軽井沢おもちゃ王国で雪遊びを満喫!

軽井沢おもちゃ王国をご存知ですか?

軽井沢といえば有名な避暑地。優雅な大人のイメージがあって、憧れるけれど子連れでは行けない…と思っていたのですが、子どもも大人も遊べるおもちゃ王国があるのです。

軽井沢は夏期は避暑地として涼しく人を集めますが、冬期は寒く雪も降るので閑散期となり、おもちゃ王国も昨年度までは冬期は閉園しておりました。

しかし今年度は、寒さを逆手に取って、雪遊びの出来る施設として冬期営業しているのです。以前夏期に行って満足だったので、雪遊びもさせてあげたい!と行って参りました!

ろくに雪装備がなかったので慌ててスノーグローブを人数分購入して、朝早く東京を出発。幸い渋滞もなかったため、我が家からは三時間ほどで到着しました。

軽井沢おもちゃ王国には提携しているホテルグリーンプラザ軽井沢というところがあるので、ここに宿泊予約をとり、車を置いて徒歩で移動。

おもちゃ王国まで連れてってくれるバスもあるのですが、我が家には双子がおりツインバギーをたたんだり広げたりが面倒なので歩きました。10分くらいの距離です。既に道の端には雪が積もっており、子どもたちのテンションは上がる一方。

入園して雪遊びエリアまで行きます。

途中、立体迷路があり、本来ここも利用出来るはずなのですが残念ながらこの日は利用出来ず…まっすぐ雪の広場を目指します。

雪遊びエリア

雪遊びエリアはまず、小さい公園のようなスペースに雪が積もっていました。

小さい滑り台と、貸出用のスコップと、それから雪のないところには乗って遊ぶことの出来る車が数台。あんよが出来るようになった小さい子メインで遊べる感じです。

我が家の二歳の双子も初めての雪に大はしゃぎでした!

が、ちょっと雪遊びナメてました…普通の冬の外出着+スノーグローブ+長靴で行ったんですが、全くもって何も気にしない二歳児、座るんですよ…!スノーグローブは早々に放り投げられてしまいましたし…転ぶことも数回あり、結果しっとりと全体が濡れてしまいました。

雪遊びにはスキーウェアがあった方がいいですね…

雪の滑り台

そしてこの小さな公園のようなエリアの奥には、雪の滑り台があります。

ちなみにソリは持参です!お姉ちゃんはひたすらここでエンドレスで滑っておりました。

何年か前に東京で大雪だったことがあり、主人がお姉ちゃんのために小さな滑り台を作ったことがあるのですが、こんな大きさの雪の滑り台なんてのは、豪雪地帯でもなければお目にかかれないのではないでしょうか?

お姉ちゃんは滑り台、双子はひたすらスコップで雪をすくい、たまに車に乗って、また雪をすくって…とあっと言う間に午前中は終了。お昼ご飯は同じエリアにフードコートがあるのでそちらで。席数は多いのですが、食べるところはここしか無いので早いうちにお昼にした方が良いと思います。

そしてお昼ご飯の後はまたすぐにお姉ちゃんたちは滑り台。

おもちゃのお部屋

双子は服が濡れたり、付き添いの私が寒くて仕方なかったので、おもちゃのお部屋に避難。リカちゃんやシルバニアファミリーやプラレールがそれぞれエリア分けしてあり好きなように遊べるお部屋が10室もあるんですよ!

夏期に来たときも思いましが、このおもちゃのお部屋、親的には本当助かります…夏はエアコンで涼しいし冬は暖房で暖かいし、座れるし。

ここならあんよ前の赤ちゃんでも遊ぶことが出来ますね。
双子はちょうどシルバニアにハマり始めていたので、延々とシルバニア。

歴代のお家が全て揃っているので、購入を考えている場合はお子さんの好みを知るのにいいかもしれません。

ひたすらシルバニアファミリーで遊んでからリカちゃんエリアに移動して集中して遊んでいたので、リカちゃん買ったら遊べるかなーなんて次に買うおもちゃの参考にもなります。

滑り台を満喫したお姉ちゃんたちとおもちゃのお部屋で合流して、また一遊びしてからようやく帰ることに。またホテルまで徒歩で戻りました。

グリーンプラザ軽井沢は、小さいお子さん連れが多くて赤ちゃん専用の宿泊部屋なんてものもあります。なんとプレイルーム(有料ですが)もあるので、ホテルでも楽しめるシステム。

なので多少子どもが騒いでもお互い様(と私は割り切っておりました。お部屋はベッドとお布団の両方のある部屋で、双子の寝かしつけも安心でした。

遊ぶところも泊まるところも子連れに優しい、意外な軽井沢の一面を楽しむことが出来ます。

冬期営業は4月1日まで。我が家よりも大きいお子さんがいるお宅は、冬の渓流釣りなども楽しむことが出来ますし、是非一度足を延ばしてみてはいかがでしょうか。