30代女性、ライフスタイルによってファッションを見直そう

生活・行事・季節

30代女性のファッションコーディネートと言えば、ライフスタイルによって大きく変わります。

例えば平日はオフィスで働く女性、結婚して専業主婦の女性、また育児中の女性。

それぞれにファッションコーディネートもライフスタイルも変わります。でもどの女性にも共通するのが年齢。

30代と言えばアラサー、アラフォーと言われる年代。若いとは言い難いけれど老けた印象には見られたくないものですよね。また、体型も若い頃とは違いちょっとずつ太りやすくやせにくい体質にもなってきています。

特に見せたくない身体の部分も年齢によって変わってきますが、30代女性と言えば「太もも、二の腕」ではないでしょうか。

そこで、それぞれのライフスタイルで輝いている30代女性のファッションコーディネートについて、見せたくない部分を隠しつつ、老けて見えない年相応のコーディネートを見てみましょう。

オフィスで働く30代女性

オフィスで働く女性にとって、働きやすく、かつラフすぎない、また男性社員がいる場合目線を気にせず着られるファッションが理想的ではないでしょうか。

女性も多い職場ですと、年齢層によってもコーディネートを考えた方が無難ですし、かといって毎日同じファッション…という訳にも行きません。

そこでオフィスで働く30代女性におすすめのコーディネートとはどんなものでしょうか。

「二の腕」を隠せるフレアスリーブがおすすめ

フレアと言えば少し若いイメージもありますが、二の腕が気になる30代には絶好の隠しコーディネートです。

ノースリーブを着ると揺れる二の腕…。それをごまかすように、フレアスリーブは涼しい上にフレアスリーブ自体が揺れることで二の腕の揺れも見えませんし、着やせ効果もあります。

オフィスでもラフすぎず、女性らしさを残しつつも見せたくない部分はしっかり隠す…といった具合に、フレアスリーブは良いとこ取りをしてくれます。

上はスッキリ引き締め、下はワイドパンツでこなれ感

30代の女性、そろそろ細身のパンツを履くのも脚の太さが丸分かりでちょっと恥ずかしい…。かと言ってラフなジーンズやデニムもちょっと…。

という方にオススメなのがワイドパンツです。

ワイドパンツは窮屈なデニムのような締め付けもなく、素材も柔らかいものが多いため、座る作業が続くオフィスで働く女性にはうってつけです。

カジュアルに見えますが、素材次第でキレイめにも見えるワイドパンツ。上は短めのダボダボすぎないキレイめなトップスを着ればたちまち仕事が出来る女性に見えること間違いなしです。

30代子育て女性のファッションコーディネート

子育て世代でもある30代女性。子供を追いかけるのに綺麗な服なんて着てられない!という本音も確かに!と頷けますが、いつまでもTシャツとジーンズ、デニム、マタニティ体型から逃れられずチュニック…なんてのも考えもの。

そんな育児世代の女性も、お子様が集団生活に入るとママ友等と接する機会が多く、他のママ友のファッションに焦りを感じることも多くあるかと思います。

というわけで、30代子育て女性のファッションコーディネートとして、動きやすく、体型を隠しながらもお洒落に見える若々しく見えるコーディネートを見ていきましょう。

レース素材を取り入れて女性らしく

レース素材も一部分(例えば腕部分のみとか、肩部分のみとか)ですと、とても上品でエレガントなイメージになります。

ついつい子供を追いかけたりベビーカーを押したり…という労力がいる母親はラフなTシャツに逃げてしまいがちですが、ほんの一部分でも女性らしい部分があると、綺麗なママという印象があります。

オールインワンも使える

毎日のコーディネートは難しい…。そんな時、オールインワンのお洋服はいかがでしょうか。下がワイドパンツになっていて、さらっとした素材ならオールインワンでも若すぎず、色味もベージュやカーキ、またブラックなどの落ち着いた色を選ぶとこなれ感もでて上品に。

インナートップスとして無地のピタッとしたTシャツを着ればカジュアルスタイルに、オフショルダーを合わせるとちょっとアクティブなママに。30代は服装でエレガントにも、アクティブにもカジュアルにも見える年代なので、楽しみましょう!

チュニックはちょっと野暮ったい印象に…

30代、しかも出産すると、お腹も妊娠前になかなか戻らないし、食べなくてもなかなか痩せない…。そう実感している方も多いのではないでしょうか。

代謝が落ち始める30代も半ば、私も急に色々な体の変化に悩んでいます。

特に下半身のヒップ周りのお肉が気になるのです!ヒップが垂れ始めた…というのもありますが、全体的に太もも周りにもお肉が…。なので、ピタッとしたスキニーやスリムパンツを履くと、太もも辺りが気になるのです。

かといってそれを隠すのにチュニックを着るのもちょっと隠してる感が丸分かり。なのでなるべく短めのトップスにフレアなガウチョパンツを合わせたり、ジョガーパンツを合わせたり、どうしても骨盤周りが気になるのであれば、短めのトップスに、チェックのシャツを腰に巻くと今時のアクティブなイメージのあるママに見えます!

