大阪府堺市「浜寺公園」でお花見BBQ!

寒い冬を乗り越え、4月5月と言えば過ごしやすい行楽シーズン!

今年も綺麗な桜が各所で咲き、また全国的に晴天の日が多く、お花見日和が続きました。西宮での桜の名所は「夙川」や「武庫川」、また各公園も多くの花見客で賑わいます。

そんな中、お花見だけではもったいない!ということで、友人の地元である大阪府「堺市」にあるBBQオススメスポット「浜寺公園」でお花見&BBQを楽しんできました。

実は昨年もこの「浜寺公園」にBBQをするために訪れたのですが、あいにくの雨で花散らしの雨とともにBBQを楽しみました。

しかし、今年は暑いくらいの晴天!「浜寺公園」の良い所を思い切り楽しむことができました。

という訳で、今回「浜寺公園」にて総勢17名で楽しんだBBQの様子をレポートしていきたいと思います。

「浜寺公園」とは

「浜寺公園」とは、大阪府堺市西区及び高石市の沿岸部に広がる大阪府営の都市公園です。約5500本の松林で知られています。アクセスとしては、南海本線浜寺公園駅、阪堺線浜寺駅前停留場からすぐ。阪和線東羽衣駅から約450mのところにあります。

公園だけでなく、様々な施設も併設されており、1日中楽しめる公園でもあります。

ばら庭園

日本に自生する野生のバラ、現代のバラ等300種、6500株を鑑賞できます。
※開園期間、開園時間、休園日はHPを見てください。

交通遊園

ゴーカートや子供汽車に乗れる施設です。小さな遊園地並みにゴーカートは大人気!有料ですが、小さなお子さんは大喜びしそうです。

※入園料は無料ですが、開園時間、休園日、乗り物の料金はHPをみてください。

スポーツ施設もあります

テニスコートやアーチェリー練習場、軟式野球場、球技広場、児童遊戯場等、様々な施設が併設されています。

花見シーズン行楽シーズンは駐車場が満車状態!

「浜寺公園」についたのは14時頃だったのですが(16時から有料の区域でBBQの予定)
とにかく花見シーズンで、駐車場はどこも満車!20台以上待ちの行列が出来ていました…。

子供たちは当然車の中で静かに待てる状態ではないので、とにかく子供とお母さん達だけ先に車から降りて「浜寺公園」に入りました。

「浜寺公園」には子供達が大興奮の遊具がたくさん!

「浜寺公園」の良い所の代表として、たくさんの遊具があります。
どの遊具もそんじょそこらの公園にあるような遊具ではなく、かなり大型の総合遊具的なものが多く、長い滑り台も目立ちます。

お父さん達が駐車場で1時間程待機している間、子供たちは飽きることなく永遠に遊具で遊んでいました。

遊園地並みのゴーカートに驚き!

公園なのに「ゴーカート?」と驚いたのですが、「浜寺公園」の交通遊園では、かなり本格的なゴーカートが走っていました。でもなんだか懐かしい感じの「ゴーカート」で、スタッフの方もご年配の優しそうな方で、とても感じが良かったです。

有料ですが、かなり人気があるようで、賑わっていました。

BBQには最適!無料、有料の場所あり!

BBQ無料区域

桜も満開の下、多くの方が「BBQ」を楽しんでいました。
最近では、近隣住民の方への配慮や、火気取り扱いの面でBBQを禁止している場所が多い中、「浜寺公園」ではBBQをする場所が一部無料解放されています。遊歩道の脇の芝生でも、多くの方がテントをはってBBQを楽しんでいました!

備え付けられている設備や、道具の貸出等はありませんが、自分達で用意することができるならば、指定された区域内ではありますが、木も多くある日陰で、かなり過ごしやすく楽しめるので便利な場所かと思います。

BBQ有料区域

私たちは今回、有料区域でのBBQを楽しみました。16時~19時の3時間で申し込んだのですが、1時間延長し、大人一人720円、子供一人400円で楽しむことができました。

白いテントの下のコンロと、屋根付きのコンロが有料区域ですが、どちらの有料区域も事前予約が必要です!

有料区域では、手ぶらでBBQができるということで、無料で貸出しているもの、また有料で貸出しているものもあります。施設でも販売しているけれど持参しやすいもの(スポンジや布巾等)などもあり、全てにおいて大人数でのBBQなら手分けして持っていくほうがお得です。そして無料で貸出しているお皿等も、やはり衛生面が心配。その点でも紙皿や割り箸、全て持参したほうが、特に小さなお子様をお持ちの方は安心かと思います。

こちらが貸出などを行う施設となります。

食材においても施設で販売されているものもありますが、私たちは野菜はスーパーで、お肉は友人のおすすめのお店で購入していきました。

食材の購入にコストコもおすすめ!

