酵水素328選生サプリメントの効果&口コミレビュー

生理前になるとドカ食いしたくなる私。
今回は運悪く、年末年始にその時期がかさなり…結果この体重です。

57キロ!

通常時53キロ~55キロ程度なのに、これはさすがにヤバい…ということで、12月半ばに買っておいたこの「酵水素328選生サプリメント」を飲み、ダイエットしてみることにしました。

代謝を良くすると人気の酵素サプリですが、はたして結果は…!?

7日後

56キロ!

わずか1キロしか痩せませんでした…。思っていたほどの結果ではなくがっかり。ダイエット詳細をレポしていきたいと思います。

酵水素328選生サプリの1週間の変化

毎日3粒、酵水素328選生サプリを飲みました。

食事の量はふつう程度、とくに抜いたり減らしたりはしていません。運動は軽いストレッチ程度。ウォーキングなどはしていません。

1週間の、見た目の変化がこちらです。

まず、正面から。


でっぷりとパンツに乗ってしまっているお肉。
4日目でもほぼ変化がありません。これが7日後…

すこしくびれができました!

まだお肉はズボンに乗ってるものの、へそがお肉に押しつぶされて凹むことなく、ちゃんと「ここがおへそです」と分かる形になってきました。

横から見た変化がこちらです。


こちらも初日~4日後はほぼ変わりませんが…

7日後、初日にくらべて、かなりウェストがすっきり。

なぜこれだけ変化があったかというと、便秘していたのがスッキリ解消したから。酵水素328選生サプリメントを飲み始めて2日目に便通があり、以後、毎日便通がある状態が続いています。

ときどき1日2回のお通じがあるときもあり、汚い話ですが「ちょっとゆるすぎるのでは…」というときもありました。私はもともと便秘気味か、出ても一日1回程度だったので、この変化は酵水素328選生サプリによるものかと思われます。

お腹にたまった老廃物がスッキリ出てくれたおかげか、酵水素328選生サプリを飲み始めて4日目くらいからは冷えをあまり感じなくなりました。身体が温かいので朝も布団からすぐ出られるようになりましたし、酵素の力、なかなかあなどれないなと思いました。

残念ながら体重は1キロ減っただけですが、お腹がスッキリしたのは非常に良かったですし、飲んでいると便秘しないというのは評価したいです。

酵水素328選の詳細へ

酵水素328選生サプリの味や匂い

酵水素328選生サプリはパウチに入っています。1袋90粒入り、約1ヶ月分。1粒は300mg、あずきより少し大きめの粒です。

においは全くの無臭。表面はつるつるしていてコーティングされています。飲みやすいので水でも白湯でもどちらでもつるっと飲めます。のどにひっかかる感じもありませんし、飲んだあとニオイがあがってくるような感じや、苦味などもまったくありませんでした。

食後に飲むとかいった決まり事はないので、自分の好きなタイミングで飲むといいでしょう。私は朝と夕方、分けて合計一日3粒飲んでいました。

酵水素328選生サプリは本当に「生」!

酵水素328選生サプリの中身、どうなっているのか知りたかったので割ってみました。かなり硬いので包丁で慎重に切ってみたところ…

中身はとろっとしたエキスが!

粉っぽいのかと思っていたので、この中身には驚きです。黄色くてかなり粘度のあるエキスで、例えると「濃厚なたまごの黄身」という感じ。

328種もの野菜やくだものから作られた植物発酵エキスが入っているというのは嘘ではないようです。このエキス、どれくらい水に溶けるのでしょうか。白湯を入れてみました。

白湯をいれて数分待ってみても、まったく溶ける気配がありません。べちゃっとしたエキスはどちらかというと油っぽい感じで、水に混じる気配がないのです。

さらに数分後。

すこしは水に広がっていますが、溶けている様子はほぼ見受けられませんでした。

濃厚なエキスだからこそかと思いますが、「これって胃や腸でちゃんと溶けるのかな」と不安にも…。

しかし、実際に1週間飲んでみた結果、お通じが改善したと実感があります。ということは、胃か腸のどこかで溶けてしっかり吸収されているのでしょう。少々の水や白湯では溶けないというのは、しっかり腸まで届いて吸収されるためなのかもしれませんね。

酵水素328選生サプリを買った理由

酵素サプリはたくさんあります。そのなかでも、酵水素328選生サプリを選んだ理由、それはテレビCMでした。

テレビCMで、お笑い芸人「たんぽぽ」のおふたりが、酵水素328選生サプリを飲んですごく痩せてきれいになっているのを見て「これは良さそう!」と思ったのです。

ただ、テレビCMでは「3袋8,380円」で、はじめて買うにはちょっと高すぎる…と躊躇しました。「ネットならもっと安く、1袋から買えるのでは?」と探してみたところ、公式サイトで1袋4,190円というのを発見。

