くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の効果と口コミ

普段の洗顔料をチェンジして、毛穴の汚れ、くすみ、ごわつきに効果的な「どろ豆乳石鹸、くろあわわ」を使用してみました。

もっちり泡で洗顔できるなんて究極の幸せ!
こんなにきめ細かい泡に包まれたら洗顔も楽しくなりますよね。

結果的に、洗いたては普段の洗顔料よりしっかり落とせた感じもありますし、かといって落としすぎてすぐに乾燥する…というわけでもありませんでした。

でも洗顔後のお手入れ(特に保湿)には少し注意がいるかもしれません。目に見えて黒ずみやくすみが解消…というわけにはいきませんでしたが洗顔が楽しくなるのは間違いありません。

Before

After

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」を購入したキッカケ

30代半ば。そろそろ20代にはどう頑張ってもみられなくなりました。
そして、何故か性格上の問題もありますが、実年齢(35歳)より上に見られがちな私…。

昔からツルツルの肌には程遠く、20代の頃の写真をみてもそんなに肌も綺麗な方ではありませんでした。ただ救いなのは肌が白いというところ。でもその分くすみや黒ずみはどうしても目立ってしまいます…。

お風呂に一人で入ることがほとんどない私は、泡ででる洗顔料をつかっています。それは「ボタニカル洗顔料」で、要は、植物の成分を取り入れた自然派な洗顔料で、毛穴まですっきりするもの、そして保湿もちゃんとできるものです。

しかし、濃密な泡というよりも少し水分が多いキメの粗い泡…入浴中ですと肌になじませる時間もないので、馴染む前に流してしまう…そんな感じでした。

これで本当に毛穴の汚れは落ちるのかな…落ちてはいないけど保湿はされている…となると、汚れに蓋をしたままなのでは…という不安が。

肌のくすみは良くならないし、一度しっかり洗顔の時間を儲けようと思い、泡も濃密なもので、泡で洗って汚れもしっかりとれるもの…ということでたどり着いたのは「どろ豆乳石鹸くろあわわ」。

パッケージはよく見るあの有名なやつですね。

白い「どろあわわ」が出たときの衝撃は忘れられません…。すごくもっちりとした弾力のある泡!こんな泡に顔をうずめたい!!初めて見たときからそんな印象でした。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」はとにかく泡立ちがすごい

さっそく、くろあわわ「どろ豆乳石鹸」を試してみたのですが、チューブから出てきた瞬間…

「くろっ!!」

これはどんな泡になるのでしょう…と不安になりました。

が、少量でも泡だてネットでしっかり泡立てると本当にホイップのような泡立ち!少しグレーな色味ですが、それより濃厚な泡立ちに心奪われます。

しっかりメイクオフしてから泡を顔にのせて優しくマッサージするように泡で洗います。たくさん泡をのせた肌ですと、肌に指を届かせる方が困難なほどしっかりした泡です。

お湯でしっかりと泡を洗い流します。

これでばっちり!お湯でオフするとすぐに突っ張る程の乾燥肌ですが、少々放置しても多少は乾燥を感じるものの、普段の洗顔と同じくらいの潤いが残っている感じです。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」のニオイ

こんなに黒くてしかも「どろ…」って…ニオイが気になりますよね。

洗顔が臭いとか嫌です…。でもこの「どろ豆乳石鹸くろあわわ」、ほぼ無臭です。もちろん無香料、無着色。天然でこの色味ということですね。その他、無鉱物油、石油系界面活性剤不使用と、気になる成分がフリーなのは毎日使うものだからこそ嬉しいです。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の黒パワーと泥パワー

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」には、Wの黒パワーと、Wの泥パワーが配合されています。

Wの黒パワーとは、「やし殻活性炭」と「天然泥炭」。どちらも吸着成分で、肌の汚れを吸着してくれます。炭には消臭等の効果があるのは周知されていますが、原材料や加工の仕方で汚れも吸着する優れものに変化するのですね。

天然泥炭に関しては、海洋性美容成分や火山性ミネラルを豊富に含んだものを使用。8000年もの歳月をかけてできた泥炭には、アミノ酸やミネラル、ビタミン等が多く含まれ、汚れを吸着しながら美肌ケアが出来るので、エステ等でも取り入れられているそうです。