大人数のBBQでは、食材も量が必要!ということで、余談にはなりますが、毎回魚介類においては友人が「コストコ」に買い出しに行ってくれます。

コストコで買うBBQの食材としては
「有頭エビ」
「冷凍イカ」
「ほっけ」
など、とにかく大きな食材や数がいるものは「コストコ」が便利で美味しいです!
子供用には「ソーセージ」もマストなので、スーパーと値段を比較しながら購入することをオススメします。

そして今回、よそのグループを見て驚いたのが、なんとコストコの「ピザ」を持参していいたのです!!!これは思いつかなかった!でも絶対美味しい!次は是非このコストコの「ピザ」をリストに加えたいと思います!

我が家は野菜担当!

我が家は野菜担当ということで、キャベツ、玉ねぎ、エリンギ、しいたけ、ピーマン、パプリカをカット、そして焼きそばようの野菜もカットしていきました。

タッパーでもっていった分と、ジップロックで持っていった分がありますが、断然ジップロックの方が使った後に捨てて帰ることができるので荷物が少なくなり洗い物の手間も省けて便利です。

食べたら遊べる広場があるのがいい!

有料施設の方は、遊具のある公園まで少し歩かなければならないので、幼稚園くらいから小学校低学年ほどのお子さんをお持ちの方は目も届かなくて心配かと思います。

でも子供ってすぐにお腹いっぱいになりますし、食べるより遊ぶ方を優先しがち…。ですが、ボールやバドミントン等があれば暇つぶしできる広い敷地がすぐ横にあるので、そこでボール遊びをするも良し、鬼ごっこをするも良し、親も安心してBBQを楽しむことができます。

また、お手洗いもBBQコンロ横の施設建物内にあるので、すぐに行けるのが助かります。でもお子様の場合、必ず保護者が付きそうことを忘れないでください。

終了の30分前には後片付けを!

私達は、20時までBBQ施設を借りていましたが、BBQの後片付け全てを終了して20時に施設を出なくてはならないので、19時半にはお掃除を開始しなければなりません。

ゴミも全て各自で始末しないといけませんし、分別も必要です。しかも「堺市」、ゴミ袋は乳白色と指定されているらしいです。これには驚きですが、普段黒色のゴミ袋しか使用していない西宮市民、コストコのゴミ袋やスーパーの乳白色の袋などを持参していき何とかなりました。

持ちよりBBQで今回忘れたもの!あったら便利なもの!

持ち寄りBBQは初めてではなく、もう3回目なので、そろそろ持ち物にも自信が出てきたという頃なのですが、うっかり忘れる…ということが毎回あるんです。

今回忘れてしまったのは、「焼きそば用の豚肉!」お肉はBBQ用のものが主なので、ついつい忘れがち…。焼きそばは大体〆で食べるので、ソーセージやお肉を使い切った後だったりすると単なる野菜焼きそばになってしまいます。魚介などでまかなってもいいのですが、今回本当に全ての食材を食べきったあとだったので、残念ながら野菜焼きそばになってしまいました。

その他、忘れやすいものやあったほうが良いものとしては「油(焼きそばに使います)」「アルミホイル(魚等、網から剥がれにくい食材にあると便利)」「着火マン」「アルミのお皿(ちょっとした炒めもの等も出来ます)」等です。その都度思いついたものをメモしておけば、次回のBBQの時の参考にもなって便利です。

また、「浜寺公園」では、荷物を運ぶ「アウトドアワゴン」がかなり必須になってきます。何故なら、無料区域は公園入ってすぐの場所なのですが、有料区域は公園入口からかなり歩きます…。持ち寄りのBBQはとにかく荷物も多いですし、ドリンク等も帰りは減っていますが行きはかなりの重量…。なので大きな荷物を運ぶことができる「アウトドアワゴン」は必須!なんなら疲れた子供も乗せることができるので色々な用途で重宝します。

我が家はコーナンで購入!9800円とお手頃でした。

最後に…

今回、友人のおすすめBBQスポットである「浜寺公園」にてBBQを楽しみましたが、BBQだけでなく、色々な施設を利用してスポーツ等も楽しめるということが分かりました。また、自然も豊富で、バラや松林、桜も愛でることができ、市民の憩い場所となっていることがよく分かりました。

でも行楽シーズン、特に花見の季節には、駐車場に車を入れるだけでもかなりの時間がかかることが予想されるので、有料区域のBBQを予約されている方は、時間に余裕を持って現地に到着されることをおすすめします。(私達も14時に現地について、15時過ぎに駐車できました)

また、友人同士で持ち寄りBBQをするには、事前の打ち合わせがかなり重要です。買い出し等も子連れだと急な対応もできないので、2、3日前には誰が何を持っていくか持ち物分担ができるように準備しておくことをおすすめします。

みんなで楽しむために、しっかり準備をして当日に挑みましょう!

BBQスポットとしてかなり優秀でかなり優しい「浜寺公園」、皆さんも行楽シーズンで利用されてみてはいかがでしょうか!