一瞬、定期購入にするか迷いました。というのも、定期購入は1袋3,770円とさらにお安く購入できたからです。しかし、定期購入すると最低でも3回受け取り必須…いわゆる「解約しばり」が。

「結果的に3,770円×3回=11,310円もかかってしまうなら、単品4,190円のほうがいいな」と思ったので、単品購入を選びました。

テレビでも宣伝するほど人気の商品なので、なかなか来ないかと思いきや、注文から3日後に届きました。メール便なので面倒な受け取りは必要なく、郵便受けに投函されていました。

単品購入するとき、支払い方法は「郵便局、コンビニ、銀行での後払い」も選ぶことができますが、後払いにしてしまうと手数料324円かかってしまうので、クレジットカード決済をおすすめします。クレジットカードはVISA、Master、JCB、AMEXが使えます。ちなみに定期便を選べば、後払い手数料は無料となります。

持ち運びしやすいカプセルタイプのサプリメントですし、うっかり電子レンジの上に置いてしまっていた時もとくに変色や溶けたりしていなかったので、会社や外出先に持っていくのも問題なさそうです。

テレビCMでも有名で、知名度がありますから、酵素サプリが気になってるひとにプレゼントするのも良さそうですね。

酵水素328選生サプリメントとは?

「酵素(こうそ)」は身体にとって必要な物質です。エネルギーの代謝を助けてくれたり、栄養の吸収をサポートする働きがあります。

酵素は日常的な食事から摂取することが可能な物質ですが、加齢にともない失われていく酵素を、必要な量だけ摂取しようとすると、大量の野菜やくだものを食べなければいけないことになります。

「そんなに食べられない…」「生のものが苦手で」という方におすすめなのが、酵素を多く含んだサプリメントです。

なかでも酵水素328選生サプリメントは、328種類もの野菜やくだものから酵素を抽出し、その濃厚なエキスをぎゅっと閉じ込めたサプリメント。

酵水素328選生サプリメントには、酵素だけでなく、美容にかかせないビタミンや健康によいと言われている水素パウダーなども配合されています。

つるっとした粒で飲みやすく、一日3粒~6粒を好きなタイミングで飲めば良いので、老若男女問わずどんな方でも飲みやすく続けやすいのが特徴です。

酵水素328選生サプリメントを飲み続けることで、健康で若々しい身体を維持するために必要な栄養素を効率よく摂取することができ、アンチエイジング効果も期待できます。

酵水素328選生サプリメントがおすすめの人

「痩せにくくなった」と感じている人

酵素は脂肪の燃焼を助けてくれる物質です。酵素が身体に不足すると、同じ量食べているのに太りやすくなったり、なかなか体重が減らない状態となり、いわゆる「中年体型」になりがち。

若いころに比べて体型が丸くなってしまったと感じているアラサー、アラフォーの方に、酵水素328選生サプリメントはおすすめです。毎日飲むことにより酵素を摂取でき、代謝がサポートされるでしょう。

酵水素328選生サプリメントとあわせて運動をすれば、より脂肪が燃焼され、若いときの体型に戻ることも不可能ではありません。

たくさん食べるのが苦手な人

「野菜やくだものを食べたほうがいいのは分かっている、でもなかなか食べられない」という方も多いのではないでしょうか。

酵水素328選生サプリメントには酵素のほか、野菜やくだもの由来のビタミンも豊富に入っているので、毎日飲めば不足しがちな栄養を補うことができます。効率よく、手軽にビタミンを摂りたいひとに、酵水素328選生サプリメントはおすすめです。

ダイエット中の人

ダイエットのために食事を減らしているという方、栄養はきちんと摂れているでしょうか?ダイエットしていると、どうしても身体に必要な栄養素がじゅうぶん摂取できず、肌が荒れてしまったり、便秘になってしまうなんてことも…。

そんなお悩みを解決できるのが、酵水素328選生サプリメントです。

酵水素328選生サプリメントは1粒16.23kcalと低カロリー。そのなかには野菜やくだものから作られた植物発酵エキスのほか、海草や野草の良質はエキスも配合されています。さまざまな食材を一気に摂取でき、不足しがちな栄養素を効率よく補うことができるのです。

ドリンクタイプの酵素で挫折した人

酵素はサプリのほかドリンクタイプのものもあります。

瓶に入っているものが多く、価格帯は3,000円~15,000円とさまざまなものが売られています。飲みやすいドリンク酵素もありますが、なかには青臭かったり、苦味があって飲みにくいものも。

