少食だけどコストコが好き、そんな私が厳選したコストコ食材

コストコといえば、ジャンボサイズなあれこれがたくさん売っているイメージで、少食で好き嫌いが多い我が家にはとても消費できそうにないと諦めていましたが、興味はあったので、1度は行ってみたいと思っていました。

そこへ舞い込んできたのは、ママ友の知り合いがコストコで働いているという情報です。そしてもちろん会員カードをお持ち&お車を所有されているので、いつでも連れて行ってあげるよー!と声をかけていただきました。

しかし、私は自分から連れて行ってー!とは言えないので、ママ友が行く時に、同行させてもらえることになりました。

コストコ初体験驚いた事

コストコは食材だけじゃない

まず驚いたのは、コストコって食材だけではないという事です。衣料品やらサンダルやらも豊富にあり、アウトドア商品などは大きな家族プールやテントが天井から吊るされていて大きさを体感できますし、また電化製品も豊富なので、じっくり見ることができます。

ラップやトイレットペーパーキッチンペーパーなども大量にはいっているので、必ず使うものに関しては買って損はないと思います。

試食が多い

コストコ通のママ友曰く、コストコの試食は絶対だそうです。そして試食で驚いたのは、試食は子連れだと大人が取らないと試食できないというところです。

アレルギーやら火傷等の責任を負えないからという理由のようですが、なるほどという感じで、少々面倒な所もありましたが、子供は試食が大好きなので、初めてのコストコでは、たくさん試食させてあげました。

そしてこの試食で買ってしまったものも結構あります。何せ試食は目の前で焼いた出来立てアツアツを出してくれますし、フルーツに関してもむきたてを随時用意してくれます。野菜などはシンプルにバター醤油等で炒めてくれるのですが、本当に美味しくて、ついつい買ってしまいたくなります。

レジが終わったらフードコートはお決まり

もうこんなに買ってしまったし、(量が多いのでやはり金額的には1万超えるは当然)もう帰ろう・・・と思いきや、フードコートの人だかり、ピザやホットドッグを買い求めている方が多くいらっしゃいましたが、なんとホットドッグはドリンクバーとセットで180円というお安さ。

しかもソーセージが太くてジューシー!これはお家で食べるホットドッグではありません。しかもトッピングも乗せ放題なので食べないと絶対損です。ここで広い店内を歩き回ってくたくたな足を休め、お腹を満たせられればそれだけで来て良かったと思えてしまう不思議な空間です。

私の厳選したコストコ食材

日用品は、例えばジップロックなども箱買いしなければならないので、狭い我が家、あまり利用しませんが、食材はやっぱり魅力的です。特に精肉などは量がかなり多いのですが一緒にいった友達2人とシェアすると、少なくとも少食の我が家(四人家族)で10回分の料理に相当するほどのお肉が買えます。

もちろん小分けにして冷凍保存する事が必要ですが、我が家はお肉を冷凍するのはあまり好きではなく、また味付けされたお肉(大人気のプルコギ等)は小分けにしても味付けに飽きてしまうのか3回くらい食卓に出すと手をつけないので、美味しいですが見送ります。

さて、そんな中で我が家が厳選したコストコ食材をご紹介します。

左上から「やわらか焼きいか」、「骨なしフライドチキン」「かねふく辛子明太ばらこ」「冷凍生えび尾なし」です。これらは常備したい食材です。どれもかなり量はありますが、一回一回購入するよりお得ですし、料理の手間が省けます。お弁当にも使えますし一石二鳥です。

次ではこれらの食材の調理法や、美味しい食べ方について書きたいと思います。

やわらか焼きいか

この商品は既に味がついているので、焼くだけ十分美味しいのですが、私がお友達すすめてももらった食べ方としては、バターとにんにくで軽く炒めるという調理法です。こちらは間違いなく美味しいですが、ここに醤油もさいごに垂らすとさらにお酒のあてになります。

また、アルミホイルで「焼いか、エリンギ、パプリカ、玉ねぎ」と、少量のバター醤油とにんにくを入れて蒸し焼きにして食べると、BBQなどではお肉ばかりで飽きた時に最高の1品になります。

骨なしフライドチキン

この「骨なしフライドチキン」は、とってもジューシーで柔らかな胸肉を使用しているので、子供でも食べやすくおやつにもなってしまいます。少しスパイスが効いていますが、それほどきつくありません。

