「すくすく子育て」より~子どもの英語教育は必要?

子育て中の皆さんのおうちでは、英語教育は何かされているのでしょうか?

わが家には、4歳と1歳の2人の娘がいますが、どちらもまだ何もやっていません。

1歳の下の子はともかく、お姉ちゃんの方はそろそろ習い事に通えるくらいの集中力はできていると思いますし、頭も柔軟な今であれば、英語を習ったら吸収力もいいのではないのかと思っていました。

そして、英語教室に通わせるか、手っ取り早く「こどもちゃれんじEnglish」を始めるかの2択で迷っていたとき、たまたまNHKのEテレ「すくすく子育て」で「気になる!子どもの英語教育」という内容が放送されました。

あまりに話題がタイムリーすぎてちょっとビックリしたのですが、とても参考になりましたので、もし今、小さいお子さんに英語教育を考えていらっしゃる方がいれば、参考になるのではないかと思い、その内容を少しご紹介してみようと思います。

わが家の英語教育に対する考え方

まず、わが家の話になりますが、子どもに英語を習わせるべきかどうか、ずっと悩んでいました。

お姉ちゃんは今、幼稚園の年少さん。私自身が英語を苦手としていたもので、小学校から英語の授業が取り入れられている今、小学校にあがるまでに少しでも英語に慣れさせてあげる方がいいんじゃないか?と思っていたんです。

そして、お姉ちゃん自身も英語には多少の興味を持っていたようで、習ってみたい!とその気になっていましたし、お父さんも、今の時点で習っても、そんなに身に着くわけではないだろうけど、「習いごとに行く」ということに慣らしてあげたい、という意見で、わが家の中ではかなり習わせる方向で話が進んでいました。

しかし、そこで、1歳の下の子に「こどもちゃれんじEnglish」の案内が来て、それを見てまた悩むわけです。「教室にまで通わせなくても、これでもいいんじゃない…?」

1歳用ですが、もし申し込めば、きっと上の子も興味をもって一緒にDVDを見るでしょうし、妹のおもちゃを奪ってでも率先して遊ぶだろうことは想像に難くありません。そうすると、その遊びの中で、自然に身に着くのではないか?

今から英語がたくさん話せるようになってほしいとまでは思っていないので、取っ掛かりとしてはこれで十分なんじゃない?と思ったわけです。

「こどもちゃれんじEnglish」自体は大した勉強にはならないだろうと思っているお父さんも、これまで下の子にはお姉ちゃんのお下がりばかりで、新しいおもちゃをほとんど買ってあげていなかったし、おもちゃを買い与えるつもりでやってみてもいいんじゃないか、という意見でした。

そのため、かなり「こどもちゃれんじEnglish」を始める気になっていました。しかし、今回「すくすく子育て」を見たことで、その考えが180度変わることとなりました。

早くからの英語教育は必要?

Q.子育て広場の無料英語教室に通っていますが、子どもはまだ11ヶ月でおしゃべりもできません。英語の歌でご機嫌になるときもあれば、飽きて興味が他へ移ってしまうこともあります。

英語の絵本を読んでみても反応はあまりなく、日本語の絵本の方が反応はよさそうです。そんな状態でも、英語を早くから始めて慣れさせた方がいいのでしょうか?

A.「英語を学ぶよりも、いろんな体験をさせることが大切」
言葉の発達には段階があります。赤ちゃんは、お腹の中にいるときからお母さんの話す言葉を学習しており、産まれた後もその言葉を引き続き学習するというのが一番自然な状態です。

この言葉が「母語」となり、この「母語」がやがて子どもの感情や学習、思考の言葉となります。そのため、この「母語」を身につけることが一番大切なことであり、特に英語を楽しんでいる様子ではないのであれば、もう少し先になってから始めても十分間に合うのではないかということでした。

「早く英語を話す」ことよりも「話したい内容がどれぐらいあるかが大切」であり、いろいろな経験をすることが「話したい」という意欲につながります。

好奇心や目標に向かってやり抜く力など、IQでは測れない内面の力である「非認知能力」を、自分が主体となった遊びの中で身に着けていれば、実際に英語が必要になったときにも、英語を使ってどんどん話したくなるのではないか、と考えられています。

英語との親しみ方は?