スニーカーだけでなく、ローヒールならバレエシューズもまだいける

独身時代は楽しんでいた靴のおしゃれ。私は特にヒールのあるブーツやサンダルも大好きで、よく履いていました。ですが子育てになかなかヒールって難しい。慣れていてもやっぱり「怖い」が先に出ます。自転車のペダルに引っかかって転倒しないかな…。脚をくじかないかな…。もし子供が道路に飛び出したら…なんて考えるととても怖くて勇気がでません。

なので基本私はローヒールのパンプスが多いです。パンプスでも少しラメが入っていたり、フラワーモチーフのものだったり、バレエシューズだったり…。

素足にフィットしていれば非常に楽で歩きやすいので、ちょっとお出かけ…の時様に数足持っておくとその時の雰囲気や気分で選べるので便利ですね。

アクセサリーはさりげなくでも大振りでも、何かをつけると気分も上がる

子育て真っ只なか、なかなかアクセサリーを身につける余裕もなかったのではないでしょうか。

私もピアスではなくイヤリングですし、誤飲になってはいけないのでまだ子供が小さいうちはアクセサリーを身につけることもありませんでした。

おむつを替えるのに指輪も邪魔ですし、ネックレスは引きちぎられる…。そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。

というわけで、話が大体わかるようになった幼稚園ころから、徐々にアクセサリーを身につけるようになりました。

30代のアクセサリー、周囲を見ていても実に様々。大振りのものを好む方、さりげない華奢なアクセサリーを好む方、またファッションで日々変える方。

また、私自身アクセサリーを手作りしているので、最近いただいたオーダーとしてはぶら下がり型の女性らしいアクセサリーのオーダーが多いです。

 

皆さんアクセサリーを一つ身につけるだけでも女性らしさが増し、テンションも上がるようです!

TPOでファッションを使い分けられると素敵!

30代女性で、特に育児中の方は、色々なシーンに出て行くこともあります。

例えば幼稚園や小学校の場合、参観や懇談があります。また、近場でもママ友同士のランチ会、義理の両親や親戚との集まり、同窓会…。

そんな時、TPOでファッションを使い分けられる女性はとても素敵だと同じ女性としても感じます。

例えばいつもと同じようなファッションでも、少しアウターをかっちりめに…とか、いつもはスニーカーだけどパンプスに…とか、髪型を変えてみたり…など、ちょっと手を加えただけだけどグッと印象が変わって

「あ、今日はちょっと気合いを入れて来たんだな!」と伝わります。女性同士のお出かけでも、相手の気合が入っていると、「楽しみにしててくれたんだな!」と伝わって嬉しくなります。

最もおしゃれ好きなママ友の紹介

ママ友のファッション、気になりますよね。でもそれこそ本当に多種多様。基本カジュアルなママ友が多いですが、カジュアルなママ友の中でもものすごくおしゃれ好きなママ友がいるのでちょっとしたエピソードをご紹介します。

日々テーマを決めたファッション

今日は大人しめ、今日は抜け感、今日は攻めた感じ…など、毎日テーマを決めてそこから服装をチョイスするそうです。

なので、日々感じが違っていたり、「今日どうしたの?」なんてこともしばしば。毎日靴も違うしコートも違うし、同じことをしたくても我が家は金銭的に出来ませんが、それが趣味でそれがないと魂が抜けた状態になる友人。自分はできませんが、いつも目を楽しませてくれますし、勉強になります。

服の購入に値段は関係ない!

一緒に買い物に行くと、ちょっと欲しい服でも万単位になると諦めるというもの。私なら3000円でビビります。

しかしおしゃれ大好き友人は、万単位でも似合っていてコーディネートも頭に浮かべばGOサインを出します。

でもいくら可愛くて安くても、「着る機会がないかもしれない…」「合わせる服が思い浮かばない…」となると鏡の前で1時間悩む…という懲りよう。

もう買っちゃえば…と正直思うのですが、「服選びは値段じゃない!」という信念の元、ずっと悩み続ける友人…。一旦気持ちを切り替えるのにその場から離れても、急に口数が減ってずっとコーディネートが頭から離れないそうです。

雨の日は傘もファッションの一部

雨の日なんて、濡れてもいい服…くらいにしかこだわりのない私。傘も一本同じものをずっと使っていますし、服も傘も柄ものであろうが全く気になりません。

ですが、おしゃれ大好き友人は、傘もファッションの一部。傘とレインシューズのカラーを合わせ、ついでにリップのカラーも合わせてくるという徹底ぶり。もうお手上げです。

こんなにもファッションをこよなく愛し、変わらずこだわり続ける友人とこれまで出会ったことがないのですが、勉強にもなりますし、素敵だな~と思います。

最後に

ここまでライフスタイルによって変わる30代女性のファッションについて見てきました。このままではおばちゃんにまっしぐら…と思っている方も多いでしょうし、まだまだ私はこだわりをもったファッションをしているわ、という方もいらっしゃると思います。

でも30代ってまだまだ色々なファッションを楽しめる年代かと思います。
限りなく20代に近い30代、40代に近い30代、たった10年でこんなにも身体や気持ちの変化があるのか…と思うほどに30代女性といっても本当にそれぞれです。

金銭的な面でも色々なファッションを楽しむ!というのはなかなか難しいかもしれませんが、自分らしいファッションを今一度見直して新しい自分を発見するのも良いかもしれませんね。

テキストのコピーはできません。