動物園デビューに!井の頭自然文化園

暖かくなってきて、そろそろ晴れの日に朝から家族とお出かけ、が楽しい季節になります。
遊園地や大きな公園も楽しいですが、皆さんはお気に入りの動物園はありますか?

先日一番下の双子の動物園デビューを兼ねて、東京都武蔵野市にある「井の頭自然文化園」へ行って来ました。

アクセス良好

井の頭自然文化園は、井の頭恩賜公園や三鷹の森ジブリ美術館の近くにある、吉祥寺駅の近くにあります。
吉祥寺駅からは徒歩10分程度、バス停も「文化園前」が目の前にあるため、アクセスは大変良好で子どもを連れて行くのに最適です。

残念ながら駐車場はありませんが、周りにはたくさんのパーキングがあるため、車で行くことも可能です。
我が家は一番近い「井の頭恩賜公園駐車場」に駐車。

駐車スペースもそんなに狭くないし、この駐車場からですと徒歩5分くらいなのでお勧め。

ただし人気の駐車場なので、朝イチでないと停められない可能性があるのと、右折入庫が出来ないので、吉祥寺駅とは反対側から向かう方は要注意です。

広過ぎないから疲れない

朝から動物園に行くとお弁当持って一日仕事で帰宅してぐったり…とお出かけを渋ってしまうお母さんもいるかもしれませんが、井の頭自然文化園、「動物園」とついていないだけあってかそんなに広くないです。動物も大きい種類はいません。

数年前にゾウのはなこが死んでしまったので、一番大きい動物はヤギ?

なぜかペンギンもいたり

モルモットを抱っこすることができます。

 

今まで色んな動物園などでモルモットの触れ合いコーナー行きましたが、ここのモルモットが一番数がいる気がします。
早くから並ばなくても時間に合わせて行けば抱っこできるくらい。

開園と同時に入ったんですが、寝てる動物が多かったです。
フェネックもぴくりともしないで爆睡中。

そして井の頭自然文化園と言えば、リス園です。

 

何年か前に、台風でリスの施設が壊れて30匹が逃走し、捜索の結果なぜか38匹が捕獲されたという思わず笑ってしまうニュースに聞き覚えがある方もいるのではないでしょうか。
その事件(?)が起こったのが、ここ、井の頭自然文化園のリス園です。

中でリスが放し飼いにされていますので、運が良いと目の前でエサを食べてくれたり足元を走り抜けたりと可愛らしい姿を間近に見ることが出来ます。

が、朝一の影響かただたんにタイミングの問題か、リスはみなさん巣箱の中…数匹動いていましたが全員歩道からものすごく距離を取って警戒態勢という残念な結果に。
二歳の双子にはリスを発見することも出来なかったようです。

外の違う檻にいたリスはカメラにサービスしてくれました。

遊具が充実で子ども大満足

我が家は長女は動物大好きで動物園はいつも満足するのですが、次女がイマイチ動物園が好きでなくて…でもここの文化園は次女もお気に入り。

一角が公園になっているのです。
ぐるっと動物を見た後に、子どもたちは思う存分ここで体を使って遊びます。

実は奥の方にも小さな遊園地があって乗り物に乗ったりすることができるので、動物園に行くというよりは、動物を見がてら子どもを遊ばせに行くという感じでしょうか。

動物園デビューにお勧め

私が井の頭自然文化園をお勧めしたいのは、まず手頃な広さであるということ。
小さいお子さんの変わりやすい機嫌に付き合っていると、すごく大きな動物園などでは全部見て回る前にお子さんが飽きてしまったり眠ってしまったり、何より親御さんが疲れ切ってしまったり…心から楽しめないということもあると思うんですね。

ここ文化園は手短に済ますこともゆっくり見て回ることも可能な広さなので、初めて行く動物園にチョイスするのにうってつけだと思います。

それからお子さんが怖がらない動物ばかりだということ。
実は我が家の次女は先述した通りイマイチ動物園が、というか動物が好きでなくて、以前違う動物園でライオンを見て大泣きしたことがありまして…動物を怖がるかどうかというのは連れて来ないと分からないものです。
でもここは大きな動物がいないので(それを物足りないと思う方もいるかもしれませんが)大体のお子さんは大丈夫なのではないでしょうか。

そして万が一動物たちにあまり反応しなくて楽しくなさそうなお子さんも、最後の公園で思いっきり楽しむことが出来るので、せっかく連れてきたのにー!となることがありません。
軽食も販売しているので、朝早くにお弁当用意するのが大変という方はこちらを利用しても。

 

我が家は先日は朝一で行って軽く回って、お昼は出てファミレスで食べました。
様々なお子さんの色んなパターンに合わせて動くのに最適な動物園です。是非一度行かれてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。