また、酵素ドリンクは開栓すると早く飲みきらなければいけないため、続けづらいという方も多いのが実際のところ。そういったドリンクタイプの酵素でダメだったひとに、酵水素328選生サプリメントはおすすめです。

ドリンクタイプとちがって酵水素328選生サプリメントは賞味期限が長いですし、パウチなので衛生的に保管できます。ピルケースに入れたり、パウチのままでも持ち運びができるので、職場や旅先など、どこでも飲める利点があります。

酵水素328選生サプリメントのここがダメ

満腹感がない

消化を助け、代謝を良くする酵水素328選生サプリメント。ダイエット効果が期待できますが、残念ながら欠点もあります。「満腹感がない」という点です。飲んだあとお腹で膨れるタイプのサプリではないため、これだけ飲むと「なにも食べていないのとおなじ」状態となり、空腹感が続くでしょう。

できるだけ空腹感を感じたくないという方は、低カロリーのものでお腹にたまる、豆腐やこんにゃくなどといっしょに酵水素328選生サプリメントを摂取することをおすすめします。

定期購入に「解約しばり」がある

「お試しのつもりで買ったのに、続けることになってしまった…」というニュース、目にすることが多くなりましたよね。いわゆる「解約しばり」ですが、酵水素328選生サプリメントにもこの「解約しばり」があります。

定期1袋コース3,770円、2袋コース7,120円で申し込みをすると、安く買うことはできますが、最低でも3回受け取らなければいけないという決まりがついてくるのです。

公式サイトにも「定期購入は3回のお受け取りをお約束させて頂きます」と書かれているので、「聞いてない」「知らなかった」というのは通用しません。

定期コースの解約は、かならず電話で手続きする必要があり、手続きしない限りずっと酵水素328選生サプリメントが送られ続けることになります。続けるかどうか分からない方は、安易に定期コースを申し込まないよう注意が必要です。

必ず効果があるわけではない

「酵水素328選生サプリを飲み始めたら痩せた」「肌がきれいになってきた」といった好意的な口コミも多数存在する一方「なんの効果もなかった」「3カ月かけて1キロしか痩せなかった」といった辛口評価も…。

酵水素328選生サプリメントはあくまでサプリメントであり、医薬品ではないため、かならずしもすべてのひとに一定の効果があるわけではないようです。

アレルギーに注意!

酵水素328選生サプリには原材料に「りんご、オレンジ、キウイ、もも、バナナ、大豆、カシューナッツ、ゴマ、ピーナッツ、山芋」が含まれています。これらのアレルギーがある方は摂取しないよう注意しましょう。

原材料として記載されているもののほか、300種類以上の野菜、くだもの、野草、海藻などが配合されているので、アレルギー体質のひとは内容をよく把握してから飲み始めたほうが無難です。

酵水素328選生サプリ、最安値

公式サイト

・単品購入1袋 4,190円+送料216円
・定期1袋コース 3,770円+送料無料
・定期2袋コース 7,120円+送料無料

アマゾン

・単品購入1袋 5,400円+送料無料


2018年1月現在、酵水素328選生サプリは公式サイトとアマゾンで買うことができます。もっとも安いのは公式サイトの2袋定期コース。1袋当たりの価格が3,560円となり最安値です。

定期コースのお届け間隔は、15日~90日の間で選ぶことができます。

定期2袋コースで申し込みをして、配送間隔を60日にしておけば、1カ月あたり1袋となり、余らせることなくちょうどいいタイミングで受け取ることができるでしょう。定期コースは「休止」もできます。たくさん届いて余ってきたなと思ったら、休んでおけばその期間は届きませんし、お金を請求されることもないため安心です。

酵水素328選生サプリはメルカリでも買える!

実は酵水素328選生サプリ、メルカリでも頻繁に出品されています。定期コースで買っているひとが「余ったから」と出品するケースが多いようです。

メルカリの価格帯は3,200円~4,000円ほど。基本的にメルカリは開封したサプリメントを売ることができないので、出品されているものはほぼ新品未開封と思っていいでしょう。なかにはまとめ売りで安く出品されているものもあります。

「公式サイトで定期コースを買うのはちょっと…」「解約しばりが怖い」と思っている方で、できるだけ安く酵水素328選生サプリを手に入れたいと思っている方は、メルカリでも探してみてはいかがでしょうか。

ただし、メルカリで出ている酵水素328選生サプリは、一度人の手に渡ったものです。

未開封であっても保管状態によっては品質が劣化していることもありますし、賞味期限ぎりぎりのものもあるかも知れません。

また、類似品を「酵水素328選生サプリ」とタグ付けして売っている悪質な出品者もいます。そういったリスクも分かったうえで、メルカリを利用するようにしましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。