ミスタードーナツ|子連れでの利用がオトク!?

「♪いいことあるぞ ミスタードーナツ♪」でおなじみの「ミスタードーナツ」、みなさんは食べていますか?

私は社会人の頃から、かなりの頻度でお世話になっています。

仕事帰りの疲れた身体に、コーヒー(私はカフェオレ派でしたが)とドーナツで一息つきつつ同僚たちとおしゃべりするのは、当時の一番のストレス発散方法でした。

当時は、ミスタードーナツの店舗で期限付きの回数無制限のパスポートがあり、ドリンク+ドーナツ1個が300円で食べられたので(しかも、カフェオレはおかわり自由)、300円で何時間も居座り続ける迷惑な客となっていました。

結婚退職し、引っ越ししてからはあまりお世話になることはなかったのですが、子どもができてからは、子どもとお散歩がてら街に出て、子どもが頑張って歩いたご褒美にと、ミスタードーナツでおやつをするなど、また少しずつ利用する機会が増えてきました。

ミスタードーナツ、子ども連れの場合は特に、利用の仕方によってはかなりお得にお茶ができるんです。今回は、そんなオトクなミスタードーナツの利用方法についてご紹介したいと思います。

オトクに食べよう!「キッズセット」

子ども連れでミスタードーナツを利用する場合に外せないのが「キッズセット」です。

「キッズセット」には、390円(税込)で購入できる3種類のセットと530円(税込)で購入できる1種類の計4種類のセットがあります。(2018年3月現在)

<390円で購入できるセット>
・「キッズAセット」…好きなドーナツ2個(税込200円以下の商品が対象)+キッズドリンク1杯+グッズ1個
・「キッズBセット」…好きなドーナツ・パイ・トースト・マフィン1個(税込201円以上270円以下の商品が対象)+キッズドリンク1杯+グッズ1個
・「キッズ汁そばセット」…汁そば+キッズドリンク1杯+グッズ1個(店内飲食のみ)

<530円で購入できるセット>
・「ふかふか焼きドーナッツセット」…ふかふか焼きドーナッツ プレーン1袋(2個入り)+グッズ1個
飲み物こそ、キッズドリンクなのでサイズは小さく、選べる種類もジュース類かミルク、アイスウーロンティくらいになり、コーヒーや紅茶などは選べないのですが、「キッズAセット」の場合はドーナツが200円(税込)以下から選べるというのが嬉しいところですね。

たとえば、期間限定ドーナツなんかは税込で190円台の商品が出ることがよくあります。これらのちょっとお高めのドーナツばかりを2個選んでもいいわけです。

そうなると、ドーナツだけで380円強になるので、それだけで十分元が取れているのに、これにドリンク&グッズが付くなんて、かなりオトクだと思いませんか?

「キッズ汁そばセット」も、汁そばが334円(税込)なので、それにドリンクが付くことを考えると少しオトク感はあります。

逆に、「キッズBセット」は201~270円(税込)のドーナツ・パイ・トーストなどが選べますが、こちらはAセットや汁そばセットに比べるとオトク感はないような気がします。

「ふかふか焼きドーナッツセット」も、ふかふか焼きドーナッツが432円(税込)であることを考えると、オトク感はありません。

でも、ふかふか焼きドーナッツは、「アレルギー特定原材料7品目を一切使用していない米粉を使用したドーナツ」ということで、アレルギーが気になるお子さんがお店でアレルギーを気にせず食べられるというのはありがたいのではないでしょうか。ただ、冷凍商品になり、常温約2時間で解凍されるため、店内で食べる場合は、2時間以上前にあらかじめ予約しておく必要があるそうです。

まあそんなわけで、最近は子どもとミスタードーナツに行ったときには、もっぱら「キッズAセット」で子どもとドーナツを仲良く1個ずつ分けっこして食べています。

4歳のおねえちゃんと行ったときにはジュースはおねえちゃんがしっかり飲みますが、1歳の娘と行ったときには、まだあまりジュースは飲ませていないので、子どもには手持ちの麦茶を飲ませて、大人がちゃっかりキッズドリンクを飲んだりもしています。

最近よく行くミスタードーナツは、ショッピングモール内のフードコートにあるので、ママ友さんとお出掛けして、ちょっとお茶でも……と思ったときに、自分と子どもの分を合わせてワンコイン内で、しかもドーナツというお腹にたまるおやつまで食べられるのは、なかなか魅力的です。

しかもフードコート内なので長居もできるし、ケチろうと思えば、子どもにキッズドリンクを飲ませて、親はお水ですませちゃうとかもできますしね! 利用頻度はかなり高めになっています。

「キッズセット」はグッズも魅力的!

