バレンタインチョコレート博覧会in阪急梅田

2月14日はバレンタインデーですね。
チョコレート業界はこのバレンタインの時期に命をかけているはず…。

主人も会社の後輩や同僚の女性からチョコレートをいただいたりするのですが、昔と違って義理でも「GODIVA」などの「高級志向」なチョコレートが多いです。

しかも最近は「友チョコ」なんていう言葉が流行っていて、ママ友でも女の子同士でも、仲の良いお友達におすそ分け感覚でチョコレートをあげたり…なんてことも。

我が家は上が男の子で下が女の子。

上の時は「男の子だからチョコはもらうもの」という認識だったので、特に友チョコを考えたことはなかったのですが、下の子が集団生活に入って初めてのバレンタインデー、まさか女の子のお友達にチョコをいただいたのです!

チョコを作ったりする習慣もなかったので、わざわざもらったからとバレンタインデーを過ぎてからチョコを作ってお返しするのも変かな~と、「初めていただいたから返すものがないのだけど、来年は渡すね!」と、昨年はありがたく一方的に頂いておきました。

というわけで、各家庭色々なバレンタイン事情がある中、今年は何か渡したい…と思っている矢先、お友達にチョコレート博覧会に誘われました。

その名も「阪急バレンタインチョコレート博覧会EXPO2018!」まさかの大行列に疲れ果てた1日でしたが、レポートしていきたいと思います。

バレンタインチョコレート博覧会2018年は1月24日~2月14日まで!

すでに始まっている「バレンタインチョコレート博覧会」は、1月24日から2月14日までです!

場所は阪急梅田9階の催事場となります。

まさかの開店前から警備員が注意喚起

私たちは幼稚園のお迎えもあるので朝一10時からの参戦。

開店5分前にはすでに阪急入口前に30人ほどの開店待ちのお客さんが…。この日がイベントのスタート日ではなく、すでに日時は2月7日…しかもど平日。お客さんはもちろん女性がほとんど。中には子連れ(赤ちゃん連れ)のママさんもちらほら…。

そして警備の方が…

「9階催場チョコレート博覧会の会場は、フラットではなく、よくすべるお客さまがいらっしゃいます。警察も出動することもあります。走ることなく、ゆっくりとおすすみください!阪急は全館写真撮影禁止ですが、9階のチョコレート博覧会においてのみ写真撮影が可能です。」

そんなアナウンスするんだ~とのほほんな感じ聞いていたのですが、すでに開店前からこの催しが大人気であることを伺い知ることができました。

開店したらエレベーターかエスカレーターか即判断

そして開店と同時にエスカレーターVSエレベーター。

エレベーターはスムーズですが、9階までの道のりを考えて今回はエレベーターを選択。

エレベーターは開店してから並んだ順に乗るので、しばらくその場で待つ時間が無駄になります。しかし、一番前で入店するともちろん一番に乗れるので、その点では有利かもしれません。待ち人数を見てどちらか決めるようにしましょう。

「バレンタインチョコレート博覧会」会場に着いた!

さて、9階に着くともうそこはチョコレートの世界!

可愛らしい入口を入ると、フロアマップに会場のインフォメーション。


まだこの混雑は想定内でしたが、ここからお目当てのお店を目指すと…長蛇の列列列!!!次章ではその長蛇の列を作ったお店について詳しく書いていこうと思います。

AUDREY「オードリー」が大行列!!!

誘ってくれた友人のお目当てだったお店がAUDREY「オードリー」というお店。初めて聞いた店名だったのですが、女性にすごく人気のお店だそうです。

AUDREYは、いちごを使ったスイーツを展開するお店で2014年にスタートしました。季節ごとに使用するいちごを厳選し、可愛らしさと美味しさを両立するスイーツを提供しています。とにかくレトロ感がありオリジナリティーあふれるパッケージが女性に大人気で、今流行りのインスタ映えにも持って来いのブランドです。

今回、右側の阪急限定缶も用意されており、既存の缶も大人気ですぐ完売したのですが、限定缶の方も続いて完売していました(1缶税込1620円)。中身は可愛らしいブーケをイメージしたスイーツ。

スイーツの味も2種類各5個ずつ入っているので職場でも喜ばれますし、個別に配って缶だけ自宅で利用…なんていうのもいいですね!

私は友人に各種1個ずつをDAISOの可愛いジップつきの袋に入れて配る予定です♪

そんなAUDREYのチョコレートですが、とにかく大行列!!!!

お店の前から行列の最後尾に向かって歩いていくと、チョコレート博覧会会場の3分の1ほどを練り歩いてしまいました。

そこから20~30分程で商品を選ぶところまではいったのですが、とにかくそこは女の戦場。並べたそばからどんどんなくなる商品。人気の缶商品をゲットし、他を選ぶ暇もなく後ろから押され、商品を選んでいた時間は5分もありませんでした。

AUDREY「オードリー」のお会計は1時間半待ち!

商品を選んでホッとしたのも束の間。次はお会計です。

これまた「チョコレート博覧会」会場3分の1ほどを占拠していました。お店の方のアナウンスで会計は1時間半待ち…。もちろん時間に余裕があれば気にせず待てるのですが、お迎えまでのタイムリミットがある私たち…。

ここで救世主!友人のうち1人が「チョコレート大嫌い!」なので、友チョコをゲットできたらそれでいいし、並んでおくから見てきていいよ!と…。ありがたくまだ見ていない気になるチョコのお店を見て回り、気になった商品を予定時間内に購入することが出来ました。

お酒チョコも充実!

