メモリッチ(MemoRich)|目元用クリームを1カ月半使った効果&感想

「3週間でマイナス5歳」というキャッチコピーにひかれて購入したのがこちら、メモリッチという目元用アイクリームです。

これを3週間使い続けた結果がこちら。

目元にくっきりあったクマが、すこし薄くなりました!

目元に細かくきざまれていたシワも…ちょっと減りました!

クマより、小じわのほうが効果的だったかなと思います。
クマは残念ながら完全にはなくなりませんでしたが、小じわのほうは目に見えて減って、「ファンデーションが小じわに入り込む~!(涙)」ということもなくなってきました。

さらに使い続けて、合計1ヶ月半。

メモリッチ1本分をきっちり使い切った結果がこちらです。
3週間目までは目元のクマやシワといった「目の下」部分を重点的にぬってきましたが、その後はまぶたにもしっかり塗り広げるようにしてみました。
結果、まぶたの色素沈着が薄くなり、シワも減ったように思います。

使用時期は12月~1月。
使用頻度は朝と夜2回(たまに朝ぬりわすれて夜だけになる日もあり)重ね塗りはせず、1回あたり小豆大くらいのメモリッチを両目に広げてぬりました。

とくに1月は大寒波で、かなり寒い日が続きましたが、乾燥による「目元のひきつり感」はほぼ感じることなく過ごすことができました。

メモリッチの購入はこちら

ただメモリッチ伸びが悪い…

メモリッチは少量出てきて使いやすいクリームです。こんな感じで先端がとがったチューブになっているので、目元にぬる量ちょっとだけ出しやすい形状です。使い過ぎもこれで防げるのですが…
ケチって使うと「伸びにくい」という欠点があります。

すこしの量を両目の下にぬろうとすると、片方が足りなくなってしまって、こんな感じで、無理にメモリッチを伸ばそうとすると皮膚がつっぱる感じになってしまって余計シワになってしまいます。皮膚に悪いですし、ごしごしすることで小じわも増えるらしいので、ぬるときはたっぷりをおすすめします。
上手にぬるコツは、出した量を両目の下に均等になるようちょんちょんとつけたあと伸ばすと、片方だけ少ないということがなくまんべんなくぬることができます。

メモリッチの使用感

メモリッチをぬったあとですが、べたつくこともなく、化粧をすぐにしてもダマになるとか、うまく化粧が乗らないといったことはありませんでした。

メモリッチは「朝メイクの前」と「夜のスキンケアの最後」にぬることが推奨されていますが、どのタイミングでぬってもべたべたしたり、メモリッチが浮いてくるようなことはなかったので、推奨されている頻度でぬって大丈夫だと思います。

匂いはまったくの無臭で、アロマな香りやアルコールっぽい匂いもまったくありません。ローズヒップ油やラベンダー油なども入っていますが、それらの香りもまったくしませんでした。

パラベンやアルコール、合成着色料といった不要なものがまったく入っていない無添加仕立てのメモリッチ。毎日使い続けましたが一度も肌が荒れたり、ひりついたりといったことなく、無難に使い続けることができました。

ただ、多くぬってしまったなという日は、途中で化粧が浮いてきて、てかてかした感じになってしまうこともあったので、ぬりすぎはNGのようです。逆にすくなすぎるとぬり広げるのが難しく、つっぱった感じになってしまうため、適量を見極めるのが大事だと感じました。

メモリッチどれくらい伸びるか実験

手の甲に小豆大くらいのメモリッチを出してのばしてみました。軽くチューブを押して出てくる量がこれくらいです。

2~3回軽く指の腹でなでるだけで、もう透明になって広がっていきます。匂いはまったくありません。

すぐに広がるのはいいのですが…

伸びが悪いので、頑張って広げてもこの程度。手の甲半分くらいまでしか広がりませんでした。

浸透はいいので、いつまでもべたつくということはありません。

浸透性ビタミンC誘導体や、加水分解コラーゲンなど、肌に入りやすい成分が配合されているおかげか、すーっと染み込んで、潤います。

みずみずしいというよりどちらかというと「オイルっぽい潤い」があります。ヒマシ油やラベンダー油、ひまわり種油など、油の成分もいくつか入っているのでそのせいかと思います。てかてかするほどではなく、しっとり潤う、という感じです。

