大河ドラマ「西郷どん」 | 第十五回「殿の死」ネタバレ

あらすじ

将軍職に就く決意をした一橋慶喜(後の第十五代将軍・徳川慶喜)

主人公・西郷吉之助(後の西郷隆盛)は朝廷より「年長」の者が跡継ぎになるべきという詔をもらい、つまりもう一人の幼い将軍候補者・徳川慶福ではなく、慶喜を示しているのだと橋本佐内たちと喜びを分かち合います。

しかし江戸城大奥では、篤姫とすっかり夫婦として仲睦まじく過ごしていた第十三代将軍・徳川家定が突然の病に倒れます。

これを好機ととらえた老中・井伊直弼は、病に伏している状況を利用して、政治の全てを一任されたと大老職に就き、次期将軍を慶喜ではなく自らが推す徳川慶福と通達してしまいます。

家定は次期将軍には慶喜を指名していたと篤姫は声を荒げますが、元々大奥では慶喜の後継は望まれていなかったため、覆ることはありませんでした。その上朝廷よりの勅許に書かれていた「年長」の文字が消されてしまい、慶喜の次期将軍擁立はほぼ不可能となってしまったのです。

家定はそのまま回復することなく死去し、篤姫の2年に満たない結婚生活は終わりを迎えました。

一橋慶喜を擁立する一橋派の敗北に、吉之助は急ぎ薩摩の、薩摩藩主・島津斉彬の元へ戻ります。しかし万策の尽きた斉彬は、その場で吉之助の側近としての役目を解いてしまうのです。

失意の吉之助の元を、幼馴染の大久保正助(後の大久保利通)が訪れます。

一つや二つの策が破れたからと言っておめおめと引き下がるような性格ではないだろう、と幼馴染らしい励まし方に、吉之助は立ち上がります。

翌朝、吉之助は家臣たちに取り押さえられながらも、斉彬に目通りを願います。出て来た斉彬に、吉之助は挙兵を促すのです。それは決して戦うためではなく、詔の訂正と幕府への改革を迫るという計画でした。

薩摩藩が強さと覚悟を持って立ち上がれば、井伊の独裁に不満を持つ諸藩も従うはずだという吉之助の言葉に、「あのやっせんぼに言われて腹が決まるとは」と斉彬は吉之助を褒め称えます。

斉彬の命令で、吉之助は諸藩に挙兵の旨を告げながら再度京都へ戻ります。京都にて戦支度を始めました。しかし軍隊を進行させようとしている斉彬は、突如病に倒れ、吉之助へ思いを託しながら死亡してしまいました。

家定の死

篤姫とほのぼのした夫婦関係をここ3話ほど繰り広げていた家定が突然亡くなってしまいました…

家定は前述した通り、徳川幕府の第十三代将軍です。

父親である第十二代将軍・徳川家慶は27人の子どもがいましたが、成人したのは家定ただ一人です。その上篤姫の前に妻を二人亡くしているともなると、「死なない」ことに執着するのも仕方ないと思える描写ですね。

元より病弱であったこと、正室を二人亡くしていることから、後継者問題はすぐに浮上したと言われています。斉彬や阿部正弘などの推す一橋慶喜か、井伊直弼などの推す徳川慶福か、というシーンはドラマの中でも描かれていました。

推される人たちが推されるだけの聡明さを描かれてなかったのが少々残念ですが…

しかしながら家定の暮らしている大奥としては、家定の実子が跡継ぎになってくれれば一番良いわけで、そこで白羽の矢が立ったのが篤姫です。

家定の祖父にあたる第十一代将軍・徳川家斉は男女合わせて53人の子供を授かる子沢山で、斉彬の正室広大院は、二代将軍秀忠の正室お江以来、正室として将軍の男子を産んだ、家定にしてみればあやかりたい存在であり、広大院が薩摩の姫であったことから篤姫の輿入れの話が上がった…という説が、後継者問題に絡めた輿入れよりも最近では有能でないかと言われています。

劇中、最後に斉彬も死去してしまい、篤姫は輿入れ前にも実父を亡くし、この年は夫と義父を立て続けに亡くしたことになります。どこまでも不憫な方ですが、子どものいない薩摩出身の彼女は今後の大奥の立場もなかなかに苦しいものとなります「西郷どん」で描くかどうかは分かりませんが…

次週「斉彬の遺言」

斉彬の死によって薩摩藩の勢力は衰えてしまうのでしょうか。
吉之助や篤姫や、後継者から外れてしまった慶喜の立場は。

恐らく来週は安政の大獄が始まるかと思われますので、橋本佐内は退場ですね…来週も目を離すことが出来ません。