基本的にはコスパで選びがちな「キッズセット」ですが、たまに、そのオマケのグッズに魅かれて購入することもあります。

たとえば、子どもが好きな「プリキュア」や「ウルトラマン」などとコラボしたグッズがもらえるときもあり、それらは子どもが欲しがるので、子どもの押しに負けて……ということもあるのですが、問題は、大人がオマケのグッズに興味を持った場合です。

ここ最近、よくオマケになっているグッズの中に、「LaQ(ラキュー)」というパズルブロックがあります。「知育ブロック」として、おもちゃ売場や本屋さんで、体験用に置いてあるのを見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「LaQ」は四角と三角の基本パーツにジョイントパーツをつないで、平面や立体、さらには球体まで作ることができるパズルブロックなのですが、この「LaQ」とミスタードーナツがコラボして、ミスタードーナツのポン・デ・ライオンなどのオリジナルキャラクターが作れるセットが入ったものをグッズで出しているんです。

これがなかなか可愛く、オマケがこのグッズのときには、そのときに選ぶことができる全部のキャラクターを集めたくなってしまい、連続でミスタードーナツに通うことになってしまうんです。大人のコンプリート魂に火をつける、なかなかいい商法だと思います。

この「LaQ」、キャラクターを作って満足したあとは、崩して、他の「LaQ」と合わせて普通のパズルブロックとして遊ぶこともできるので、数がある分には全く困らず、むしろ数がある方が作れる形が増えるために、ためらいなく買ってしまうんですよね…。

ちなみに、「LaQ×ミスタードーナツのコラボコンテスト」もたまに開催されているようで、コンテストに応募されている作品を見てみると、なかなかの力作ぞろい。子どもより大人がハマってしまうのがよくわかります。

ちなみに、わが家には今、8種類の「LaQ」のキャラクターがいます。そして、これからも増え続けるに違いありません。

「キッズセット」を利用する際の注意!

「キッズセット」は、名前からすると、その対象は子どもだと思います。

ただ、特に購入に関する年齢制限の表記はありませんし、広告内に「お子様へのおみやげにもご利用ください」という記載があるくらいですので、子どもがその場にいなくても購入できるようです。ただし、たまに内容が変わっていることもあるので、注文前には一度ちゃんと内容を確認してみてくださいね!

私はつい先日、セット内容の条件が変わっていたことに気付かず「キッズAセット」のドーナツを選び、レジでその変更を知って、予定より出費がかさんでしまうという失敗をしました。というのも、2018年1月頃に購入したときには「税込240円以下のドーナツ2個」だったのに、いつの間にか「200円以下のドーナツ2個)に変更になっていたんです!

その変更を全く知らず、200円を超えるドーナツを2つ選んでいき、390円だと思っていたら、レジで表示された金額が高くて「え!?」となったわけです。もう、ドーナツを温めてもらったあとだったので、やっぱりやめますとも言えず、結局そのまま購入することに…。

いつの間にか内容が変更になっていることもあるので、そういった失敗をしてしまわないよう、常に店頭で確認してからレジに並ぶように、どうぞお気をつけくださいね!

