ヴィアージュvs. 導vs. アンジェリール|買って分かったナイトブラ3種・徹底比較!

貧乳をなんとかしたくて買ったナイトブラ3種類。

「導(MICHIBIKI)」
「Viage(ヴィアージュ)」
「Angellir(アンジェリール)」

どれも人気のナイトブラですが、つけてみた結果「全然ちがう!」となりました。

それぞれのいいところ、悪いところ、どういうひとにおすすめかを徹底比較レポしていきたいと思います。

総合的に見て高評価は「導(MICHIBIKI)」

脇肉流導ブラ「導(MICHIBIKI)」

バストライン ★★★★★
生地の伸び ★★★☆☆
サイズ調整 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
価格 ★★★★☆

トータル★=18個

ビューティアップナイトブラ「Viage(ヴィアージュ)」

バストライン ★★☆☆☆
生地の伸び ★★★★★
サイズ調整 ★★☆☆☆
デザイン ★☆☆☆☆
価格 ★★★★☆

トータル★=14個

ふんわりルームブラ「Angellir(アンジェリール)」

バストライン ★★★☆☆
生地の伸び ★☆☆☆☆
サイズ調整 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★★
価格 ★☆☆☆☆☆

トータル★=12個

着用したときのバストライン、生地の伸び、サイズ調整ができるか、デザイン、購入しやすい価格か、この5項目で比較し、もっとも「良い=★」の数が多かったのは、脇肉流導ブラ「導(MICHIBIKI)」でした。

詳しくはコチラへ

それぞれの項目について、写真入りで説明していきます。

バストラインの綺麗さ

3種類ともワキや背中の肉を寄せてホールドするタイプのブラジャーです。しかし、仕上がったバストラインは全然違います!


導(MICHIBIKI)は、さすが「ワキ肉流導」を謳っているだけあって、脇や背中からぐいぐい肉を寄せあげて、カップのなかに入れれば動かなくなります。そのおかげで、バストトップは上を向き、盛れたうえにきれいなラインに仕上がっています。

他の2つに比べて「導(MICHIBIKI)」は、乳首の位置が高くなったと感じたので、もっとも良い評価にしました。「導(MICHIBIKI)」は、アンダーをきゅっと締めてくれるので着衣時のラインもきれい。

VIage(ヴィアージュ)は、生地の圧着によって「おっぱいが潰される」感じが否めません。そのためバストトップはぺちゃんこ。パッドが入っているので一応「おわん型」にはなるものの「ボリュームのあるおわん型」とまではいきませんでした。

Angellir(アンジェリール)は一応盛れてはいますが、ヴィアージュと似た感じで「押しつぶされる」感じがあります。Angellir(アンジェリール)はフロントホックをきつく締めることで、より高くバストトップをあげることができるようですが…残念ながらもともと貧乳の私、フロントホックを一番きつい位置にしてもあまり変わらず、巨乳にはなれませんでした。

生地の伸び

ヴィアージュの伸び



導(MICHIBIKI)の伸び



アンジェリールの伸び



圧倒的に伸びが良かったのは「VIage(ヴィアージュ)」!
他の2つに比べてかなり伸びるので、着用が簡単です。


導(MICHIBIKI)とアンジェリールは、アンダーの締め付けがあるため、夜寝ている時に着用すると息苦しさがありました。ヴィアージュはまったく圧迫感なく、気持ちよく寝ることができました。

寝返りをうっても、うつぶせで寝ても、ヴィアージュはよく伸びて身体に沿ってくれたので、快適です。

ナイトブラとして一番おすすめは「ヴィアージュ」です。

サイズ調整

3種類とも、背中部分はべったり布で、ホックがありません。

アンジェリールはフロントホックがありますが、あくまで盛り方を変えるためのホックであって、全体的なサイズ調整はできません。

3種類とも、サイズの合わないもの、とくに小さいものを買ってしまうと、キツく感じるうえに調整できないので、サイズ選びは3種類とも慎重にする必要があります。

ただ、上記したとおりヴィアージュは伸びがいいので、ヴィアージュに関しては多少小さくてもなんとかなるでしょう。アンジェリールは伸びが悪いので、アンジェリールを買う時はとくにサイズをよくチェックしてから買いましょう。

