“乃が美”西宮店の高級「生」食パンを食べてみた!

西宮と言えば、「美味しいパン」にはうるさい地域です。
特に夙川から苦楽園にかけては、マダムがこぞって買いに来るような有名店がずらり軒を連ねています。

特に苦楽園では、同じ通路沿いにパン屋が30m感覚で並んでいたり…とにかくみなさんパンが好き。

さて、そんな私も「パン」が大好き。でもどこのパン屋のパンもそれなりに好きなので、t特に舌が肥えているという訳ではありません。
でも30年西宮で暮らしてきたので、そこそこパンには親しみがあります。

そして、子供達もパンが大好き!娘は惣菜パンが大好きですが、息子は無類の食パン好き!朝もトースト2枚ペロリ、学校から帰ってきてからもトーストにママレードを塗って食べたり、休日はちょっと豪華にフレンチトーストにして食べます。カフェのモーニングも大好きで、トーストは私の分まで食べちゃいます。

そんな息子と先日テレビを見ていると、よしもと新喜劇の「すちこ」と「酒井藍」が、美味しくて噂の食べ物を徹底調査する番組がやっていました。

その中の一つに“乃が美の高級「生」食パン”が挙げられていました。そしてその食パンの製造現場に潜入して美味しさの秘密を探るという何とも魅力的な番組内容でした。

何より「すちこ」が“耳まで生で美味しい!”と、食パン1本(2斤)をあらゆ方向から耳ごと丸かじりする姿が印象的で、息子も「俺もこれやりたい!!!!」と、絶叫。

「え~、こんなよしもと新喜劇がおすすめするグルメなんて、大阪まで行かないとダメなんじゃないの~?」

と思って検索してみたら、ななななんと「西宮」にもお店があるではありませんか!
しかも「津門呉羽町」という、私が住んでいるところから自転車で15分ほどの所。

これは行ってみるしかないよね!と、息子と盛り上がり、買いに行くことに!

ということで、今回は“乃が美の高級「生」食パン”について、ゲットするまでの道のりと、店舗の様子、また実際食べてみた感想や息子の反応についてレポートしてみたいと思います。

“乃が美”の「生」食パンはYAHOO!検索大賞2017で食品部門賞1位

友人がたまに“乃が美”の「生」食パンの話をしてくれたことはあったのですが、その時は近くに店舗があることさえ知りませんでしたし、まさかそんな検索大賞を受賞していたなんて…と店舗で知って驚きでした。そもそも食品部門で検索大賞というものがどういうものかと言うと、

「この1年間で多くの方に支持され、前年と比べもっとも検索数が急上昇した食品として選ばれた」ものに授与されるようです。すごいですよね…。さらに、「日本のおいしい食パン名品10本」に選ばれたり、「パンマニアが今年最も注目したパン、オブ、ザ、イヤー2016食パン部門」金賞を受賞しています。

どれだけ受賞しているんだ…という感じですが、以前パンブームに火が付いた時にたまたま話題になっただけじゃないの~?なんてまだ口にするまでは半信半疑でした。

店舗数は全85店舗!

食パンの専門店だし、そんなに多く店を構えていないんじゃない?と思った私ですが、想像をはるかに越えて全部で85店舗あるという結果。内訳は…

北海道(1店舗)
東北 (6店舗)
関東 (11店舗)
中部 (13店舗)
関西 (27店舗)
中国 (8店舗)
四国 (7店舗)
九州 (12店舗)

ということで、関西は最も多く出店されています。

放映終了後、電話するも売り切れ!

そんな“乃が美”の高級「生」食パンが食べたくて、その日に主人と「買いに行こう!」と決めたのですが、うっかり時刻は16時過ぎ。お店は18時までですし、番組放映から数時間経ってしまい、行ってみてなかったら嫌なので、電話で確認することに…

「すみません、本日は、いつもより早く売り切れてしまいまして…ご予約なら承ります。」

やっぱり…。テレビ放映ありましたしね…。とは口には出さず、

「大体いつも何時くらいまでありますか、すぐ売り切れてしまいますか?」と聞いて見ると、

「いつも閉店までに売り切れてしまいますが、今日は特別早くて…」

ですよね、ですよね…。

というわけで、18時閉店のお店ですが、16時半には売り切れていました~。

翌日リベンジ!12時頃行ってみました

さて、翌日は日曜日。今日こそ絶対食べてやる!

