横浜アンパンマンこどもミュージアム体験レポート

恐らくどこのお子様も一度はハマッていく「アンパンマン」

そのアンパンマンのテーマパーク、「アンパンマンこどもミュージアム」をご存知ですか?いくら子どもが好きでも小さい子を連れてテーマパークはちょっと…なんてママさんもいるのではないでしょうか。

先日、横浜アンパンマンこどもミュージアムに二歳の双子を連れて行って来ましたので、体験レポートさせていただきます!

出来れば公共交通機関で

…と、ほとんどの施設が案内していますが、アンパンマンミュージアムも例にも漏れず公共交通機関での来場を推しております。
しかし我が家は双子。

ツインバギーを押しての電車は無理があるので、車で行って来ました。

子連れで電車というのはかくもハードルが高いものでして、中にはベビーカーが嫌いな子やイヤイヤ期でどうしても車でないとという方もいらっしゃることでしょう。一日遊ぶとなると荷物も多くなりますしね。

アンパンマンミュージアムには駐車場が併設されております。ただし、最初の1時間520円、以降30分ごと270円、最大料金及び割引一切無し。2時間停めたらもう1000円です。正直高いです。

そこで我が家が駐車したのが、「横浜アイマークプレイス駐車場」という、アンパンマンミュージアムまで直線で行けるビルの立体駐車場。こちら休日でも最大料金1500円で駐車出来ますし、ビル内における割引もあります。

ちょっと入り口が分かりにくいのですが(ホテルのエントランスかな?と勘違いしそうな入り口)5分歩けばもうアンパンマンミュージアム。お勧めです。

しかし以前に次女だけを連れて電車で遊びに来たときは、ミュージアムの後中華街まで足を伸ばしたりしたのですが、車があると他へ行けません。駐車場探しに苦労しますから。

他にも横浜観光したい方は、やはり電車がお勧めです。

開場前に到着

実はこの日は、お姉ちゃんたちが習い事の遠足で朝早く集合場所まで送って行ったその足で横浜まで行ったので、ものすごく早く到着してしまいました。

10時開場に対して到着が9時25分。

これはさすがに早過ぎる、ということで、最寄りのファミレスに入ろうとしたのですが、何とその時間でアンパンマンミュージアムには開場待ちの列が出来ているではありませんか!

並んでまで開場を待つ理由は・・・

①開場前にゲートにアンパンマンたちがお出迎えに来る
②開場してすぐはミュージアムに入ったところにアンパンマンがいる
③10時半から(午後3時半にも)先着順でお誕生日会に参加するため

だと後ろに並んだお母様が教えてくれました。

双子はお誕生日は過ぎていましたが、アンパンマンのお出迎えにテンションが一気に上がり、ミュージアムに入ってからはアンパンマンとハグ。

アンパンマンが双子だってことに気付いてくれて嬉しかったです。

ここでアンパンマンと戯れている間に、10時半のお誕生日会の列は順調に伸びていましたので、参加を考えている方はオープン前に並ぶのが良いと思います。

実は無料で楽しむことも出来る

テーマパークといえば入場料を払って、小さい子はそんな楽しめない場合もあって、もったいないなあなんてことを危惧するママさんもいるかもしれませんが。

実はアンパンマンミュージアムは、入場料自体は無料です。

お食事や買い物、ちょっとした遊具のある広場や、広場でのショーは無料で楽しむことが出来ます。ただし、アンパンマンの世界をより深く楽しむことが出来る「ミュージアム」には入館料が必要です。

入館料を払って入って、その価値あった?と何人かママ友には聞かれたのですが、まあ、初回はお金払って入ったら楽しいと思います。二回目以降はお子さん次第かな、という感じです。

因みに何があるかと言いますと・・・

・大きな滑り台(三歳以上でないと利用できません)
・ボール遊びエリア(大きなボールで遊べます。相当楽しいです)
・やなせたかし劇場(ミニステージを見られます)
・キッズルーム(大人の休憩にもお勧め)
・アンパンマンの街のセット(写真映えします)
・小さなジオラマの世界(子どもがくぎ付け!)

ひとつひとつ丁寧に子どもが遊ぶので、回るのに結構時間がかかります。


アンパンマン号やしょくぱんまんの車など、子どもが競って乗るのでやはり早く行って空いているうちに楽しむことをお勧めします。

お昼ご飯は早めの対処を

うどん屋さんやカフェやおにぎり屋さんなど、ご飯を食べる場所はいくつかあります。

しかしお昼時にはとても混雑します。

小さい子にお勧めのうどん屋さんは席数も少ないので、お昼は早め早めに済ませた方がいいですね。

その中でもペコちゃんとコラボしている「アンパンマン&ペコズキッチン」は携帯サイト「イーパーク」で予約管理をしているので、順番待ちが他よりは簡単です。

早めに順番だけ取っておいて、お店などを見て時間を潰すという手もあります。

ただ、先日我が家が行ったときは、私たちが呼ばれる頃に順番取っている人は二時間半待ちと言われていたので、順番取れるから~なんて余裕ぶってると大変なことになります。こちらも早めに済ませるに越したことはないですね。

そして先ほども言った通り、アンパンマンミュージアム自体は入場料がかかりません。

お昼を外で済ませて戻って来るというのも一つの手です。

それこそ先述でお勧めした駐車場に車を停めて、そのビルのレストランで食事をして割引を受けるというのも有りかなと思います。

ショッピングはショーの時間がお勧め

邪道だ!と言われるかもしれませんが…パパと双子でショーを見ててもらって、私はその隙にお土産を買っていました。

なぜならお土産屋さんもすごい人手!

ただ子どもたちにグッズを見せたいという気持ちもあるので、我が家はショッピングは二回しました。

一番入り浸ったのは本屋さんです。

普通の本屋さんでは見かけないようなアンパンマン関連の本が山のように!知育絵本もたくさんあって、親も子どもも目移りしてしまいました。

そして私一番のお土産といえば、ジャムおじさんのパンです。


前にも食べて味も知っているのに、毎回ついつい買ってしまうんですよね。ちょっと割高ではありますが(大体ひとつ300円)可愛さプライスレスって感じです。

ドキンちゃんは私、あかちゃんまんが長女、コキンちゃんが次女、クリームパンダが双子でカレーパンマんがパパです。個人的にお勧めはコキンちゃん。中身のヨーグルトクリームがおいしいです。

よりいっそうアンパンマンのとりこに

ミュージアムに行ってから双子はますますアンパンマンブームです。

どこに行くにもぬいぐるみ抱えて、靴下はミュージアムで買ったドキンちゃんとコキンちゃんの靴下ばかり。不思議と親もハマッてよりアンパンマンを与えてしまうんですよね。

それでも幼稚園に上がる頃にはみんな自然に卒業していくアンパンマン。今大好きなうちに、より深く楽しむために、一度ミュージアムに行ってみて下さい!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。