メモリッチを塗った手の甲(オレンジ円の部分)と、ぬってない指のあたりを比較すると、手の甲が潤ってきめ細やかになっているのが分かります。指のほうは乾燥しきってぱさぱさ、皮膚がぼろぼろ…。

メモリッチはどこでも使える

メモリッチは目元用クリームですが、公式サイトを見ると「口元など、気になる部分に使える」と書いてあります。ためしに乾燥していた鼻の下に使ってみたところ、使用感は悪くなく、目元に使ったときと同じように潤いました。

ただ、メモリッチは15g入り3,300円なので、目元以外に使ってしまうとすぐになくなると思います…。目元を重点的にケアしたいという方は、なるべく出し過ぎないように、別の箇所に使うにしても頻繁に使わないほうがいいように思いました。

もうすこし内容量が多ければ、いろいろな部位に使えて便利なのですが、そこはメモリッチのマイナス点かなと思います。

メモリッチの保湿力はイマイチ

メモリッチはうるおい成分であるセラミドが配合されているので、さぞ保湿力もいいのかと思いきや、保湿力はイマイチでした。

まずメモリッチを塗る前の目元の水分量がこちら。
水分量20%、油分18%。かさかさぱさぱさにもほどがあります…。

メモリッチをぬって2時間経過した肌状態がこちら。

水分量37%、油分24%。

ぬる前に比べればずいぶんマシになりましたが、思ってたほどの改善ではありませんでした。計測器の評価も「ふつう」で、「良い」までは行かず残念です。

メモリッチの使用方法

メモリッチは目元にぬるクリームです。目の下だけでなくまぶたや目じりといった皮膚が薄い部分にもぬることができます。

適量目元にちょんちょんと乗せて、指の腹でのばしていきましょう。真ん中から外側に向けてぬっていくのがコツです。目元で皮膚が薄く、シワになりやすい部分なので、ごしごしぬらずに優しくソフトにぬりましょう。

涙袋のところは、内側(目がしら)から外側(目じり)に向けて伸ばして、まぶたも内側から外側に向けてのばします。
目のくぼみ、骨のところにあって触ると痛気持ちいいツボを軽く押しながらマッサージすると、血行がよくなり、シワ改善や黒ずみ改善につながります。

乾燥が気になる部分や、シワが多いと感じている部分は、メモリッチを二重ぬりするとより効果を実感しやすくなります。

メモリッチを出しすぎてべたべたになってしまわないように気をつけながらぬっていきましょう。

朝はメイクの前に、夜は化粧水や乳液でスキンケアしたあと、最後にメモリッチをぬりましょう。とくに夜は、寝ている間にメモリッチの美容成分が浸透していくので、お風呂上がりにぬったあと、寝る前に重ね塗りしておくとなお効果が実感しやすくなるでしょう。

メモリッチのおまけ「ホットアイマスク」を使ってみました

メモリッチは3本お届けコースを選ぶと、おまけで「ホットアイマスク」が4枚ついてきます。使い捨てのものですが、ドラッグストアなどで買うと結構いいお値段するので、タダでもらえてお得感があります。

ホットアイマスクを使ってみました。
ひとつずつ個包装されていて、ピンクでかわいいホットアイマスクです。
ぱっと見、ナプキンのようにも見えますがそこはあえて追求せず使ってみましょう。

耳にかけて…もう片方の耳かけを反対側の耳に……

届かない!!

なんだこれ全然届かない!

ちなみに私は頭が極端に大きいというわけでもありません。ふつう程度の頭です。市販されている似たようなアイマスクは問題なく着用できるのですが…

メモリッチのホットアイマスクは、耳かけの部分が不織布になっていて、ひっぱりすぎるとやぶれてしまいそう…。どうしようか悩んだ結果、私はこうして使いました。

寝転がって、目元にホットアイマスクを置く!