何故かそう意気込んでいた私…。家族も「絶対食べたい!」と…そんな思いで、普段外出が嫌いなぐうたら息子ですら「乃が美の食パン買いに行く!」と張り切っていました。

自転車で10分、大きな国道(2号線)沿いを住宅街の方へ入っていくことさらに5分ほど…。ほんとにポツーンと、ツートンカラーのお店が現れました。

「え~、ここか~」というほど小さな店舗がポツーン。パン屋さんの雰囲気なし。食パンしか置いてないのでそうですよね…。

ご近所の方が途切れることなく、次から次にやってくる…という感じでしょうか。閑静な住宅街の中、周りに他のお店も見当たらないし、少し異様な雰囲気でした。

が、外からみても「乃が美」の紙袋ばかりが棚に並んでいます…。どうやら予約の方の食パンのようですが、とにかく次から次にずらずら~と並べられていきます。

狭い店舗!商品はわずか3種類!

入ってみて驚いたのは、その店舗の狭さ!

5人も店内に入るとぎゅうぎゅうでしょう…。1組ずつ入って注文…というのが通常スタイルのようです。

それもそのはず、商品は3種類だけ

※「生」食パン(ハーフサイズorレギュラーサイズ)
※ ジャム
※「生」食パンを使ったクルトン

のみです。そりゃこの狭さで十分です。選ぶという余地がありません。

テレビ取材が多く、サイン色紙が!

テレビでよく放映されるというだけに、狭い店舗の中ですがサイン色紙が飾ってありました。

「明石家さんまさん」「すっちー」「酒井藍さん」「ET-KINGさん」、影響力のある方ばかりなので、やはり見ていてテンションがあがります。

レギュラーサイズを1本(864円)購入!

実家用にも購入したかったので、ハーフサイズ(1斤サイズ432円)を2つ頼もうと思っていたのですが、既に現在ある分が売れてしまい、まだ焼き上がりに時間がかかるということで、レギュラーサイズ(2斤サイズ864円)を1本購入して、実家で切り分けて来ました!


母親も放映を観ていたのと、食パンに関してはいつもお気に入りのパン屋さん(徒歩15分ほどのお店)をリピートしているくらいこだわりもあるので、リアルタイムに食べられることに喜んでいました。

切りにくいけど弾力があるのでしっかりもっちり!

いざパン切り包丁を入れると…パンがふわふわなので形は潰れているように見えるも、しっかりもっちりしているので、パサパサに切れたり、パンくずが出るくらいぐちゃぐちゃに切れる心配はご無用!

6枚切りの厚さほどにカットした「生」食パン。手で耳の部分を持つと…

 

「ふわわ~」と、伸びていくような感じ。普通のスーパーの食パンと同じ大きさでも重みはこちらのほうが1.5倍ほどあるんじゃないかと思います。

指で食パンの真ん中を持ち上げると…

「ポテーン…」

ふんわり、もっちり、重みで食パンがしなっています。普通の食パンではなかなか見られない光景ではないでしょうか…。

子供の反応!生食バージョン!

母が切ってくれているのをワクワクしながら見ていた子供達。そもそも2斤サイズの食パンなんてほとんど見たことがないので、それだけでも大分テンションが上がっていました。

娘が切り分けた6枚切りサイズの「生」食パンを生のままがぶり!


「ふわふわもちもち~」

あっという間に完食!

それもそのはず、乃が美の「生」食パンは、まずそのままちぎって味わってください!と説明書きにある通り、「生」で食べるのが美味しいのです!

…説明書き抜粋…

まずはそのままちぎってお召し上がりください。
当店の食パンは素材ひとつひとつにこだわり、口に含んだ瞬間にとろけていきそうな生地、ふわっとした心地良い弾力と食感、素材そのものの旨みと甘味を最大の特徴としています。

その通りの食感と味です…と言わんばかりの娘の食べっぷりでした。

息子はトーストしてみました!