投稿しよう「#ミスドゴハン」

ミスタードーナツで去年あたりからはじまった「ミスドゴハン」。
以前から店舗によっては飲茶などのセットはありました。

しかし、「ミスドゴハン」はそこまでのしっかりしたお食事ではなく、朝食やランチにほどよくお腹を満たすため、軽いごはん代わりになるように登場した惣菜ドーナツや惣菜パイです。こちらは、飲茶を取り扱わない店舗でも通常の甘いドーナツとともに売り出されています。

たとえば、サンドイッチなどでよくある「ハムタマゴ」や「ハムツナ」など、ドーナツに具材を挟んで焼いているものから、「エビのビスク」や「5種の野菜&チキン」のパイなどちょっと手の込んだ感じのもの、そして「たまごマヨ」や「ツナメルト」などのトーストなど、いろいろな種類が取り揃えられているんです。

これらのドーナツやパイとドリンクのセットもあり、ドリンクが割引価格のために多少オトク感はあるものの、惣菜系のドーナツ・パイ類は基本の値段が高く設定されているため(税込172円~)、安くお茶をしようと思うと、ちょっと尻込みをしてしまう感じの価格設定です。

惣菜ドーナツの「ハムタマゴ」「ハムツナ」「ハムチーズ」だけは、税込172円のため、「キッズAセット」で食べることもできますので、この3種類に関してはオトクに楽しむことは可能です。

他のパイやトーストもいくつか試しましたが、もちろん味はどれも美味しかったので、お値段さえ気にしないのであれば、ごはんとして十分アリだと思います。

そして、この「ミスドゴハン」の企画として、「あなたのミスドゴハン 写真投稿キャンペーン」というキャンペーンが行われていました。

ミスタードーナツ商品の食事シーンを撮ってTwitterやInstagramに「#ミスドゴハン」とハッシュタグをつけて投稿すれば、投稿した人の中から毎週抽選で100名にミスタードーナツカード500円分をプレゼントする、という企画でした。

「当たった」というツイートを見たため、本当かと半信半疑で数回投稿してみましたが、なんとこれが、本当に当たってしまったんです! ちゃんと、500円分のミスタードーナツカードが送られてきましたよ。

こういったキャンペーンも、とにかく参加してみないことには始まりませんしね。実際に当選することがあるので、ぜひ参加するべきです!と声を大にして言っておこうと思います。

その時期ならではの「ミスタードーナツ」を楽しもう!

ミスタードーナツでのんびりお茶をしながらトークを楽しみたいときは、おかわり自由な「ミスドブレンドコーヒー」「ミスドカフェオレ」「ロイヤルミルクティ」のホットを注文すると、時間を気にせず何杯でもおかわりが頼めるので、とてもオトクです。

ドーナツとともにまず1杯飲んで、そのあとにのんびりおしゃべりを楽しみながら、2杯、3杯と楽しむ…。時間に余裕があるのであれば、ぜひとも優雅な時間を過ごしたいところです。

子どもと一緒だと、なかなかそうはいかないのが現状なんですけどね…。

どうでもいい話ですけれど、「ミスタードーナツ」って「ミスド」と略すのは、全国共通だと思うのですが、「ミスド」のたった3文字で、方言が出るんだということを最近知らされて、衝撃を受けました。

私は関西出身なのですが、どうやらアクセントが標準語とは違うらしいんです。「マクドナルド」を「マック」と略すか「マクド」と略すか、という話はよく聞きますが、同じ略し方でもアクセントの違いで方言になるって、面白いですね!

この話を書いている現在は、「ミスタードーナツ」と「モス」がコラボしてキッズセットを出しているようで、「ミスタードーナツ」で「モス」のキャラクターのLaQが、「モス」では「ミスタードーナツ」のLaQが手に入るようです。

しかも、同じキャラクターでも、「ミスタードーナツ」ではクリアタイプの「ポン・デ・ライオン」LaQが。「モス」ではクリアタイプの「モッさん」LaQが手に入るそう。これは、モスにも買いに行かねば…!

今回のように、「ミスタードーナツ」では、たまに「MOSDO」として、こうして「モス」とコラボすることもあるようです。また、ミスドスタッフ考案の「夢のドーナツグランプリ」として地域限定ドーナツが販売されていたりと、今ならではの楽しみもたくさんあります。

ミスタードーナツカードを使われているのであれば、オトクにチャージできる日もあるそうですし、そういった情報も確認しつつ、「今ならでは」の「ミスタードーナツ」を、ぜひオトクに楽しんでくださいね!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。