ランドセル、何で選んだ?我が家の選び方

2019年4月に入学を控えているお子様のいらっしゃるママさんは、そろそろランドセルの話題がお友達との間に上がって来ることもあるのではないでしょうか?

と、聞いて、え?来年度の入学のランドセルってまだ先でしょう?と思ったママさんもきっといることでしょう。

もちろん、入学式にランドセルがあれば良いのですから、2019年3月、つまり年長さんの3月までに購入が出来れば大丈夫。ただ最近のランドセル市場は早いものでして、人気のデザインのものは夏ごろには完売しているものもあるのです。

そもそもランドセルってどんな基準で選べばいいの?という方に、二年前にランドセルを選んで、二年使ってみた我が家の体験をお話してみたいと思います。

専門店か量販店か

ランドセルを購入する場所としては、ランドセルを作っているカバンの専門店か、イオンやヨーカ堂などの量販店があります。そして前者・専門店は早い時期に予約・販売を終了してしまうので、早めの検討が必要です。

二年前の我が家といえば、ちょうど双子を妊娠して私はひたすら寝ているか吐いているかの日々。

日常も回せないのにランドセルなど検討も出来ず、一応web上でカバン屋を決めてこのデザインとかどうかな?というところまでは行ったんですが、8月までの予約会に行くということが出来ませんでした。

8月半ばにようやく起き上がれるようになったのですがその地点でもう完売による販売終了…なお主だった専門店はその年は8月半ばで全て販売を終えておりました。

というわけで消去法で量販店での購入に。

我が家の近くにはヨーカ堂しか無いのでヨーカ堂に行き、娘に希望を取ります。年長さんの娘が出してきた候補がこちら二つ。


予想通りのピンクか水色でした。

店員さんも、お嬢さんが自主的に選ぶ場合はピンクと水色が多くなると仰っておりました。なお祖父母が購入に同伴すると、キャメル(茶色)が多くなるそうです。

デザインか用途か

そして最近のランドセルはデザインがとても可愛らしい。
刺繍とかすごいゴテゴテついていて…ごめんなさい私はあまり好きじゃないんです。

年長女子は食いつきます。

ただ、ランドセルって六年使うんですよ。どピンクのハートとリボンがふんだんにあしらわれたデザインって、12歳になっても好きなもんかな?って。

ピンクも水色も一年生のうちは可愛いけど4年生にもなると…どうかな?というのが私と主人では共通認識だったのと、あとは地域性なのか、同じ登校エリアにピンクと水色のランドセルを見かけたことが無いので、ピンクと水色は反対させていただきました。

ランドセルってカラーだけで決めていいもんなの?という疑問を持つ方もおられるでしょう。私はまずはカラーでいいんじゃないかなと思いました。まずはカラーとデザインで候補を3つ4つ出して、迷った場合、そこから使い勝手で絞ってもいいんじゃないかな。

何せものすごい種類のランドセルがありますから。まずは候補出さないことには比較も出来ません。

ということで、せめて赤っぽいピンクにしよう、と娘を説き伏せて候補を3つに絞りました。赤っぽいピンクとなると3つくらいしかなかったんです。その中で店員さんが直接娘に紹介してくれたランドセルを娘がいたく気に入ったので、そこからはあっさり決定。

プライベートレーベルというブランドのシンプルなデザインのランドセル。色はローズピンクです。

これは実は昨年の売れ残り…というと言葉が悪いですね、型落ち商品で、見本品にはなるけれど1点もの。同学年で同じものを持つ子はいないのでは?というところが年長娘の心をくすぐったようです。

迷わなかったので決定となったのですが、一応使い勝手を他のものと比べますと

・軽さを売りにしているランドセルに比べて多少重い
・大容量を売りにしているランドセルに比べて多少小さい

というところが引っかかりました。

が、とにかく私、主人、本人全員が満場一致で気に入ったので、気が変わる前に買ってしまおう!と購入。

使ってみてどうだったか

前述したとおり、多少重い・多少小さいランドセルとなったわけですが。

まず重さの方です。

購入の際は中身が空っぽなので「こんなもんか」と思って買うんですが、いざ登校が始まると小学生のランドセルってめちゃくちゃ重いです。大人が持っても「え!?」ってなる重さ。そして我が家の娘は早生まれで他の子よりちょっと小さい…

何度か、軽さ重視にした方が良かったかな、とは正直思いました。
ただ二年生も後半になるとあまりその辺りは気にならなかったです。

重さに関しては一年生の間、頑張れるかどうかって感じですね。ただ本革にそんなこだわりがなければ、本革のランドセルはやはり重いので個人的にはお勧めしないかなあと思います。

そして大きさ。

他のランドセルに比べて容量が小さめです、とは言われていましたが、学校が始まってみたらその点について困ったことはありません。

一度だけ所用でA4ファイルを持たせたことがあるのですが、それは横幅が引っかかってちょっとカーブして無理に突っ込んだ覚えがあります…ただその一回だけですね。普段ファイル使わないですし。

でも一年生二年生は、持って行く教科書と言えば算数国語、生活、音楽図工…これが三年生になると生活が理科と社会に分かれて教科書が増えます。厚みも増すことでしょう。

もしかしたら、ギューギューで入らなくて手提げを…ってこともあるのかもしれないなあ、そして数百グラムのことだからと気にしなかった重さが負担になるのかもしれないなあと実は今不安だったりします。

なのでもしも、二つのランドセルを候補に挙げて、見た目だけで決められないなんてことがあれば、軽い方大きい方を選んだ方がいいかなと思います。小学生がランドセルの重さで肩こりや腰痛になるというニュースも先日聞きました。そして脱ゆとりで今からの小学生はどんどん勉強させられます。

毎日背負うランドセルが負担にならないように、と考えるのも親心かもしれません。

決して安くはない買い物

ランドセルは高いものから安いものまでありますが、六年使う大切なものです。

お子さんと親御さんがしっかり納得のいくものが見つかりますよう、焦る必要はありませんが早めに考え始めるといいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。