息子は6枚切り程の厚さをトーストしてみました。

「うわ!甘くてうまー!」

もともと食パンが大好きな息子。もちろんあっという間に完食ですが、何もつけずに食べるということは普通のトーストではほぼないのに、乃が美の「生」食パンに関しては、何もつけずにペロリ。途中「マーガリン」を勧めてみるも、

「マーガリンがトーストに負けてる!つけてもパンの味がすごい。」

と…。私も食べてみましたが、本当にマーガリンの味がトーストに負けている!食パン自体に味がついているので、もう何もつけなくて十分なんですね。

両親の反応

いつも味のついていない「山食でかなり軽いハードトースト」を食している両親。

これほどもちもちしていてしかも味のついているパン、食べるかな…と思いましたが、口に入れた瞬間

「あ!甘いね!でもしつこくないから食べられるわ!」

甘味にはすぐに気づいたようですが、甘ったるくはないので、おやつ感覚で食べられる!とのこと。デニッシュパンのようなこってりしたものは好きでない両親ですが、「生」食パンはそこまで甘ったるくもオイリーでもなく「美味しい」と高評価。

「でも味がついているし甘いから、サンドイッチには不向きだね…」
と、両親は特に何かをはさんで…という感じではありませんでした。

でもこのもちもちっとした食感や甘味は、「フルーツサンド」に合いそうです!生クリームにイチゴやバナナといった甘みと酸味のあるフルーツを入れると、絶対合うと思います。

二日目の乃が美「生」食パンはさらにしっとり!

買った当日と、翌日の違いがこんなにあるとは!というのが正直な感想ですが、まず切れ味がちがう!当日はパン切り包丁を入れて切ると、パンの形が包丁の力に負けてくしゃっとなったのですが、翌日はきゅっとパンが引き締まり、切ってもパンの弾力で形が崩れませんでした。

食感も、ふんわりもちもちより、しっとりギュッともちもち!という感じ。私は2日目の方が食感としても味としても好きな感じでした。

焼きそばパンをしてみました!

2日目のお昼に焼きそばをしたので、ダメ元で焼きそばを焼いていない「生」食パンでサンドして食べてみると

「あ!美味しい!」

焼きそばと甘味のあるパンがよく合う!しかもしっとりもっちり食感のパンが、焼きそばをしっかり包み込むから食べやすい!という訳で、サンドイッチも中身によってはこの甘味のあるパンと相性があうはず!と新たな可能性を発見しました。1日目はふんわりもちもち、2日目にはしっとりぎゅっともちもち、2つのパンで2つの食感が楽しめてお得感があります。

乃が美の「生」食パンの原材料と注意

そんな乃が美の「生」食パンの原材料…気になりますよね。という訳で、購入した時に入れていただいたパンフレットに記載されている原材料を見てみると…

「原材料」
小麦粉、乳等を主要原料とする食品、砂糖、マーガリン、バター、ハチミツ、食塩、パン酵母

とあります。

そして
① たまごは使用しておりません。
② 最高級カナダ産100%の小麦粉を使用しております。
③ 焼かずに美味しく食べていただける「生」食パンづくりにこだわり、職人が一つ一つ丁寧に焼き上げました。

と記載されていました。

ここで注意いただきたいのは、この乃が美の「生」食パン、ハチミツが使用されているということです。パンの焼き上げまでに120度4分以上で殺菌していることは前提ですが、1歳未満のお子様には安全の為与えないように…と記載がありました。小さい記載なので、見逃しがちですが、気になさる方が多いと思うので、一読していただけたらと思います。

こだわりのマーガリンを使用

マーガリン…ってあまり良いイメージがないですよね。私は友人に教えてもらったのですが、何せ身体に良くないとか…。でもスーパーの菓子パンとかには大体マーガリンが使われています。店頭でもマーガリンよりバターの方が格段に高いですし、格段に美味しい…。

でも乃が美の「生」食パンには、マーガリンも使用されています。そのことについては、乃が美のHPでも触れられています。

要約すると、乃が美の美味しい「生」食パンを作るには、マーガリンが欠かせないということ、※そのマーガリンは、健康の為に、こだわり抜かれた高級オリジナルマーガリンを使用しているということです。

※トランス脂肪酸をバターよりも低く設定
※植物性でコレステロール値はバターより断然低い

でもこの「生」食パンを作り上げる為に、マーガリンだけでなく、バターも併用しているので、その辺りを気にされる方は、HPをご一読ください。

職人さんのこだわりがすごい

日本のおいしい食パン名品10本に選ばれるくらいの「生」食パンなので、つくり方にもかなりこだわりがあるのだろうとHPを見たところ、こねたり切ったりするたびに生地を休ませているそうです。