あまり密着感がないのは残念ですが、これでもじわじわ温かくなってきて、カイロを目元に当てているくらいの温かさはありました。温度は約40度だそうです。温かいお風呂に入っているときのようなぽかぽか感が続きます。

温かさの持続時間は、パッケージには20分と書かれていますが、20分を越えてもまだまだ温かさは続きました。製品の質はいいのに…、耳かけ部分が短すぎるのだけはかなり残念です。

メモリッチのホットアイマスク 変な使い方ですが…

20分着けてもまだ温かさが残りました。これを捨てるのはもったいないなと思ったので、真ん中で切って…

靴下にイン!

温かい~!
靴下に貼るカイロみたいな感じで、ぽかぽかしてとても気持ちいいです。

くるぶしのちょっと上にある「三陰交」という、冷えに効くツボのあたりにくっつけておくと足がずっとぽかぽかして気持ちいいです。ホットアイマスクを使い終わったけどまだ温かいな~というときはぜひ「靴下のなかにイン!」やってみてください。おすすめです♪

メモリッチ(MEMORICH)とは?

加齢にともない目元の皮膚は痩せて、薄くなっていきます。コラーゲンやセラミドが失われ、水分がどんどん抜けて行ってしまうことで、目元は老化してしまうのです。

目元のくすみやはりのなさ、かさつきといった悩みに対応するため産まれたのが、メモリッチです。

メモリッチ(MEMORICH)の成分

メモリッチには加齢にともない減少するコラーゲンとセラミドを効率的に補い、目元のふっくら感、弾力、潤いをサポートするために必要な成分がたっぷり配合されています。

メモリッチには美容成分が浸透しやすいように「浸透型」ビタミンC誘導体3LGAが配合されており、このビタミンC誘導体がセラミドの働きをより効果的にします。
ビタミンC誘導体3LGAが「水分を保ちやすい肌」に導き、肌の内側からふっくら健康にしてくれるのです。

このほかメモリッチには、目元の肌環境を根本から整えるためのアイキシルや、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、ダマスクバラ花油、芍薬根エキスなど、17種類の美容保湿成分が配合されています。

目元に特化したメモリッチアイクリームは、クマやくすみ、小じわ、ハリのなさなどで悩んでいる女性の強い味方なのです。

メモリッチと目元ケア商品比較

メモリッチvs. POLAリンクルショット

テレビCMでたびたび流れているポーラのリンクルショット。
ポーラ独自の医薬部外品有効成分である「ニールワン」が配合されており、日本初承認を得た、シワ改善のための薬用化粧品です。

リンクルショットは、実際に使ったひとの多くがシワ改善効果を実感しており、ポーラでも売り切れする店舗が続出。目元だけでなく口元、おでこのシワ改善にもいいと評判です。

加齢によるシワが気になっている方は、効果が多くのひとに実感されていて、承認も得ているリンクルショットを使うことをおすすめします。

目元のシワだけでなくくすみや黒ずみ、はりのなさなど、全体的なケアを必要とされている方は、メモリッチのほうがおすすめです。

メモリッチは目元のためだけに作られた成分である「アイキシル」が配合されています。アイキシルには、目元のたるみを改善し、はりとつやのある若々しい肌になるために必要な、5種類のペプチドが配合されています。しっとり感、つやつや感、ぷるぷる感、クリアな目元、これらをすべてケアできるのが、メモリッチの特徴です。
目元が潤いふっくらすることで、シワ改善効果も期待できます。

価格比較
メモリッチ定価: 15g入り 3,300円
ポーラ リンクルショット定価: 20g 14,580円

ポーラリンクルショットは、メモリッチと5gしか内容量が違わないにも関わらず、メモリッチの3倍以上の価格です。
目元ケアは一度やって終わりというものではなく、継続していかなければいけませんから、続けやすさの面においては圧倒的にメモリッチをおすすめします。

ポーラリンクルショットでシワを集中ケアしたあと、はりのある若々しい肌を持続するためにメモリッチでケアという使い方も良さそうです。

メモリッチvs. アイキララ

目元用クリームで、似たような価格帯で人気なのがアイキララです。

アイキララは1本10g入り、定価2,980円。メモリッチと同じで、目元に特化して作られたアイクリームです。

アイキララは「目元の皮膚痩せ」によるクマや黒ずみ、たるみなどをケアすることを最優先としたクリームで、コラーゲンをサポートするための「MGA」というビタミンC誘導体が配合されています。