また、Wの泥パワーという点では、「沖縄産マリンシルト」と「国産ベントナイト」という2種類の泥が使用されています。こちらも肌の奥の細かい部分の汚れも吸着してくれ、洗顔後のお手入れが奥まで浸透しやすい肌になるよう、手助けしてくれるようです。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」にはマンナン粒まで配合

Wの黒パワーとWの泥パワーで汚れを吸着して、さらに「マンナン粒」まで配合…もう汚れを徹底洗浄!という感じです。

でも、この「マンナン粒」、全然気になりません。
言われないと気づかないですし、言われても実感はありません。

ざらつきもありませんし、肌に当たる感じもありません。

それもそのはず、この「マンナン粒」は、コンニャク由来のもので、水を含むと膨らんでもっちりした粒になるそうです。なので、ざらつき感もなく心地よく洗顔でき、汚れも落としてくれます。

汚れ吸着に特化&保湿成分で潤いキープ

元々乾燥肌なのですが、冬の寒さも相まって、より乾燥が気になっています。この、くろあわわ「どろ豆乳石鹸」、汚れの吸着にかなり特化していますが乾燥の面は大丈夫でしょうか。

洗い上がりはかなりすっきり爽快なのですが、かと言ってすぐに乾燥でガビガビ…なんてことはありません。

それもそのはずで、洗顔の中に「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「黒砂糖エキス」といった3種類の保湿成分が配合されているのです。汚れを落としながら保湿もしてくれるという良いとこどりなのは乾燥肌をお持ちの方なら安心ポイントです。

もちろん洗顔後しばらく放置すると乾燥を感じるので注意してください。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」で汚れの落ち具合を検証

洗顔では実際のもっちり泡の感触は堪能できましたが、すぐには黒ずみに効いているとか、毛穴の汚れがとれているか…なんてことはよくわかりませんでした。ということで、泡でどんな汚れがおちるのか実験してみました。

まずは、くろあわわ「どろ豆乳石鹸」を泡立てます。

お椀に泡を取り、ひっくり返してみます。

落ちる気配すらない濃厚もっちり泡です。

肌の汚れと言えば余分な皮脂。

皮脂といっても難しいのですが、油分として、サラダ油を薄く薄くつけた手の甲を「どろ豆乳石鹸くろあわわ」の泡で優しく洗ってみました。

見てすぐ分かるテカり…。

これを泡で包み込み、30秒程こすることなく洗って流しました。

テカリはなくなりましたが、手で触ると油分は充分分かるほどです。
毛穴の中まで洗えたのか…と問われると難しいところです。

次に冬の乾燥時期によく使う「保湿成分」でもあるワセリン。
乾燥が酷い時、粉をふいた肌にぬったりします。

こちらを手の甲に塗布し、広げます。

こちらも30秒程泡で包み込み洗いをして流しました。

水もかなり弾く程にワセリンの成分はしっかり残っています。
ヌルつきも3割減になったくらいです。

汚れが落ちるからこそ後のお手入れの浸透が期待できるのですが、泡だけで落とすというのはなかなか難しいのかもしれません。また、この時は入浴中ではなかったので、入浴中で毛穴が広がっていると、もう少し効果があったかもしれません。

泡立てネットでなくてもっちり泡は作れる

泡立てネットはかなり優秀なのですが、最近ずっと気になって購入した「ほいっぷるん」。

こちらDAISO商品で、きめ細かい泡が作れるというもの。
これでもきめ細かいもっちり泡が作れるのか実験してみました。


これくらいの、くろあわわ「どろ豆乳石鹸」」で試してみました。
少しだけ水を入れて手持ち部分を上下すると・・・

かなりきめ細かい泡が出来ました!

