セントラルウェルネスのスイミング&体操クラブを選んだ理由

うちの子、小さいころはほぼ毎月(ひどいときは2週間おきに)風邪をひいたり嘔吐したり、高熱出して点滴を毎日受けに行ったり、胃腸風邪をこじらせて入院したり、とにかく病気をする子でした。

それゆえ、ちいさいころは「習いごとをさせても、行けなくて損ばかりしそう」と思い、なかなか習いごとに踏み切ることができませんでした。幼稚園の年中さんになり、そろそろなにか行かせてみようかな…と思って、選んだのが「スイミング」でした。

なぜスイミングを選んだか?理由は、プール参観のとき、顔もまともにつけられず、浮くこともできず、ひたすら目をつむって水をばしゃばしゃするだけの我が子に危機感を覚えたからです。

「このままじゃこの子、いつか溺れる。授業だけでは到底間に合わないほどヤバい。なんとかしなきゃ」ちょうどそのとき、短期集中コースで体験者を募集していたのが、セントラルウェルネスだったのです。

セントラルウェルネスとは?

セントラルウェルネスは、全国200カ所以上あるスポーツクラブです。北海道から九州まで展開しているようです。(ただし2017年7月現在、四国と沖縄地方にはまだ店舗がないようです)

セントラルウェルネスは大人用のフィットネスやプールがメインですが、ほとんどの店舗で子供用の教室も開かれています。

大人の場合、月謝制で、月会費を支払えば自分の好きなタイミングで何度でもトレーニングに行くことができます。子供の教室も月謝制ですが、時間やコースが決められていて、決まった曜日、日時に行くのが原則です。

店舗によって「体操教室のみ、プールはなし」というところもあるので、スイミングで通いたいという方は、プールがあるかどうか確認してから行くようにしましょう。

セントラルウェルネスでは、大人はヨガやダンス、子供はスイミング、体操のほか、キッズダンスや空手など、さまざまなスポーツをプロのインストラクターから学ぶことができます。親子割引もあるため、運動好きなご家族は親子で通っていることも多いようです。

セントラルウェルネスを選んだ理由

我が家がセントラルウェルネスを選んだ理由、それは「休んだ場合、他の日に振り替えができる」という点。うちの子は先述のとおりよく体調を崩します。せっかく習いごとをはじめたとしても、休んでばかりではなんの意味もない、それが習いごとをさせるときのネックになっていました。

「どうしようかなぁ」と悩んでいる折、ちょうどセントラルウェルネスに通っている家族に話を聞くことができたのです。

・セントラルウェルネスは、休んだ場合、休んだ当月と翌月まで振り替えができる

・月4回コースだったら、2回まで振り替え可能(週2回=月8回コースなら、月4回まで振り替え可能)

・後ろ倒しもできるし、前倒しの振り替えもできるから、旅行や幼稚園行事など、予定が分かっているときは前倒ししておくといい

これらのことを教えてもらいました。

たとえば4月に2回休んだとしても、5月末まで振りかえるチャンスがある、これはとても助かります。しかもセントラルウェルネスは、毎日キッズコースが開催されているので、振り替えの選択肢が多いというのも魅力的。

定員に空きさえあればいつでも振り替えができるシステム、病気しがちなうちの子にとって、こんな心強いことはありません!

さらに友達は「短期講習に参加して、そのまま入会すれば、水着とか帽子とか、バッグとかタダでもらえるよ!」と教えてくれました。ふつうに買うと数千円するものがタダになる、ドケチな私は「タダ」という言葉に弱いのです。

さっそく公式サイトから短期講習を申し込み、子供とともに行ってみることにしました。

短期講習でお試し安心!

我が家は夏休みの短期講習に参加しました。セントラルウェルネスの短期講習は、会員以外の子どもを集めたものなので、通常通っている子は参加しません。ほぼ初心者ばかりが来るので、コーチも難しいことを要求しませんし、子供たちは遊び感覚で楽しく水に入っていました。

短期講習は少人数制で、1クラス10人ほど、コーチは2人ついていましたし、プールサイドには巡回しているスタッフさんが2人ほどいました。

泣いている子や、水に顔もつけられない子も多かったですが(うちの子ももちろんつけられない組です…)、丁寧にひとりひとり指導してくれて、泣いている子はほぼつきっきりで面倒を見てくれていたので、みんな最後には慣れて楽しく水遊びをしていたように思います。

親はガラス越しに見学することができ、子どもの様子やコーチの指導を最初から最後まで見ることができました。丁寧で無理のない指導に、「ここなら大丈夫そう」と安心することができました。

ちなみに我が家は、2日間連続の講習に参加で、費用は2,160円でした。申し込みが早ければ早期割引などもあります。定員に達すると受付終了になってしまうようなので「やってみようかな?」「興味あるな」と思った方は、早めのお申し込みをおすすめします。

我が家はもう入会することを決めていたので、短期講習の最終日に入会手続きをしました。事前にお友達に教えてもらった通り、短期講習中に契約したことで、スイミングに通うために必要なバッグや水着はすべて無料になりました。

短期講習に参加したら、入会必須?

