌状態を見ながら、照射レベルを変えて行きます」と明言していたので、肌状態が不安な方も安心して施術が受けられるクリニックであることが分かります。

脱毛サロンで失敗した方や、肌が弱くて施術が不安という方、トラブルが起きたら誠実に対処してほしいという方に、リゼクリニックはぴったりです。

もめずに平和に通いたい人

リゼクリニックでは、1回目施術のときに施術する部位を写真に撮って、肌トラブルが出たら、施術前写真と見比べて診療する、必要に応じて無料で追加照射してくれるといったサービスが充実しています。

「もともとこんな肌じゃなかった!クリニックのせいだ!」「いいえ、お客様はこんな肌でした!」という揉め事になりたくないという方は、リゼクリニックが断然おすすめです(意外とこのトラブル、脱毛サロンでもクリニックでも起こりえるんです…)

また、リゼクリニックは料金、サービス内容、解約時の返金制度、すべて明瞭!全部公式サイトにも全部書かれています。

実際のカウンセリングでも「こういう肌トラブルが起こる可能性があります」というのも、包み隠さず全部教えてくれますし、「こういう場合はどうなんですか?」と聞けば、丁寧に分かりやすく全部教えてくれます。

あとになって「聞いてない!」「こんなはずじゃなかった!」となる確率が非常に低いクリニックなので、「問題起こらず平和に通いたいわ~」という方にリゼクリニックはおすすめです。

「無料」が好きな人

リゼクリニックは
・初診料、再診料、カウンセリング料
・トラブル時の処置料
・キャンセル料、シェービング料
・自宅用アフターケアクリーム料
すべて「無料」です。さらに肌トラブルが起きたときの「打ち漏れ保証」もあり、追加照射も「無料」です。

もちろん「ジェル代」もかかりません。最初に契約した費用以外、一切支払う必要がないので、余計なお金をとられたくないという方に向いています。

肌色が濃い人、色素沈着で黒くなっている人

基本的に脱毛サロンも医療脱毛も、どちらの機械も「黒いものに反応する」機械なので、肌がもともと黒かったり、色素沈着して黒ずんでいると使えません。施術を断られる場合がほとんどです。

リゼクリニックの場合、一般的に使われている「蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機」「熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機」のほか、「熱破壊式YAG(ヤグ)レーザー脱毛機」という機械を常備。

この熱破壊式YAGレーザーは、波長の長いレーザーであり、マイルドなレーザーが肌の奥まで届く仕組みを利用しており、色の濃い肌や、色素沈着した肌でも使える&脱毛効果が期待できます。

他で断られたひとも、リゼクリニックなら施術可能な場合があるので、カウンセリングで聞いてみることをおすすめします。

リゼクリニックが向いていない人

近所にリゼクリニックがない人

リゼクリニックの施術は、医療脱毛ですから、通うペースは2~3カ月に1度。でも、遠いと面倒ですし、そのたび交通費がかかると、負担になってしまいます。

5回コースがメインのリゼクリニックですが、実際にリゼクリニックのスタッフさんに聞いたところ「追加で2~3回するひとも多いです」とのこと。また、肌トラブルが起きて医師に無料診断してもらう場合や、「増毛化」したり「硬毛化」して、追加で無料施術を受けるとなった場合も、5回以上通うことになります。

5回以上通わないといけないことも考慮し、リゼクリニックまで遠くて通いづらい、交通費がすごくかかるという方は、やめておいたほうが無難です。

休みが取れない人、忙しい人

リゼクリニックはカウンセリング、施術、すべてにおいて「予約制」です。完全予約制なので、ヘアサロンのように「空いた時間にふらっと入って施術してもらう」ということができないのです。

リゼクリニックは、上記のとおり「キャンセル料はかからない=0円」ですが、「前日夜20時までにキャンセルできなかった場合は、1回消化扱い」となります。

消化とは「やっていない施術を『やったことにされる』」ことで、つまりは「1回分損をする」ことになります。忙しくてたびたびキャンセルしてしまうような方は、「やってもないのに契約回数5回終わっちゃった」となりかねませんので、契約は慎重にしましょう。

転勤・引越しが多い人

リゼクリニックは医院間の移動は自由です。たとえば横浜医院で契約して、渋谷医院に通うこともできますし、毎回違う医院で施術を受けることも可能。転勤・引越しを頻繁にするひとでも、越した先にリゼクリニックがあるのなら、解約せずに続けられるので、契約しても大丈夫です。

でも、残念ながらリゼクリニックは全国に多くありません。2018年6月現在、リゼクリニックは全国に18医院。東京、大阪、名古屋、広島、仙台、福岡などにありますが、全県に1医院ずつというわけではないので、転勤先・引越し先によっては「近くにリゼがない!」ということもあり得ます。

「転勤族だけどどうしてもリゼで脱毛したい!」という場合、リゼは契約コース5回を1年半~3年で通いきるひとがほとんどらしいので「転勤したばかりで、しばらく引越しはない」というタイミングで契約して、早めに通いきるようにするといいでしょう。

ちなみに契約途中で「解約」すると、解約手数料(上限50,000円)をとられて損をしますから、「引越すことになったら、解約すればいいや~」と安易に契約するのは、全くおすすめできません。

リゼクリニック向いてるひと・向かないひと:まとめ

これといって難点のないクリニックなので、万人向け、どんなひとも気軽に行けるのがリゼクリニックの最大の強みだと思います。

堅実な経営を心がけているのか、めたらやったら医院を増やさないリゼクリニック。それでも、開院当時は東京にしかなかったのに、数年で関西、他地域までじわじわ医院を増やしています。

医院がすこしずつ増えているのは、じわりじわりと人気が出ている証拠なのかもしれません。

その人気の理由は「安い」ということのほか「丁寧さ」「誠実さ」にもあると、実際に行ってみて感じました。丁寧&親切&アフターケアもしっかりしている脱毛クリニックを探しているという方、ぜひリゼクリニックに行ってみて欲しいです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。