ワインはもちろん、日本酒や焼酎、ウイスキーに泡盛、シャンパンやジンといったお酒チョコも充実!「獺祭」を使用したチョコレートもありました。


でもさすがチョコレート博覧会、1粒が高い!

高級仕様のチョコレートは自分用、ご主人用、恋人用…とその用途は色々かと思いますが、働く若い女性が非常に多く見受けられました。主婦の私たちは6粒で3000円以上するチョコレートには目もくれませんでしたが、見るだけでも目の保養になるほどにデザインも凝っていて楽しくなりました。

その場で食べられるチョコを使ったスイーツも充実!

「バレンタインチョコレート博覧会」は、ギフトはもちろんですが、その場でチョコレートを使ったスイーツを食べて楽しむこともできます。ジェラートやソフトクリーム等がある中、友人とクレープをいただきました。

小腹を満たせる「キャギドレープ」のクレープ

わたし達はチョコレートを堪能したあとはランチをする予定だったので、ここでは軽いスイーツを楽しもう!ということで、「キャギドレープ」のクレープをいただきました。


お店で出来立てを出してくれるので、アツアツのクレープ生地にチョコレートとリキュールの香りが引き立って大満足でした!並ぶのは5分もかからず、出来上がるまでも5分以内。たまたま空いていたのかもしれませんが、ラッキーでした。

その他、その場でいただけるスイーツもたくさんあるので、是非お腹を空かせて行ってみてください!

パティスリー サダハル・アオキ・パリのカヌレもおすすめ!

友人がおすすめしてくれた「カヌレ」も並んで購入してきました。なんと1つ税込381円と少々お高めなのですが、自分へのご褒美ということで、「ショコラ」と「抹茶」を1つずつ購入しました。こちらも30分程待ち時間がありました…。

早速自宅に帰って夜こっそり頂いたのですが、外はパリサク、中はもっちり…抹茶のほろ苦さが良いアクセントになっていました。ショコラも濃厚で、もちもちの生地にお腹も心も満たされました。

主人にはLAUENSTEIN「ローエンシュタイン」のチョコ

あまりチョコレートには詳しくないのですが、こちらのお店はドイツの老舗高級チョコブランドだそうです。完全にパッケージとチョコの可愛さに惹かれて購入したのですが、5つで1080円(税込)でした。


早速主人と夜にいただきましたが、とても濃厚。ローエンシュタイン城の麓にファクトリーを構えているらしく、そう聞くと歴史を感じてより一層美味しく感じます。

ペアリングカフェ&バーを発見!

チョコレートをいただく時、コーヒーや紅茶と一緒に召し上がる方が多いと思います。特にちょっと奮発したチョコの場合は、より一層一緒にいただくドリンクとの相性は重要です。

ペアリングカフェ&バーでは期間中様々な分野のエキスパートが登場し、ワインやコーヒー、紅茶にあうチョコ、またチョコにあう飲み物を提案してくれるそうです。せっかく購入したチョコレート、一番美味しくいただきたい時にはすごく参考になりますよね!

購入はしなかったお店のチョコもご紹介!

とにかく平日にも関わらず大盛況の「バレンタインチョコレート博覧会」。

もちろんお手頃な価格の商品もたくさんありましたが、さすが百貨店、高級なチョコレートもたくさん置いていました。

ベルギーやフランスの老舗ブランドのチョコレートや、とにかくパッケージが可愛いお店。たくさん目移りしてしまいました。そこで購入はしなかったけれど、陳列やチョコレートのデザインなどで惹かれたものをいくつか載せたいと思います。


陳列の仕方で高級感のあるチョコレートもより一層引き立てられます。

こう見るとやはりチョコレートはもちろんですがパッケージがかなり重要!男性からするとパッケージより中身のチョコレートの美味しさや量が問題なのでしょうが、女性はやはり見た目の可愛さや高級感が何より大事なのが見て取れます。

2月14日最終日は9階催事19時まで、食品フロアは21時まで!

2月14日ぎりぎりに駆け込みで購入する女性の方も多いと思います。

阪急梅田の「バレンタインチョコレート博覧会2018」は、9階催事が19時まで、食品フロアは21時までの営業なので、じっくりたくさんの商品が見たいという方は、出来るだけ早く来場することをおすすめします。

特に人気のお店はすぐに商品が完売してしまうので、お目当ての商品がある場合は、とにかく早めに来場してくださいね!

最後に…

今回初めて「チョコレート博覧会」という物を体験しましたが、世の女性のバレンタインにかける情熱に驚くばかりでした。

もちろん本命チョコ、義理チョコ、自分へのご褒美チョコに友チョコ…色々な用途があるからこその混雑ぶりですが、毎年こうやって全力でチョコを買っている方がいるということにびっくりしました。中には泣いている乳幼児をあやしながらレジ待ちをしているお母さんも居ました。

今回の博覧会、友人曰く試食が少なかったらしいです。

確かに2回ほど試食を勧められただけで、後は特に声をかけられることもなかったです。もう少し試食があったら楽しいのに…という声もありましたが、会場で食べられるチョコを使ったスイーツもたくさんあるので、是非興味のある方は行ってみて欲しいと思います。