コラーゲンを肌の奥まで浸透させ、美容成分を肌の奥にとどめさせることにより、ふっくらしたハリのある目元に導いて行くというのが、アイキララのコンセプトです。

アイキララとメモリッチ、似たような成分も入っているのですが、決定的に違うのは「セラミド」です。保湿成分であるセラミドは、メモリッチにのみ配合されており、アイキララには配合されていません。

このほかの美容成分も、種類で見ると圧倒的にメモリッチの方が多いのが特徴です。とくに保水力、肌の弾力のために良いとされる高級成分プロテオグリカンや、目元のためだけに開発されたペプチドが配合されているのは、メモリッチだけです。

コンセプトも価格も似ているメモリッチとアイキララ。
筆者はアイキララも使ったことがありますが、使用感はほぼメモリッチと同じでした。

アイキララも白いクリームで、メモリッチと同じくらいの伸び。浸透感もほぼ同じで、アイキララのほうが若干べたつきが残るかな、と言う程度です。
これだけ似ていて配合されている成分が倍ほど違うのであれば、個人的にはメモリッチのほうがお得感があると感じましたし、なにより効果はメモリッチのほうがあったと実感しています。

アイキララは目の下、涙袋にぬるアイクリームですが、メモリッチは涙袋はもちろんまぶたにもぬることができるので、まぶたのたるみや小じわが気になっている方は、メモリッチをおすすめします。

メモリッチの口コミ

・安くていいと思います(32歳・主婦)
アイクリームは高いものが多いけどメモリッチはお手頃価格で、のびるので長持ちしていいと思います。使い続けてまだ2カ月なのでそんなに極端な変化はできてませんが、目元のシワが少し減ったかなって思います。

・変化はあまり感じられません(52歳・パート)
目じりのシワがひどくなってきたので30代の娘と一緒にこのメモリッチを使い始めてみました。娘のほうは目元が明るくなったようだと自分で言って満足してるのですが、私はというとシワは変化ないです。私のように50代には、それなりの価格のアイクリームが必要なのかもしれません。

・ひきつる目元対策に(41歳・公務員)
職場で作り笑いしないといけないことも多くて、そのたび目元がぴりぴりひきつるのが心配でした。案の定、アラフォーになったころから目元が痩せて、歳より上に見られることも…。メモリッチは使い始めて半年くらいですが、作り笑いしたときの目元の引きつり感はっだいぶんなくなりました。皮膚の動きがいい、柔軟になってきたという印象です。使いすぎると若干ぬめっとする感じがあるので、少量ずつ使ってます。

メモリッチ最安値

2018年2月現在、メモリッチは公式サイトからの販売のみ。amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどで取り扱いがありません。
フリマアプリではときどき出品されていますが、頻度は多くないので、定期的に買いたい方は公式サイトがおすすめです。

・メモリッチ 単品1本
3,300円(送料別)

・メモリッチ お試し定期コース(1か月ごとに1本)
2,480円(送料別)

・メモリッチ お得定期コース(3カ月ごとに3本)
6,980円(送料無料)
(1本あたり2,327円)

メモリッチは3カ月ごとに3本届くコースが一番お得です。


1本ずつ毎月届くコースと、3本3カ月ごとに届くコース、比べてみると1本あたりの価格は150円程度しかちがいません。でも、3本届くコースなら送料無料なので、送料(ゆうパケット380円、佐川急便630円)ぶんお得なのです。

メモリッチは「解約しばり」なし

メモリッチはどのコースでも解約しばりがなく、いつでも解約することができます。違約金なども発生しませんので、お得に買いたい方は送料無料の3本定期コースを買って、満足できたらor商品がたまってきたら解約するというのが一番いいでしょう。

メモリッチは、商品のお届け間隔を変更することができます。25日、30日、45日、60日、90日から選んで変更できるので、商品がたまってきたらお届け間隔をのばしておいて、ずっとお得価格で買い続けるという方法もGoodです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。