こちらかなり便利で、泡立てネットですと泡立てはじめるともう洗顔が終わるまで手の自由はありませんが、こちらは泡ができるまで手は汚れません。

お風呂場ですと子供に泡立ててもらったりすることもできます。

何度も手を入れて泡をすくえるので、手から溢れた泡が床に落ちてしまったり、途中で泡を洗い流す用事が出来たとしても、容器の中に保存できるので忙しい方には便利です。

保湿がしっかりできる化粧水がおすすめ

角質の奥まで汚れが取れているという実感は残念ながら感じるまでに至らなかったのですが、洗顔後の化粧水の浸透は良いと感じました。

別の洗顔を使っていた時は、洗顔に含まれている潤い成分が残っている上から化粧水をしている感じで、肌の奥に染み込ませるというより洗顔の潤い成分に蓋をするというイメージでした。

しかし、くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の場合は、洗顔後、潤い成分が配合されているにも関わらず、適度な保湿力なので、大げさに言うと角質の汚れが取れてすっきりした肌が化粧水を飲んでいるという感じ。

でも化粧水がさっぱりしていると、肌が後から「もっと保湿を…」と訴えてくるので、乾燥肌の方は化粧水から乳液をするか、オールインワンジェルのような、保湿美容ができるしっとりタイプの基礎化粧でお手入れすることをおすすめします。

シーンに合わせて「どろあわわ」と使い分け

今回試してみた、くろあわわ「どろ豆乳石鹸」は基本的に夜の洗顔におすすめの商品です。

「どろあわわ」は寝ている間の余分な皮脂を落として潤いを与える洗顔。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」は日中の毛穴に溜まった汚れを落とし、お手入れの浸透を高める洗顔。

どちらもそれぞれのシーンに合わせて考えられているので、お肌のためには2種類を使い分けすることも有能かと思います。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」を購入したキッカケ

30代半ば。そろそろ20代にはどう頑張ってもみられなくなりました。
そして、何故か性格上の問題もありますが、実年齢(35歳)より上に見られがちな私…。

昔からツルツルの肌には程遠く、20代の頃の写真をみてもそんなに肌も綺麗な方ではありませんでした。ただ救いなのは肌が白いというところ。でもその分くすみや黒ずみはどうしても目立ってしまいます…。

お風呂に一人で入ることがほとんどない私は、泡ででる洗顔料をつかっています。それは「ボタニカル洗顔料」で、要は、植物の成分を取り入れた自然派な洗顔料で、毛穴まですっきりするもの、そして保湿もちゃんとできるものです。

しかし、濃密な泡というよりも少し水分が多いキメの粗い泡…入浴中ですと肌になじませる時間もないので、馴染む前に流してしまう…そんな感じでした。

これで本当に毛穴の汚れは落ちるのかな…落ちてはいないけど保湿はされている…となると、汚れに蓋をしたままなのでは…という不安が。

肌のくすみは良くならないし、一度しっかり洗顔の時間を儲けようと思い、泡も濃密なもので、泡で洗って汚れもしっかりとれるもの…ということでたどり着いたのは「どろ豆乳石鹸くろあわわ」。

パッケージはよく見るあの有名なやつですね。

白い「どろあわわ」が出たときの衝撃は忘れられません…。すごくもっちりとした弾力のある泡!こんな泡に顔をうずめたい!!初めて見たときからそんな印象でした。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の価格と定期購入

1つの通常価格とお試しの際の送料

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の価格は、110g(約30回分)で2980円(税別)です。またお試しで1回購入したいという方は、この価格に送料630円が別途かかります。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の定期コース

定期コースですと、初回限定で1490円(税抜き)、送料無料で2回目以降も5%offで購入出来るフリー定期コースと、同じく初回限定1490円(税抜き)で送料無料、2回目以降も15%offで購入できる6ヶ月(6回)以上定期コースのものがあります。※どろあわわも同様コースあり

「くろあわわ」「どろあわわ」の朝夜セット定期もあり

先述したように、朝は「どろあわわ」、夜は「くろあわわ」という風に使い分けをしたいという方には、この朝夜セット定期があります。

こちらも初回限定で1セット5960円(税抜き)のところが半額の2980円(税抜き)で送料無料。2回目以降も10%offのフリー定期コースと、2回目以降も20%offの6ヶ月(6回)以上定期コースがあります。

