「よくばりパス」で60分間遊びまくってきました!モーリーファンタジーのゲームセンターを紹介

株式会社イオンファンタジーが経営している室内遊び場「モーリーファンタジー」。
室内遊戯施設のほか、乗り物系、遊び系、クレーン系、メダル系などが揃ったゲームセンターがあります。

今回は、ゲームセンターで使える「遊び放題」パスポート、その名も「よくばりパス」のご紹介。
かなりオトクに遊べたので、ぜひ使ってみてください!

「よくばりパス」のシステム

よくばりパスは、モーリーファンタジー内のゲーム機、乗り物、クレーンゲーム、メダルゲームを自由に使えるパスポートです。
よくばりパスは2種類。30分間遊び放題のものと、60分間遊び放題のものがあります。
30分パスは500円、60分パスは1,000円です。

基本的に、どちらのパスも乗り物系、ゲーム系は遊び放題。

クレーンゲームは、30分遊び放題パスなら200円分、60分遊び放題のパスなら500円分遊ぶことができます。

メダルは、30分遊び放題のパスは30枚、60分遊び放題のパスは100枚ついてきます。

ゲーム系、乗り物系、クレーン系はパスの指定時間内のみ使用できます。
メダルは、パスの使用時間が過ぎたあとでも使えるので、まずは時間内にできるものを遊んだあと、時間終了後にメダルで遊ぶようにすると効率的に遊べます。

「よくばりパス」購入の流れ

よくばりパスの購入方法はとても簡単。
ゲームセンターの受付で、パスを選んでお金を払います。パスといっしょに「○時○分」と、終了時刻が書かれたレシートも渡されます。このレシート、メダル引き換え時に必要になりますので、捨てずに必ず持っておきましょう。

パスをもらったら、あとは遊び放題!
パスのマークがついているゲーム機を探して、パスをかざすだけで、お金をいれなくてもゲームが動き始めます。

回数制限のあるクレーンゲームは、回数上限に達したら、パスをかざしても動かない状態になるので、使いすぎる心配がありません。
パスは首にさげられるようになっているので、ある程度大きいお子様なら、自分で持って好きに回ることもできます。

「よくばりパス」は終了時刻のアナウンスがありません。レシートの終了時刻を確認して、終わったらパスを受付に返しにいきましょう。

「よくばりパス」は何人でも遊べる!

子供ひとりに1枚パスが必要…というわけではなく、1枚のパスを同時に2台のゲームで使うこともできます。ですから、お子さん2人いる場合でも、パスは1枚で大丈夫です。

たとえばマリオカートにお兄ちゃんを乗せてパスをかざし動かし、横にあるクレーンゲームにパスをかざし、弟を遊ばせる…という同時進行の遊び方もできます。

マリオカートや太鼓の達人、ルイージマンション、エアホッケーなど、ふたりで遊ぶ系のゲームには「よくばりパス 2人プレイ用」のカードリーダーが設置されているので、そこにパスをかざせば二人で遊ぶことができます。2人プレイでも、追加料金はなし!

パスさえ買えば何人でも遊べるので、兄弟が多かったり、お友達といっしょに来ている場合、親子で一緒にプレイしたい場合なども、オトクに遊ぶことができます。

「よくばりパス」で実際に遊んでみた!

60分間遊べるパス(1,000円)を買って、実際に遊んでみました。
どれくらい遊べたかと言うと…

・マリオカート×3回=300円
・エアホッケー×2回=200円
・乗り物系×7回=700円
・二人プレイゲーム×2回=400円
・太鼓の達人×4回=400円
・クレーンゲーム×5回=500円
合計 2,500円分

これプラス、メダル100枚もらえたので、3,000円分以上遊ぶことができました。

メダル100枚、うちの子(小学生男児)は、じゃんけんゲームなどをして40分くらいで使い切りました。パス60分+メダル40分、トータル100分遊べて1,000円ですから、コスパもかなり良いのではないでしょうか。

行ったのはゴールデンウィーク初日。
午前中とは言えそこそこ人のいる時間帯でしたが、これだけ遊ぶことができて大変満足です。

「混んでるし、あまり元取れないかも?」と不安でしたが、1つのゲームや乗り物にそんなに時間がかからないので回転率がよく、他の家族も「いろんなものを効率よく回ろう!」とさくさく回っていたので、待つことなくやりたいゲームは全部網羅できました。

ただ、午後は結構混んできていたので、よくばりパスを使うなら平日か、休日の午前中をおすすめします。

「よくばりパス」を使うときの注意

途中で抜けると損!