「短期講習に行ったら、絶対入会しないといけないの?」とご不安な方、そんなことは全然ありませんのでご安心ください。

実際、見学しているとスタッフの方が「入会されますか?」と、見ている親御さん全員に聞いてまわっていましたが、なかには「今回はやめときます」「家に帰って、子供と相談してきます」と答えている方もたくさんいましたし、むしろ入会したのは10人くらい居たなかで我が家ともうひと組の家族だけだったように思います。

「入会しません」といっても、ごり押しで勧誘されるようなことは全然なく「ではまたお願いしますね」「よかったらチラシだけでもどうぞ」という程度だったので、身構える必要はありません。

スタッフの方はどなたも物腰穏やかで、話やすいひとばかりでしたし、実際に通い始めてからも丁寧に対応してもらえているので、ぜひ気軽に体験講習に行ってみてください。

セントラルウェルネス、通い続けた感想

セントラルウェルネスに通い続けてもう1年以上経ちます。通い始めたころは風邪などを引いて、よく振り替え対応してもらっていました。振り替え依頼の電話をすれば、すぐに空きを調べてその場で振り替え予約ができました。

ときどき「すみません、この日時は定員に達してしまっていて…」ということもありましたが、ほかの日時で空きさえあればすぐに振り替えてもらえていましたし「今日行きたいんですけど、空いてますか?」と数時間後の予約にも嫌な顔ひとつせず、てきぱき対応してもらえました。

泳力はというと、最初は全然顔もつけられなかった子どもが、わずか1年弱で「けのび」ができるようになりました!壁を蹴ってすいーっと泳ぐ姿に感動です!コーチがひとりひとりにあった指導をしてくれているおかげかと思います。

ときどきコーチが変わったりもしますが、どのコーチも丁寧で楽しい指導をしてくれるので、「遊び感覚で学びたい!」「楽しく通いたい!」というお子さんにセントラルウェルネスはおすすめです。

セントラルウェルネスで、体操も始めました!


うちの子は、スイミングをはじめた3カ月後に、セントラルウェルネスの体操教室にも入りました(こちらも体験を経て入ったので、体操着一式が無料になりました)。

体操も苦手な子だったので、最初は体操教室の隅っこでいじいじしていましたが、女性のコーチが優しくさそって、「できることからやってみよう!」と、子供が好きそうなことから少しずつ慣らしてくださったおかげで、いまでは楽しく体操をするようになりました。

でんぐり返りすらまともにできなかった子が、わずか5カ月ほどで前転、後転、さかだち、てつぼうの前まわりまでできるようになったのには驚きです。幼稚園ではここまで丁寧に指導してもらえなかったので、できるようになったのはほぼセントラルウェルネスのおかげと思っています。

セントラルウェルネスの指導は甘め?

我が家はセントラルウェルネスに対して不満はまったくありません。ただ、先述の、セントラルウェルネスに通っていた私の友達は、私たちが入ってすぐにセントラルウェルネスをやめてしまいました。理由は「コーチの指導が甘いから」だそうです。

友達の子は、めちゃくちゃ泳ぐのが上手なので、セントラルウェルネスのゆるめの指導では物足りなくなってしまったそうです。近所にある厳しい指導で有名なスイミングへと移って、バリバリ泳いでいるそうです(まだ小学1年生なのにクロールで25m泳げるそうです、すごい!)

その数日後、偶然幼稚園のママ友に、セントラルウェルネス内で会いました。

そのママ友は上のお兄ちゃん(小学5年生)を連れてセントラルウェルネスのスイミングにきていたのですが…、聞けば「あっちのスイミング(先述の友達が移って行った厳しめのスイミング)ではまったく泳ぎがうまくならなかったのに、こっち(セントラル)に移ってきたとたん、25メートル泳げるようになったの」と、厳しめスイミングよりセントラルのほうがいいという評価をしていたのです。

「ひとによって感じ方が全然ちがうんだな~!」と思った一件でした。総合的に考えると、セントラルウェルネスのスイミング指導は甘めで、まだ水慣れしていない子や、泳ぐのが苦手な子にとっては、丁寧でとても良い指導なんだと思います。

セントラルウェルネスで実際に泳いでいる子を見ても、ほとんどが幼稚園児~小学校低学年の子ばかりで、大きな子(コースが上の子)になるにつれて少なくなっているように思います。

高学年になって忙しくなりスイミングを辞めてしまう子もいれば、ほかのスイミングスクールに移る子もいるのかも知れません。

「スイミング教室」とひとくちに言っても、合う合わないありますから、まずは体験に行ってみてから本契約をするのが良さそうですね。

以上、セントラルウェルネスに通ってみた感想でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。