「どろあわわ」「くろあわわ」のお得な10個まとめセット

商品が気に入り、これからも続けて購入を希望される場合、単品購入合計金額が29800円(税抜き)のところ、30%offの20860円(税抜き)にプラスどろあわわ1個がおまけで付いてきて、しかも送料無料になるというお得なセットがおすすめです。

しかも2種類合計で10点になれば良いので、どちらをいくつ頼むかの組み合わせも選ぶことが出来るのが嬉しいですね。この場合、どろあわわがおまけでついてくるので、くろあわわを多めに頼んでもいいですね。

定期コースはお休みや再開ができる

フリー定期コースは次回発送10日前までに連絡で休み再開が自由にできます。また、6ヶ月(6回)以上定期コースは7回目以降、次回発送10日前までに連絡するとお休み、再開が自由にできます。

また、定期コースは申し込みから1ヶ月ごとに初回注文数と同数を毎月定期発送されますが、次回発送10日までに連絡をすれば、発送日の変更も可能です。

解約も出来る

定期コースで申し込むと、「解約」が心配になります。

この「どろ豆乳石鹸くろあわわ」にはフリー定期コースと、6ヶ月以上の定期コースがありますが、フリー定期コースについてはいつでも解約は可能です。

しかし、6ヶ月以上の定期コースは、6回受け取りが完了してからでないと解約出来ません。そして、どちらも次回商品発送の10日前までに解約の手続きをしなければなりません。

解約の方法

解約の方法として一般的なのは「電話」です。
これが一番確実な方法です。

調べてみるとメールやFAXという手段もあるようですが、やはり電話が一番確実で無難な解約方法かと思われます。どのような手段でも次回発送の10日前までに、必ず手続きするようにしましょう。

返金制度

返金は、初回購入した商品(1人1回)に限られるようです。

返金制度を利用する際は、商品到着から30日以内に事前にカスタマーサポートまで電話かメールで連絡する必要があります。返送時の送料はこちらの負担となりますし、返金は商品代金のみで発送時の送料も返金されません。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」のクチコミ

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」のクチコミを調べてみて目立ったのを纏めました。

良いクチコミ

○もこもこのきめ細かい泡ができて肌がつっぱらずふわふわの肌になりました(34歳乾燥肌)
○毛穴が落ち着き、化粧ノリも良くなって肌の調子が安定してきました(26歳混合肌)
○乾燥肌でも乾きが気になることなく毎日スッキリしっとり洗えます(43歳乾燥肌)

悪いクチコミ

○毛穴の黒ずみの解消ができず、乾燥し、つっぱりを感じる(30代女性)
○ニキビには効果がない。汚れは落ちるが潤いが足りない(20代女性)
○思っていた程に目にみえた毛穴の効果がない。期待するほど黒ずみや毛穴トラブルの改善がない(36歳女性)

等など、汚れが目に見えて落ちたと実感する方もいれば、なかなか実感できない方もおられるようです。また、保湿成分が入っているといえども、乾燥肌の方は汚れが落ちすぎて保湿が足りないと感じている方もいるようです。

黒ずみや毛穴への効果がなかなか見られないという方は続けてみる価値もあるかと思いますが、保湿が足りず突っ張りを感じている方は、一度使用を辞めるか、それでも毛穴の汚れの方が気になるという場合は、後のお手入れでは保湿をかなり重視した方が良いかと思います。

楽天やAmazonで購入可能か?

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」に関しては、楽天やAmazonでの取り扱いは現在されていないようなので、公式サイトでの購入となるようです。

最後に

今回「どろ豆乳石鹸くろあわわ」を使用してみましたが、目にみえた黒ずみや毛穴の変化はみられなかったものの、汚れはよく落ちたのでは…という程のスッキリ感がありました。

泡で撫でるように洗っているのにこれほどスッキリするというのは、肌をこすって傷つけているわけではないので優秀な一面ではあるかと思いますが、ひどい乾燥肌の方には大切な油分を落としすぎてしまう可能性もあります。

実験的にワセリンや油を泡で洗い流してみてもそれほど落ちた感覚はありませんでしが、皮脂汚れはよく落ちるのかもしれません。乾燥肌でも毛穴の汚れが気になる方は後のお手入れでしっかりと保湿ケアすることをおすすめします。