Q.英語が苦手なママさん。子どもと一緒に英語の勉強をしようと一念発起したはいいけれど、普段の会話は基本的には日本語です。単語や簡単なフレーズは英語で言うようにはしているけれど、子どもはたまに英語と日本語がまざった状態(たとえば、子どもがいちごを指して「葉っぱCUT」と要求して、ママが「OK」と返事をする、など)になることも。

子どもの中で、英語と日本語の区別がついているかもわからないし、英語との親しみ方はこれで問題ないのでしょうか?

A.「英語で話すよりも、日本語での豊かな会話が大切です」
頭にパッと思い浮かんだ言葉が出てくるというのはよくあることなので、日本語と英語がまざっているという状態は自然に直ってくるでしょう。ただ、そのやり方で英語が身に着くかというと、それは難しいと思います。

日本語も英語も、親子の会話で学習するものなので、会話を続けなければ意味がありません。たとえば、「葉っぱCUT」のあとに「OK」と一言の返事で済ませてしまっている場合、日本語だけの会話であれば、「葉っぱを持って食べればいいんじゃない?」「じゃあ、そうやってみようかな」などと、さらに会話を続けることができます。

言葉の学習のためには、会話を続ける状況を生み出すことが大事です。

2歳くらいの時期は特に、ことばの数が爆発的に増えるときであり、それが今後の学びの下支えとなるため、豊かな会話を心掛けることが大切となってきます。もし、慣れない英語で一言二言のやりとりで会話が終わってしまうくらいなら、日本語のみでやりとりをする方向に変えた方がいいでしょう。

小学校での英語の授業にすんなり入っていけるように、そして、将来的にも使えるようになればいいな、というレベルでの英語の勉強なのであれば、小学校に入ってからでも全然遅くはありません。日本語である程度長い文が作れるようになっていると、英語も自然と文を作れるようになってきます。あえて英語を先取りする必要はありません。

ただし、早くに英語の勉強を始めることによって、小学校に入ったときに英語に抵抗がある、という状態を回避することはできます。その場合には、英語が楽しいな、好きだな、と思う気持ちをキープすることが大事です。

そのためには、一緒にビデオなどを見て、子どもが興味をもてるところを発見して、それに合わせた英語の遊びや取り組み方をすると、効果があるのではないでしょうか。

子どもをバイリンガルに育てたい!

A.日本に住んでいれば日本語はできるようになるけれど、英語も英語圏で生活できるようなレベルにもっていきたい場合、日本にいながら、子どもをバイリンガルに育てることはできるのでしょうか?

Q.「家庭だけでバイリンガルに育てるのは、相当の覚悟が必要です」
まず、子どもにどういった環境で教育を受けさせたいのか、というのが前提にあります。もし日本の小学校に進学させるのであれば、バイリンガルの環境で育てた場合には問題が出てくるそうです。

たとえば、片親が子どもに対して英語のみで話しかけているとします。そうすると、家庭内での子どもの日本語に接する機会が減り、日本語だけで接している家庭と比べて、日本語の単語の数が少なくなってしまうんです。

子どもの頃の語彙数のキャパシティは決まっていると何かで読んだことがあるのですが、そういったこともあり、語彙数で比較すると、「バイリンガル児の日本語+英語の語彙数」=「日本語母語児の日本語の語彙数」となってしまい、バイリンガルで育てた場合の子どもは、日本語の語彙数が日本語のみの家庭よりかなり少ないことになってしまうんですね。

これは、実際に番組で疑問に答えてくださっていた先生が体験したことなのだそうですが、先生のおうちは旦那さんがイギリス人で、子どもがバイリンガルの環境で育っていたそうなんです。そして、日本の小学校に進学してみたら、他の子どもに比べて日本語が1年分くらい遅れていたんだとか!

