グルメの宝庫!福島でパンツアー!

梅田に程近く、多くのオフィスが軒を連ねる福島。
そんな福島、かなりお洒落&美味しいお店が多いと今話題だそうです。

西宮に住む私、幼稚園のママ友とランチするのに電車に揺られて…ということはあまりしないのですが、福島付近で働くママ友が「美味しいパン屋があるよ~!ランチも良いとこしってるよ~!」と、魅力的なお誘いをしてくれたので、今回少し足を伸ばして福島まで行ってきました!最寄り駅はJR環状線の福島駅です。

ランチもいただいたのですが、今回はまず美味しいパン屋さんを2店舗ご紹介したいと思います。

福島はオフィス街

JR福島駅を降りると、そこは結構がちゃがちゃしているオフィス街。

オフィス街的には少し三宮と似た印象を受けましたが、一本狭い道に入るとたくさんの居酒屋やこじゃれた飲食店がひしめき合っていました。

でもどのお店も夜がメインのよう。

昼間は閉店していました。オフィス街ですので、主にターゲットは仕事終わりのサラリーマンやオフィスレディーといったところなのだと思います。

かなりレベルが高いパン屋が多い!!

女性なら誰もが大好きなパン。お昼もパンだけで充分!なんて方も多いのではないでしょうか。

そんな私もパンが大好きです。

西宮だと夙川から苦楽園周辺のパン屋がかなり人気なのですが、どちらかと言うと天然酵母とか、ちょっと固めのナッツザクザクのパンとか、噛めば噛む程に味わい深いハードパンが多いです。

でも私、定番のお惣菜パンが大好きです…。おかずになるパンって、味が濃い目。それがいいんですよね~。自転車で行ける自宅近くですと、リトルマーメイドとか、ヴィドフランスとか…意外に定番のチェーン店の惣菜パンくらいしか口にしないのですが、パン好きの友人は休日に車で色々なパン屋めぐりをしているそうです。

では福島はどうでしょう。

パン屋でパートをしている友人が気になるパン屋があるということで行ってみましたが、パン屋で働いている友人が注目しているパン屋なんて、美味しくないわけない!

ということで、連れて行ってもらったお店を2店舗ご紹介したいと思います。

PANE PORCINI

JR環状線福島駅を下車して南に少し下ったところにある「PANE PORCINI」。
すごく狭いお店で、5人もお客さんがくるとそれだけで窮屈な程の店舗です。


店内入るといきなりのパンのいい香り!「こんなにいい香りのパン屋さん、来たことない!」というくらいで、その香りは決して甘ったるい香りではなく、オリーブオイルとガーリック系ではありながらしつこくなく食欲をそそる香り!

どのパンも外れなし!小さくてもかなりのボリューム!

パンの当たり外れってけっこうありますよね。

甘すぎる~とか、脂っこすぎる!とか、味が思っていたより薄味だった…とか、塩味がもうちょっとほしいな…などなど。絶妙な味加減って難しいですし、しかも甘すぎたり脂っこすぎると量も食べられないんです。

でも「PANE PORCINI」のパンは、どれも適度な大きさ!甘さをメインにしたものは、しっかり甘味を感じるもののサイズ的には小さめ。それが丁度いいのです。惣菜パンなどはそれなりの大きさなのですが、とにかく比較的に小さいサイズのパンが多い印象をうけました。

お店が狭いからたくさんの種類を置くにはサイズを小さくしなければならないのか、理由はわかりませんが「色々食べたい!」という方にはおすすめです。

おすすめのパン!

アールグレイの紅茶クリームメロンパン

食べてしまい写真がないのですが、メロンパンの中にカスタードクリームが入ったパンはよく見かけるかと思います。でもここのメロンパンは、中にアールグレイのクリームが!!!表面のざくざくな部分もアールグレイの茶葉が練りこんであり芳醇な香りを感じるのですが、クリームまでアールグレイなんて!

甘味も強すぎないので最高の1品!大きさも手のひらにチョコンとのるサイズなので、15時のおやつにぴったりですよ!

もちパン

「もちパン」は「PANE PORCINI」人気No.2の商品です。
お砂糖がかかっていて、ボリューミーな「もちパン」。

大人はもちろん、子供さんのお口に合うのではないでしょうか。
ちぎりパンのような形なので、娘もちぎって楽しそうにほおばっていました。

テレビでも取り上げられている!

グルメ番組の「魔法のレストラン」、ダウンタウン浜田雅功さん番組「ごぶごぶ」等で取り上げられたこともあるようで、番組で紹介されたパンには番組のPOPがつけられていました。こう言った売り方でまた売上も変わってきますよね!

開店時間は10時半~23時で日曜は定休!

日曜が定休というのは珍しいですが、やはりオフィスで働く方の来店が多いのでしょうか。開店は10時半と遅めですが、夜も23時まで開いているので、会社帰りの方がご家族のお土産に買って帰るにも非常に便利ですね!