また、焼きムラをなくす為、1度に50個程しか焼かないそうです。

恐らくひっきりなしにお客さんは来ていたので、50個くらいならすぐに売れてしまうと思います。

私はパン作りには詳しくないのですが、こういう一手間が大量生産だと出来ない場合も多いのではないでしょうか。生地を大切に扱うことで、最高の「生」食パンが出来上がるというのが理解できます。

乃が美の「生」食パンのクチコミ賛否両論

クチコミと言えば「賛否両論」が常ですが、食品ということで、それぞれの好みもあるので参考程度に見てみましょう。

良いクチコミ

※さすが、食パンだけで勝負されていて、惣菜パンが好きだけど、食パンだけで美味しい
※今まで食べた食パンの中で一番美味しい食パン
※一枚目は生で、2枚目は軽くトーストで、トーストするとさらに香りと甘みが増し、美味しすぎる

悪いクチコミ

※値段が高い
※ザクザクしたハードパンが好きだから、イマイチ
※超熟などの食パンで十分

食べ物なので、どうしても好みが分かれてしまいますが、市販の6枚切り100円くらいの食パンで十分となればもう仕方ないですね…。安さには勝てないかもしれません。「食パン」として、毎日とは言わなくてもちょっと奮発して食べたくなるような食パン…と我が家では受け取れたので、子供たちのためにも購入して良かったと思います。

コストコの「ホテルブレッド」ももちもちだけど…

コストコの「ホテルブレッド」は召し上がったことがありますか?私は1度購入したことがあるのですが、こちらももちもちで美味しい!

しかもこの「ホテルブレッド」、マーガリンは使用しておらず、かなりふんだんにバターを使用しています!ですが生よりもやはり焼いた方が美味しかった思い出があります。焼かない状態で素手で触るとかなりベタベタになりますが、それでも焼いた後にさらにバターやマーガリンをつけて贅沢に食べる!というのが最も美味しい食べ方でした。

ですが、この乃が美の「生」食パンは、どちらかというと「生」がやっぱり美味しく、また「生」の段階で「ホテルブレッド」よりキメも細かくやっぱりもちもち!手もベタつきませんし、そして何もつけなくても良い!

どちらも味自体が違うので、別物という感じですが、普段の朝食をリッチにするのにはどちらも良い所があり十分豪華な朝食になるかと思います。

ちなみにコストコの「ホテルブレッド」は、「生」食パン2斤サイズと同じくらいの大きさで価格が500円台なので、かなりお得。好みや気分によって楽しめる価格と言えます。

ちょっとした手土産に最適!

これだけ話題になった商品、手土産に喜ばれるようです。売り切れも続出ですし、食パンブランドとして確立されているので、「食パン」なのに手土産になるという何とも素敵でいただいたら絶対翌朝試してみたくなる一品として喜ばれるかと思います。

予約可能、配送は一部店舗にて可能

こちらの乃が美の「生」食パン、予約が可能です。
各店舗の営業時間等をお調べの上、電話の予約も可能です。

配送、ギフトについて、全国への発送は、上本町総本店、梅田御堂筋店のみで受付されているそうです。その他の店舗では、全国発送は不可能ですが、一部店舗では県内発送のみ受け付けている場合もあるので、各店舗にお問い合わせください。

送料について

大阪からの発送基準で全国への送料をまとめた表があるのですが、例として大阪から関西圏への発送の表を載せます。この価格は送料であり、「生」食パンの価格を含んでいませんのでご注意ください。全国への発送料金は、HPでご確認ください。

最後に…

今回、乃が美の「生」食パンについて、購入から実食、またクチコミやHPなど、色々と見てきました。

私自身惣菜パンが好きですし、「食パンなんて食べられてお腹一杯になったらいいや」くらいの感覚でしたが、偏食気味でありながら食パンが大好きな息子にとっては、結構嬉しい出会いだったようです。

こうやって食べてみたいとか、あれを挟んで食べてみたいとか、食べることに興味が出るのも素敵なことですし、家族で美味しいものをや話題のものを求めて買いに出かけるという行為自体が初めてだったので、非常に新鮮でした。

両親も普段決まったものばかり食べているので良い刺激にもなったようですし、食パンの概念や、奥深さを知るには良い経験でした。

実は案外近い所に店舗があったということで、これからも友人宅にお呼ばれした時や、親戚への手土産に迷った時は、話題づくりにもなるので、また利用したいと思います。皆さんもお近くに寄られた際は、是非一度ご賞味ください。