そういったこともあり、バイリンガルの環境で子どもを育てることは、子どもにとってはとても大変なことであり、もしそれでもその環境を選ぶのであれば、家庭内でかなり手厚いサポートをしてあげなければ、子どもが可哀相だというお話でした。実体験を元にしたお話だったので、これはとても納得することができました。

また、もう一つの問題点として、子どもに話しかけるときは言葉に喜怒哀楽の感情を乗せて話しかけることになりますが、感情を乗せて話せるのはどうしても母語になってしまいます。母語でない言葉に感情を乗せようとしても、頭では考えていても、やはりうまく伝わりにくいそうなんです。

親の感情がうまく伝わらないと、子どもはどうやって感情を表現したらいいのかということが学習できず、感情表現の苦手な子になってしまうことがあるんだとか。親の感情豊かな声は子どもにとっての安心基地となるため、はたして母語ではない言葉でその安心基地で作れるのか、というのが重要になってくるというお話でした。

小学校の英語はどんな感じ?

「子どもが英語で話してみたくなる場面づくりを重要としています」

英語教育を早くに始めたい理由として、「小学校での英語の授業が心配だから」という声が多かったそうです。私も子どもに英語を習わせたいなと思った一番の理由がまさにこれでした。そんな不安を解消するべく、番組では、実際の小学校での英語の授業の様子を紹介していました。

番組で紹介されていたのは小学2年生の英語の授業でしたが、英語の歌を歌いながら体を動かすところから授業が始まり、「Do you like~?」という表現を学習するため、先生やが質問したり、友達同士で質問し合ったりしていました。授業を監修している大学の教授によると、英語を使いたくなるような動機付けを大切にしているそうです。

英語は、日本語と同じコミュニケーションのツールとなります。たとえば、「ここにペンがあります」ではなく、「あなたは何が好き?」と聞くなど、話してみたくなる場面を作ることが、英語に限らず大切です。

小学校では、ついていけなくなるような難しいことはしておらず、まずは単語に慣れ親しみ、その単語を使った文をリズムに乗って取り入れていくなど、楽しく学べるように段階的なカリキュラムが組まれているため、特別な準備はいらないとのお話でした。

もし、それでも心配なのであれば、就学前に親子で絵本や歌を楽しみながら、日本語とは違う英語の響きやリズムに慣れておくといい、とのことでした。

さいごに

今回の「すくすく子育て」では、子どもの英語教育について、私が知りたかったことを全て知ることができ、さらには小学校の実際の授業風景を見ることができたことによって、不安は解消されました。子どもがよっぽど英語を習いたいというのでなければ、わざわざ高い授業料を払ってまで習わせる必要はないんですね。

そもそも、中学校で初めて英語の授業が入ってきた私たちの時代とは違い、小学校から授業があるということは、日本語の「あいうえお」をゆっくり教わっていくのと同じで、英語も「ABCDE」からゆっくり教わっていくということですもんね。そのペースなら、小学校に入って、授業が始まってからでも十分間に合いますよね!

うちの4歳のお姉ちゃん、日本語は結構難しい言い回しをすることがあります。

旦那いわく、それは母である私の影響だとか。難しい言い回しにならないように気をつけているつもりなのですが、結構遠慮なく使ってると言われてしまいました。

しかしそうなのであれば、もういっそ語彙力を増やすためにも、遠慮なく難しい言葉も使っていって、子どもがわからないと言ってきたときに、その言葉をわかりやすく説明してあげるといったフォローしていけばいいのではないでしょうか。

番組でも、親子での豊かな会話が大事という話がされていました。

子どもに悪い影響を与えてしまうような言葉だけは使わないように気をつけつつ、まずは日常の会話から増やしていき、英語については、好きな音楽――たとえば、ディズニーの音楽など、子どももよく知っている曲を、日本語だけではなく、英語の方でも聴かせてあげて、耳に慣らしていってあげようかな、と思います。

もし、英語教育に悩んでいるのであれば、知ってる音楽を英語で聴かせてあげるというのは、親のたどたどしい英語の発音で教えるよりよっぽど綺麗な発音で子どもの耳に残りそうですし、オススメかもしれませんよ!?