購入時は冷蔵で、未開封の間は冷蔵保存ですが、開封後は冷凍保存に切り替えられます。なので、お弁当に困った時は大活躍の一品です。こちらはもちろんそのままで十分味がついているので美味しいですが、私はバンズにレタスや少量のマヨネーズとチキンを挟んで食べるのも大好きで、子供達にもよく出します。

軽くバンズとチキンをトースターで焼いてから挟んであげるからと両方がカリカリになるので食が進みます。

かねふく辛子明太ばらこ

こちらは私が本当に大好きな食材です。とにかく明太子が好きなのですが、お店で売られているのは、どれもたらこが一腹か二腹がとりあえずパックになっているものですが、こちらの明太子は1つ1つ個包装になっています!

これだけで感動なのですが、さらに冷凍保存が出来るので、食べたい時に使えるのです。しかも解凍する時も、袋のまま真水でしばらく揉みほぐすだけで30秒もあればすぐに食べられます。無駄なく食べられるのが嬉しいです。

私はこの明太子を、ごはんに乗せるのはもちろんですが、辛いものを食べる気分でないときはマヨネーズで少し和えてからごはんに乗せます。するとまろやかになるので子供でも食べられます。

食パンやフランスパンに、マヨネーズで和えたこの明太子を乗せて焼くと、明太フランスになって、おやつになります。きゅうりにつけてもサラダに和えても使えますし、お料理にも使えます。

我が家では、鶏の胸肉をお酒と塩で下味をつけてからフライパンで蓋をして蒸し、火が通る直前にとろけるチーズを置き、こちらの明太子を上に絞り、肉に火が通るまでさらに蒸すと、美味しいメインが一品出来上がります。チーズが辛子明太子の辛さをマイルドにしてくれるので、子供たちもよく食べます。

冷凍生えび尾なし

こちらは尾がなく、また背わたもないので、非常に料理がしやすいです。しかも大きさもあるので、プリット歯ごたえも良く、エビチリや、エビマヨ、カレーなどにもよく使います。

908gと記載があるので、かなりの量が入っていて、少食の我が家には多いかなとは思いますが、案外エビは量を使うので、これくらいあっても問題なく使用しています。また、海老の加熱した際の赤みが、お弁当には映えるので、海老ブロッコリーを中華味で炒めたものをよくお弁当に入れます。

かに玉ならぬ海老玉も海老をふんだんに入れてつくると、子供達は海老ばかり探して食べています。味もよく、歯ごたえのあるので、量を使うと豪華に見えるのも嬉しい所です。

また、これらの食材以外にも、近日中に食べる惣菜てきなもので、ピザやアヒージョも試しました。ピザは家族にも評判がよく、あまりに大きいので小分けにカットして冷凍保存していましたが、すぐになくなりました。

アヒージョは量が多く、家族の中で食べるのが私だけなので、期限内に食べきれませんでした。さらに半惣菜で、食べる前に火も通し直さなければならず、貝類やパプリカなども入っていたので、冷凍にも不向きなので廃棄してしまいました。

シェアも難しいですし、ホームパーティなどがある場合の時に購入することをおすすめします。

最後に、少食でも食材を選べば十分楽しめるコストコ

ここまで、私がコストコで厳選した食材とそのおすすめレシピを紹介しましたが、実は私、コストコは本当に最近デビューしたばかりです。なので本当に有名なもので、なおかつロングセラーなもの、そして少食で好き嫌いが激しい家族でもしっかり期限内で食べられる食材のみを紹介していると思います。

おそらくこれからまたコストコに行くにつれて画期的で我が家にぴったりな食材が見つかるかと思いますが、まずはおすすめを教えてもらうことが一番手っ取り早い方法です。

価格や量を検討して、シェアできるお友達と試してみてから買うのもありですし、ただただ友達を信じて興味で買ってみるのも人それぞれです。また、飲料なども箱買いできたり、酒類も種類が豊富ですし、まだまだ開拓できていないのですが、日用品もほとんどが揃いそうです。

少食なご家族であれば、そちらをメインに回るのもありかと思います。色々な家庭事情の中で、様々な使い方ができるコストコなので、躊躇されている方も、是非お近くに会員カードをお持ちの方がいらっしゃれば一緒に行ってみることをおすすめします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。