よくばりパスは30分、60分と時間が決まっています。途中、トイレや飲食でゲームセンターを離れたとしても、カウントストップはされません。
長い間ゲームセンターを離れてしまうと、そのぶん遊べず損をするので、パスを買う前にトイレには行っておくようにしましょう。

1~3歳児は500円パスのほうがいいかも?

モーリーファンタジーに設置されているゲーム機は、どちらかというと幼稚園児以上向け。乳幼児が遊べるものは少ないので、1~3歳くらいのお子さんの場合、60分遊び放題(1,000円)のよくばりパスを買っても十分遊べないかも…。

1~3歳児で、ちょっと遊べればいいという方なら、30分間遊び放題パス(500円)のほうがおすすめです。
乗り物に乗って、ボールを投げる簡単なゲームをして、お菓子を取るクレーンゲームをして、メダルでちょっと遊んで…これで500円なら、小さいお子さんも満足できるでしょうし、親御さんも納得できる価格ではないでしょうか。

「よくばりパス」使ったひとの感想

やはり「オトク!」と感じている方が多いようです。
ママが買い物中、パパと子供は「よくばりパス」で遊ぶという方法なら、ママも「30分は確実に買い物できる!」「1時間あるからあそこいって、ここいって…」と予定も立てやすいようです。

「よくばりパス」は割引クーポン配布中!

モーリーファンタジーよくばりパス公式サイト
http://www.fantasy.co.jp/yokubaripass/coupon/index.html
では、2018年5月現在、100円オフになるクーポンが配布されています。
60分間パスにのみ使えるクーポンです。オトクに「よくばりパス」を試してみたい方、ぜひクーポンを持ってモーリーファンタジーへ行ってみてください。

「よくばりパス」が使えない機械もある!

モーリーファンタジー内にあるゲーム機には、よくばりパスが使えないものもあります。
アイカツスターズやスーパードラゴンボールヒーローズといったカードゲーム機、プリクラ系、ポップコーンマシーン、サイクルモノレール、撃墜王、ディズニーツムツムなどの体感系、これらはよくばりパスが使えません。

使えるか使えないかは「よくばりパス」のバーコードリーダーがあるかどうかで分かります。「これをやりたくてよくばりパスを買ったのに…」とならないように、遊びたいゲーム機にバーコードリーダーがあるかどうか確認してから、パスを購入するようにしましょう。

「よくばりパス」:まとめ

室内で遊べる「よくばりパス」。梅雨の時期や、夏、暑い時なんかに重宝しそうですね。

ちなみに「よくばりパス」は2018年5月現在、年齢制限がないので、学生さんや大人でも購入することができます。500円パスなら、小学生がお小遣いで買うこともできますね。モーリーファンタジーはメダルを貯めておけるシステムもあるので、よくばりパスでもらったメダルを増やして貯めれば、以後タダで遊べるかも!?

2018年5月現在、「よくばりパス」が使える店舗は、全国205店舗に拡大中。
普段は「こんなものに100円…」「ひとつやらせたら、もっともっとってうるさいから」と避けて通りがちなゲームセーンター。遊び放題なら、子供はもちろん親も気兼ねなくたくさん遊べるのではないでしょうか。

エアホッケーや太鼓の達人、マリオカートなど、親子でできるゲームもあります。童心にかえって、お子さんと一緒に楽しむチャンスかも?
オトクな「よくばりパス」を利用して、ぜひゲームセンターで遊んでみてください!