アンナチュラル5話 ネタバレ&ツイッター感想|「中堂さんつらい」「しんどい」の声続出

アンナチュラル5話が放送されました。

前回は泣かせ回でさわやかに終わりましたが今回はなかなか重くリアルで、中堂(井浦新)クラスタとしては二重の意味で「しんどい」回でもありました。

ネタバレとツイッターの感想を見て行きましょう。

事件の起こりと真相

今回は海で溺死した女性、鈴木果歩の遺体を、婚約者である鈴木巧(泉澤祐希)がUDIラボに持ち込むところからスタートします。

結論から言うと鈴木果歩は他殺。

目撃者の証言から、最初は自ら海へ飛び込んだ「自殺」と思われていましたが、目撃者が見たのは死んだ果歩ではなく、果歩を殺した「まゆ」という女性だったのです。

まゆが海へ飛び込んだのは、果歩が自死したと思わせるための偽装工作のためでした。

ミコト(石原さとみ)らUDIラボの面々は、遺体の肺に残されていたプランクトンや、死後撮られたCT画像から、遺体は目撃者の証言のように「足から」落ちたのではなく「顔から」海に落ちたことを突き止めます。

そして、自殺ではなく他殺であること、顔から海に突き落とされ、鈴木果歩は亡くなったことを、解剖を依頼してきた婚約者・鈴木巧に告げます。

鈴木巧は、葬儀にきていたまゆを問い詰め「幸せそうで、うらやましかったから」という自分本位な理由で果歩を海に突き飛ばしたまゆを、その場で包丁で刺し、殺そうとします。

腹部と背中を刺されたまゆですが、一命を取り留めます。
鈴木巧は殺人未遂の犯人となり、捕まりました。

鈴木巧に、鈴木果歩の死因は他殺であることを告げたのは中堂系(井浦新)。言えば彼がどうするのか分かりながら教えたこと、犯人を殺しに行く鈴木巧を止めなかったことで、ミコトと中堂の間に亀裂が入ります。

分かりあえないミコトと中堂

恋人の死の真相を知りたいという鈴木巧を介して、分かりあうかと思っていたミコトと中堂ですが…「なぜ犯人のもとに向かった鈴木巧をとめなかったのか」と問うミコトに、中堂系は「(犯人を殺すことで)思いを遂げられて本望だろう」と答えます。

かつて恋人・麹谷雪子を殺された中堂さん。
その犯人はまだ見つかっていません。

犯人を見つけて自分の手で殺してやりたいと思ってるんですね…。

切ないエンディングテーマ・米津玄師「Lemon」が流れる中、ミコトは中堂さんに「UDIラボをやめてください」と言い放ちます。

「辞める気はない」と答える中堂さん。
そう答えることは分かっていたとばかりにミコトは、

「だったら糀谷雪子さんの事件のことを話して」
「あなたの気持ちを考えたり、遠慮するのが、クソばかばかしくなりました」
「さっさと解決して、永遠の問いに決着つけましょうよ」

と畳みかけるところで今回のアンナチュラル5話は終わっています。

冒頭、婚約者の死の真相をどうしても知りたいと言う鈴木巧の姿に、自分を重ね合わせたであろう中堂さんが、

「今結論を出さなければ、もう二度とこの人物がどうして死んだのか知ることはできない」

「調べなければ、永遠に答えの出ない問いに、一生向き合い続けなきゃならない」

と言ったのを受けての、ミコトの言葉。

今回の被害者・鈴木果歩の死因を調べる過程で、中堂さんの表情がやわらぎ、ミコトらUDIラボの面々との距離も近くなったかと思ったのですが…

最後の、絶妙な間をおいての「同情なんてしない、絶対に」に、石原さとみの演技力すごいなと思ったのでした。

ツイッターの感想

脚本への称賛の声

エンディングテーマ「Lemon」を歌う米津玄師氏も…

中堂クラスタのみなさん

中堂さんを想うひとたち

おわりに:次回は東海林さん回

さて次回はなんと東海林さん(市川実日子)が殺人の容疑者…?!
どうやら合コンで知り合った男性が、翌日死亡したようです。

1話からずっと「異性間交流会」という名の合コンに明け暮れ、今回も「来てる男のうち2人は既婚者だったのよ~!」なんて言ってた東海林さんですが、まさかこれが5話への伏線だったとは。

予告では、中堂さんが、殺人容疑をかけられた東海林さんに「逃げろ、警察の任意同行に応じると殺人犯にされてしまう」と、逃がしています。これって絶対、中堂さん自身の経験からくる言葉なんでしょうね…。

恋人殺しの犯人と疑われた中堂さんの過去にも、さらに迫りそうなアンナチュラル6話。

ますます見逃せません!