導(MICHIBIKI)は肩ひものみ調整できます。

「きついかも?」と思ったときは、肩ひもを緩めると、「胸が上にひっぱられる」感じがなくなるのでずいぶん楽になります。

デザイン

やはりゴージャスに見えるのは、フリルやレースがたくさんついている「Angellir(アンジェリール)」です。

「Angellir(アンジェリール)」はカラー展開も豊富。

ブラック、ホワイト、ピンクなどオーソドックスな色のほか、モカベージュ、アクアブルー、ミントグリー ン、ネイビーと、2018年3月現在7色展開しています。カラーを選べる楽しさと、高級感、「高見え効果」という点で、デザイン面でのおすすめは断然「アンジェーリール」です。

「導(MICHIBIKI)」は比較的シンプルなデザインで、派手目なブラが好きな方にはちょっと物足りないかもしれません。

つるっとした手触りで、シンプルな見た目ながら、胸元はきりっとしたVラインなので「谷間」強調にはもってこいです。大人シンプル、カッコいいブラが好きという方は、「導(MICHIBIKI)」を推します。

「導(MICHIBIKI)」はごてごてしていないので、身体に沿うTシャツやタイトなドレスを着るときも、衣類に響かずすらっと魅せる効果も期待できます。

「VIage(ヴィアージュ)」は「導」以上にシンプルで、ぱっと見「中学生がするスポブラ」にも見えてしまうので、だれかにブラを見られる可能性があるひとには向かないかも…?

一応ヴィアージュはブラック、ピンク、パープルの3色展開していますが、ぶっちゃけどの色もデザインがシンプルすぎて安っぽく見えます…。

自宅で使うときはヴィアージュ、職場は導、旅行やデートのときはアンジェリールなど、使い分けるのもアリかも知れませんね。

価格

「導(MICHIBIKI)」…2,600円
「VIage(ヴィアージュ)」…2,980円
「Angellir(アンジェリール)」…3,980円

「導」と「ヴィアージュ」は似たような価格帯なのに対し、アンジェリールは1,000円近く高いのです。やはりレースやフリル満載で、寄せ上げ用フロントホックまでついているので、お高くなってしまうのですね。

まとめ買いの場合…

「ヴィアージュ」…3枚買うと 8,940円
「アンジェリール」…3枚買うと 10,745円
「導」…3枚買うと 7,800円

「導」はまとめ買いするとおまけで1枚プラスついてきますので、まとめ買いしたときもやはり一番お安く買えるのは「導」ということになります。

ナイトブラ 導/VIage/Angellir 比較まとめ

筆者的には、使い心地、価格、デザイン総合的に見て一番いいと思ったのは「導(MICHIBIKI)」でした。この価格でこの使い心地なら”お値段以上”と思えたのです。

逆に「この値段でこれ~?」と思ったのは、アンジェリール。

たしかに見た目は豪華で可愛いデザインなのですが…着け心地がキツいうえにフリルの部分がちくちく痛くて、「そこそこいいお値段してるのに、この程度かぁ」といういうのが正直なところ。ネットの口コミを見ていると、ナイトブラをいろいろ試している、いわゆる「ナイトブラジプシー」の方は多いようです。私のように「導」がいいと感じているひともいる一方、アンジェリール支持派の方も大勢います。

実際につけてみないと分からないというのが、ネット通販で買うナイトブラのお悩みポイントかと思いますが…個人的には「高くてダメだったらダメージも大きい」ので「まずは安いのから試してみては?」と思います。

人気のブラですから、ダメだったら「中古・美品」としてメルカリなどのフリマアプリで売っちゃうという手もありますし。(実際フリマアプリではこの3種類のブラ、よく出品されて落札されています)

どうしようと悩むより、気軽にはじめてみると、案外いいものと出会えるかも!?

ポイントは「寝る時に着用するならワンサイズ上を買う」「日中着けるなら普段通りのサイズ感でOK」ということです。「寄せてあげて育乳したいから!」と、張り切って小さめサイズを買ってしまうと、きつすぎて入らない可能性大!

まずは様子見で、1枚だけ買ってみて、サイズがあえば追加購入がおすすめですよ!