ピオリナのレビュー

皮膚痩せと赤み改善のため、ピオリナという化粧水を使ってみました。
が、これが思ってたより私にとっては効果なしかも?

ピオリナの悪かったところ
・べたつく
・浸透しない
・ピリピリする
・肌が突っ張る
・かゆい

ピオリナのいいところ
・一応保湿はできてる
・ニオイがない

詳しくレポしていきたいと思います。

公式サイトはコチラ

ピオリナのいいところ

一応保湿はできている

ピオリナを使って4時間後の肌状態がこちらです。
水分量51%。
肌の状態は5段階中4で、「水分があって良い」という評価になっています。

べちゃつきが気になるピオリナですが、そのぶん一応保湿はできているようです。

ニオイがない

ピオリナは漢方成分が入っているので臭そうに思えますが、ニオイはまったくありません。
バラエキスだとかラベンダーエキスだとか、余計な香料も入っていないので、完全に無臭。アルコールっぽいニオイもないです。

ピオリナはこんなひとに効果がありそう!

私はもともとオイリー&乾燥の混合肌だったので、ピオリナがあまり浸透せず効果も実感できませんでしたが、もともと乾燥肌のひとならピオリナがしっかり浸透して、効果が期待できるのではないかと思います。

あと「ほてり気味のひと」にも、ピオリナはよさそうです。
ピオリナはひんやりしていて、とろみがあるぶん冷たさが持続するジェルです。つけてしばらくはひんやりしているので、ほてって血管が太くなりがち、赤くなりがちなひとにおすすめです。

ピオリナの悪いところ

べたつく&浸透しない

ピオリナはとろみのある美容液です。
容器をさかさまにして振らないと出てきません。

とろみがあってつけやすく、伸びが良いのはいいのですが、つけてしばらく経っても全然浸透しません。

ピオリナの説明には「手で顔をつつみこんで、押さえて浸透させる」と書いてありますがその通りにやってみても、手も顔もべちゃついたまま…。

少なくつけてしまうと、ぱりぱりになってしまうので毎回たっぷりつけてはいましたが、あまってべちゃべちゃになってしまったぶんをティッシュオフしなければいけなかったので「もったいないな」と感じました。

ピリピリする

べちゃついたぶんはそのうち蒸発するか、浸透するだろうと思って放置していたら…

「あれっ、なんか痛い…?」

肌がぴりぴり。

めちゃくちゃ痛いというほどではありませんが、ちいさな刺激がありました。
べちゃついているぶんをティッシュオフすると痛みはひきましたが、たまに思い出したようにぴりっと痛むときもありました。

とくに皮膚が薄い部分、頬や目元などはぴりぴりしやすかったので、敏感肌のひとは注意してつけたほうがいいと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。