目印はこの袋のイラスト!

路地を入ったところにあるので、もしかしたら通りすぎてしまうかも…とか、わかりにくいかも…と思われる方は、この袋やこの袋のイラストを参考にしてください。

パンはすごい勢いでなくなりましたが、この袋は奇跡的に残っていました(笑)ちなみにマップとしてはこちらになります。

路地裏を進むと「PORUCINI」のレストランも

「PANE PORCINI」の路地をもう少し奥へ進むと、イタリア料理のお店「TAVERNA PORCINI」と「BAR PORCINI」があります。「TAVERUNA PORCINI」は17時~24時、「BAR PORCINI」は18時~24時と、どちらも夜からの営業です。まさに仕事帰りの方がちょっとお洒落に一杯…に最適なレストランです。

boulangerie café de B

もう一つパン屋さんでおすすめなのがこちら。


高品質スーパーの「BIG BEANS」がプロデュースするパン屋で、北海道産の「四つ葉バター」や天然酵母などの素材にこだわりがあるパン屋です。2階と3階にはおしゃれなイートインスペースもあるので、ゆっくり美味しいパンを味わうにはもってこいです。

しかも一つひとつのパンは衛生的に袋に入れて並べられています。

潔癖症の私は、いつもパン屋のむき出しのパンを気になりつつも後ろの方のをピックアップするのですが、こうやって既に包まれていると前からとっても気になりません。

一番驚いたのは価格です。高級品質のものを惜しげもなく使用しているパンなのに、溢れんばかりに乗った卵ペーストのパンや、ジブリにでてきそうな分厚いベーコンを乗せたバケット、もりもりに多彩なきのこを乗せたバケットまで、全てリトルマーメイドやヴィドフランスといったようなよく見かけるお店の価格にちょっと毛をはやしたような値段…。

むしろ普通に500円以上取れそうだけど…と思うようなパンでも380円と、まさに赤字覚悟の価格…。大元であるスーパーが儲かっているのでしょう。

スーパーの食材を使っているはずですから、素材を生かした調理の仕方もパンをいただきながら参考になりますし、食べてみて美味しい素材は次回お買い物の時に購入…と上手く回っているのかもしれませんね。

特に美味しかった「きのこタルティーヌ」380円

サーモンペーストとバジルペーストを合わせたものをバケットに塗り、ふんだんに多彩なきのこを盛ったひと品。この1品でお腹いっぱいになります。ペーストときのこの相性が抜群!テイクアウトなら、上からオリーブオイルをひとかけして焼き直すときのこの食感が生き返ってGOOD!

今回2店舗を回ったので、2店舗目のこちらのお店ではほとんど購入できませんでしたが、どのパンもこだわりの高級食材をふんだんに使ってこの価格。どのパンも外れなしだと思います!1軒目の「PANE PORCINI」も、店舗自体は小さくて窮屈ですが、食材にこだわっているのが伝わってくるので、中に入れないお客さんで行列ができることもあるそうです。

福島がグルメな街というのは本当!

福島がグルメに関して熱い!という噂は聞いていたのですが、降りる用がなければ主婦がなかなか平日の真昼間に福島へ行こう!という気にはなりませんよね…。

でもこのパン屋のレベルの高さ…。

友人はまさかの2000円をパンにつぎ込んでいました。「男の子2人の4人家族だからもっと選びたいところだけど、一瞬でなくなるのが目に見えてるからこれでも厳選した…。」という友人、その気持ちわかります!友人はジブリに出てきそうなベーコンのパンに、きのこのタルティーヌ等を購入していました。

また、先述したように一本路地を入るとそこはもうこじゃれた居酒屋がズラリ!グルメ雑誌に載っているようなお店も多いようです。今回はパン屋のみにお邪魔しましたが、「PORCINI」系列のイタリアンもランチ営業なしで夜のみの営業だったりと、福島ならではの会社員を狙った営業時間のところもあるかと思いますので、福島の美味しいお店に行ってみたい!という方は、営業時間をしっかり調べることをおすすめします。

最後に

今回、福島がグルメに熱い!ということで、まずは友人と巡ったパン屋さんについて書いてきました。どの地域にも、「地元で愛されるパン屋」というものは存在しますが、今回訪れた福島のパン屋2店舗は、どちらもこだわり抜いた食材なのに買いやすい価格、つい食べたくなる見た目、食べ飽きないサイズを意識した商品が多くありました。

また、食材の組み合わせもオリジナリティーがあり、今回購入したパンは当たり商品ばかりでした。

今回はJR環状線福島駅周辺のパン屋について書いてきましたが、次回はそんな福島で本格的なイタリアンランチをいただいたことを書いて行きたいと思います。是非そちらも参考にしてみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。